近年妊婦の摂取における有効性に注目

February 03 [Fri], 2017, 22:41
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が判明しました。



ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。たとえば葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦に特に利用されているなどの事も多いです。


妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段のご飯で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段のご飯に加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。

葉酸はさまざまな食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。最近は葉酸のサプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)も多くの種類が出ていますね。



そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の葉酸サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)を見極めることも大切なポイントだと言えますね。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いです。


その年で諦めろということでしょうか。

む知ろ40だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。


私はもうじき40歳ですし、常に急かされているような気がして、落ち込向ことが多くなりました。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるというパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切かもしれません。


妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。



この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。



それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。
ですが、葉酸と言う物は熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。


葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。



胎児の健康を考えて、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
葉酸が多くふくまれている野菜についてですが、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜に多くふくまれています。妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は先天異常の発症リスクが抑えられると知られています。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に適用されることになります。妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にすごく重要な役割を果たしているのです。

ですので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、ピジョンが発売している葉酸サプリです。ピジョンの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特長があります。

どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですよね。これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、楽に栄養が摂れるので嬉しいですよね。

ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。


妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、適切な摂取が必要です。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品にふくまれる葉酸量の数倍もの葉酸が入っているため、既定の容量を厳守するようにしてください。
葉酸の過剰摂取によって、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性がおこなうべき妊活も沢山あります。しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。
それは、普段のご飯の中で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。



不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性にあるとは限らず、男性にあるというケースもあるわけです。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
質の高い精子を作り、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみて下さい。妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、日常的なご飯以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。


冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。体温低下で血行不順になると摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が落ちるといった報告があります。
このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。



血流のわだかまりを解消し、自律神経の働きを促して、ストレスを和らげる効果もあります。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。妊娠しづらい状況を改善するためには、ご飯を見直すことも一つの手かもしれません。

両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、乱れた食習慣をつづけていては活発な卵子・精子はあまり期待できないでしょう。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。偏らない、健全な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希愛
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる