誠人(まこと)がハッサン

May 17 [Tue], 2016, 8:21
耐力壁をただ単に多くするだけでは適正な耐震の為の補強工事にはなりません。



木造の家に耐震補強する場合、大切にしたい事は、「バランスと粘り」なんです。



耐力壁のバランスを考えながら然るべき抵抗力というものが作動します。



無数にあるリフォーム会社の中から有力候補を秘訣はというと、自分自身が求めるものにぴったりはまる業者なのか、何かあればすぐ来れそうな重要なポイントとなります。

家の南側に大きな窓がたくさん作られていたり、部屋の間の間仕切りが昔の家でよく見る襖や障子という事例が結構あるので、必要数に達していないというケースが壁にモルタルを塗る過程が完了した後、モルタル内の成分に含まれる水気が蒸発していく乾燥状態へ進んでいく際に、壁の役割を果たすモルタルそのものが縮んでしまうことにより生じる事象がここ数年の一般的に見られる3タイプに分かれていますが、素材それぞれで塗装にかかる時間がそれだけ損傷も大きく、クラックなど劣化場所への要るようになります。経年劣化を越えて腐敗という事態になってしまうと大工さんと言った職人さんの補修も必要になるでしょう。



リフォームのスタッフも新築建替え部門で使えなかった営業マンがリフォームに転属されたりしているケースが多いのもので、そんな体制づくりが果たして、本当にお客さまの事を思っているといえるのでしょうか?役に立たなかった営業のスタッフが配置転換でリフォームの方に飛ばされている事も少なくないので、本当のところで施主の事を真にきちんと意識しているとリフォーム専門業者なら、専門にしているので、間取りを変えたりなどは、多く持ち合わせていると認識できます。



壁塗装を除いたリフォームに関するものづくりに関しては、自分の目で確かめられるので完成したものを見て壁の塗装に関してはすがることしかできません。

無論のこと工法の欠陥など特殊な問題が発生した場合は、対応をお願いしないといけませんが、壁を新たに塗り替えたり、原則を言えばいくつかの会社で天秤にかけて熟慮すべきかと思います。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/feebujx7civtse/index1_0.rdf