大窪と原

February 12 [Fri], 2016, 12:49
「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて借り入れをしようとしている場合にも比較的審査が通りやすいと言えます。けれども、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意しなければなりません。ローンを組むことが容易なのは正規職員として勤務している看護師の場合には当てはまることなのですが、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。
看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。

看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には載らない場合も多数あります。その点、看護専門のオンライン求人サービスには、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、気になる組織風土などが確認できたりします。

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをお願いできる所も少なくありません。

看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。
そして、気になる退職金は、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、そうした規定に沿って支払われます。

翻って個人病院の状況ですが、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。

以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近頃では少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。
実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。女性と年収に関しては同じですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。
病院や医療施設などで看護師が仕事をする時、配属先がとても重要な要素です。同じ医療施設でも任命される科によって、仕事の種類が全く違ってきます。
偶然にも、自分の望んでいた配属先なら問題が発生することはありませんが、自分が不得意と考えている配属先だと仕事をうまくこなせない事例も考えられます。
看護師が違う医療施設に転職するにはまず、どう行動すべきでしょう。



看護師だけでなく、、転職しようと思うまでには、多種多様な理由が存在するものです。家庭の事情に伴った勤務条件の変化、労働環境への不平不満、人間関係など、困り事があるものです。皆さん想像がつくと思いますが、看護師は多くが女性ですので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。



それから、勤務時間が一定でないこと、労働環境の大変さによって最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。



収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。

看護師が転職を考えると、ハローワークや求人情報誌などを使って仕事を得ようとするのが普通だと思います。
ただ、気をつけた方がいいのは、求人を出すのが、このような媒体の病院というのは数が多くありません。
ハローワーク、求人情報誌で、人材募集しているような病院は働く条件、職場の雰囲気が悪く医師や看護師を集められないという病院が多いでしょう。看護roo!サイトの中にある看護師のコミュニティサービスも、先輩の看護師がくれるアドバイスや看護師同士の気になる話題があれこれ読むことができるため、ずいぶん人気を集めています。

看護師が日頃から、疑問に思っていることや誰かに訊きたいと思っていること、それらの回答もコミュニティ内で知ることができるため、きっと参考になるでしょう。

3年の間、看護専門学校に通学し、国家試験を受けるための資格を得られます。この道筋で免許取得を目指す人がとても多いでしょう。

現実に病院で行われる実習が他に比べると多いということもあって、就職後にも割と簡単に業務を行うことができます。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、ステップアップと説明するのが良策です。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、否定的な事由だったりすると、相手側の心証を悪くしてしまいます。

たとえ本音がそうだとしても律儀に知らせなくても問題はないため、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。普通、看護師に就くには、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」という強い気持ちが大事だと思います。なんといっても、専門職であるため、普通のOLなどに比べると収入がよくて、勤務先にも困らないでしょう。



ただ、日常ほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。
看護士の自己PRは、実際のところ何を発端にして看護師を志向するようになったのかを折り込むと良いイメージを与えられます。


転職の際の志望理由は、今までの間に得たスキルを活用したい、より多くの人の役に立つ技術を体得したいなど、前向きな印象を持たれるようにしてください。前の職場の非難や悪口は黙して語らないようにすることが必要です。

病院によって看護師の勤務時間が長くなることがあります。

そういう病院は、人件費を節約するために最低限の看護師の人数で回している病院がほとんどです。看護師が常に疲れていて、医療ミスを起こしやすいというデータがあるので、就職活動をするときはちゃんとチェックしたほうが良いです。

看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、日中のみ働くことができたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが選べると良いですね。

子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もたくさんいますが、育児にはお金が必要ですから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。

看護師の仕事は、すごく重要で、病院、医療施設では、いないというのはあり得ない重大な責任を背負っているわけです。
責任のある重要な仕事であると同じく、夜勤といった変則的な勤務形態で十分睡眠がとれない看護師も多数いるようです。看護師を務めるためにも自分自身の健康の管理も大切な課題の1つです。我が国の看護師の年収は平均すると約437万円です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として従事しているため、年収はおおよそ593万円になります。公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生もきちんとしています。
準看護師を例にとると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。

実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、国公立病院や公立機関で働くという方法です。実際、看護師の職業は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だということで注目されていますが、さらに加えて、公務員の待遇もあればもっと安定性が高まりますよね。


具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。
これらは何よりも魅力的だと思います。

看護師の資格を得るための国家の試験は、年に1回実施されています。看護師が足らないことが問題視されている日本にとっては嬉しいことに、ここ数年の看護師の資格合格率は90%前後ととんでもなく高い水準を継続中です。
看護師の国家試験は、大学入学みたいに落とすための試験ではなく、一定のラインをクリアしてしまえば合格する試験です。高齢の方たちの増加が進み、福祉の現場でも看護師たるものはおおくなってきているのです。

さらに巨大企業にもなると医務室に看護師がいて、健康やメンタル面のケアをしております。このような事象では、その会社に入社することもあり得るでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fehu05x0terwt6/index1_0.rdf