履歴書の志望動機の内容 / 2007年12月08日(土)

履歴書の悩みどころ

履歴書の内容や面接の際によく話題にあがるのが『志望動機』です。

なぜその会社に入りたいのか?この企業を選んだ理由は何なのか?という事について、履歴書でどう表現するべきか?という点については、かなりの方が悩んでおられるようです。

それだけ履歴書の志望動機に対しては、みんな神経質になっているという事ですが、あくまでも志望動機は履歴書のなかの項目のひとつと捉えて、必要以上に悩まないのも大事な事ではあります。

とは言っても、志望動機は履歴書の中では比較的重要な項目になります。 できればここで失敗はしたくないのが人の心理というものですね。

志望動機の内容

志望動機の内容については色々な意見がありますが、ある程度は自分の思いに素直に書いてよいと思います。ただし、『転勤がなさそうだから』のようなマイナス思考の内容は避ける方が無難です。書類審査の通過率を上げたいと思うのなら、前向きなプラス思考の内容を書くようにしましょう。

リクナビやエンジャパンやパソナなどで代表される就職や転職支援の会社などの中には、履歴書の添削サービスを行ってるところもあります。このような会社は沢山の事例をデータとして持っているうえに、最新の事情にも精通していますので、履歴書添削サービスを受けてみるのも良いかもしれません。

大学受験 ホテル

化粧品 新製品

 
   
Posted at 16:00 / 履歴書のチェックポイント / この記事のURL
面接における注意点 / 2007年12月05日(水)

面接における注意点をいくつか挙げておきましょう。

面接というのは、面接官と直接会話して相手の内面を探るものです。

相手が人間だという点を考慮に入れて、つまらない事で減点されないようにしたいものですね。

面接における注意点としては、色々なことが考えられます。

入室の際の挨拶の仕方や、着席のタイミングといった基本的なことから、難しい質問に対する答え方はど、具体的な注意点は色々な媒体で挙げられていますのでここでは割愛しますが、基本的な考え方については書いておきます。

面接における注意点を考える際に重要なポイントは、面接官に対する印象です。これを考えていくとおのずと面接における注意点もわかってくるでしょうし、不測の事態に陥っても無事にクリアすることができるでしょう。

面接官は人間です。その人間がどのように感じるだろうか?という点について考えることで、面接における大失敗は避けることができるでしょう。

また、自信をもって受け答えするのも非常に大事な事です。集団面接で他人の答えに振り回されて失敗なんて事を避けることができますね。

とにかく、面接に対する準備は十分に行ってきているはずですから、いざ面接を受ける段階では、ある意味開き直って冷静にいきましょう。

前払い 仕事

在宅勤務 デザイナー

 
   
Posted at 13:13 / 面接のチェックポイント / この記事のURL
面接対策 / 2007年12月03日(月)

面が決まったら

面接では準備が大切なのは今更いうまでもないでしょう。

それも、面接の日程が決まってから行うような準備と、もっと早くから行っておく準備があります。

全ての面接対策を日程がきまってから行っていても到底間に合いません。あらかじめしっかり準備をして面接にのぞみましょう。

面接の下準備

面接全般に対しての下準備は、企業側から通知がきてから行っていても間に合いません。

就職活動を始めたら、比較的早い段階から面接に対する準備を行っておく必要があります。

面接の準備としては、面接の受け方や一般的な質問に対する答え方などの確認などを行っておく必要があります。入室の仕方や挨拶、着席のタイミングなど面接においてはある程度のルールがありますので、これらを身に着けておくのです。

また、面接官に好まれる質問の回答の仕方などの情報を収集するのも、面接に向けた大事な準備になります。情報収集という点では、新聞などを読んで世の中のタイムリーな出来事をチェックして、それに対する自分の考えをまとめておくのもよいですね。

最近は就職支援の会社で、模擬面接のサービスを行っているところもありますので、これを利用して面接のリハーサルをしておくのも良いかもしれません。

面接が決まってからの準備

面接の連絡が着たら、面接を受ける企業に特化した準備を行います。

面接会場への交通経路の把握や所要時間の確認を行ったり、面接を受ける会社の概要や特徴を調べておくのも重要な面接準備になります。

ラフィネ パーフェクトワン

アルバイト

 
   
Posted at 13:19 / 面接のチェックポイント / この記事のURL
面接の種類と内容 / 2007年12月02日(日)

面接の種類

面接と一口にいっても、色々な種類があります。

ここでは、面接の種類とその内容について少し説明しておきたいと思います。

就職活動における採用試験では、面接がないケースはほぼありません。

さらに、面接の回数も複数回行われるのが一般的となっています。

大企業の場合は、3〜4回の面接が行われる事もあります。

一般面接

通常の面接は一般面接と呼ばれるもので、日常会話などで『面接』という場合は、この一般面接をさしているケースがほとんどです。一般面接というのは、人事関連の部署や役員などが面接官となって面接を行うもので、通常は2〜3回程度が最も多いと思われます。

一次面接や二次面接、あるいは最終面接や役員面接などと呼ばれる事が多いですね。

技術面接

一般面接に対して、技術面接と呼ばれる面接があります。会社によっては専門面接と呼ばれることもあります。

技術面接は、一般面接に比べて専門的な内容の質問をされる事になります。従って、面接官も通常の人事関連部署の人間ではなく、技術関連の部署の人間が担当するケースがほとんどです。

技術面接では専門的な質問がされますので、ある程度の知識は必要となりますが、通常の勉強で身に着けている程度の内容で十分なケースがほとんどですので、必要以上に心配する必要はないでしょう。

派遣 ルーチンワーク

 
   
Posted at 23:57 / 面接のチェックポイント / この記事のURL
面接の準備について / 2007年11月13日(火)
履歴書の志望動機や面接での自己PRなんていうのは、採用試験ではよく悩むところですよね。私も色々と考えては破棄、考えては破棄の繰り返しでしたが、最近の派遣業者や求人関連ビジネスの拡大のおかげで、履歴書や面接に関する情報も非常に多くなってきました。
なかには、模擬面接まで行っている会社もあります。
面接における自己PRの仕方や志望動機の内容など、採用試験関連の情報は沢山あります。
場合によっては面接時の派遣社員の健康診断の有無や、育児求職の実態についての質問など逆面接の提案などもされています。
今後の人生を左右するといっても過言ではない採用試験です。
万全の準備で挑みましょう。

採用試験関連情報
 模擬面接
 適職診断
 看護師の志望動機

最近では、就職に関する情報というのは、インターネットや雑誌など色々な媒体で紹介されいています。
これらの情報が全てアナタにとって有益であるとは限りません。
就職・転職に限ったことではありませんが、世にあふれている情報の中かから自分に有益な(=必要な)情報を探しだすという能力が必要になってきます。
これれは面接や履歴書の作成だけでなく、社会人として働いていくうえでも同じことです。
情報を選別する能力を磨いていく事も、就職活動の一旦だと考えて真剣に取り組みましょう。
 
   
Posted at 22:57 / 就職活動関連情報 / この記事のURL
P R
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
 
 
Powered by yaplog!