教会という

March 24 [Mon], 2014, 18:59
西洋風の施設で「お祓い」という表現が正しいのかどうかは解らないが、
とにかくトメはそこで何かしらの儀式をしてもらい、霊現象を静めてもらったのだと言う。

何!?取調べ中に容疑者が逃げ出したァ!?いつの話だ!?

「つい、20分ほど前っす…」

お前がガセネタ流したからじゃねえか!
お父さん結構なご子息をお持ちで何よりです。

「今、小学生ぐらいの子供が走ってきませんでした!?汚いトレーナー着た」
「ああ、それなら」

「そうはいかない」
常々、獲物の生態や常識について知っておきたいと思っていたからな。
「でも駄目!」
そうですか。
「ってゆうか、早くー!」
おのれ小娘が俺を鬼にしたことを一生後悔させてやるぜ。

トメの友人には、男の人なのに男の人に色々されちゃった過去の持ち主がいる。

クイズ〜?

March 19 [Wed], 2014, 18:58
「じゃあ、俺が出題するね?」
仲間に入りたいのか腐っても主催者だからな、しょうがない出題権、譲るよ。

体温を計る物がないからどれだけの熱なのかは解らないが、おそらく高い。
それでは、ゴーだ。

「男の人の気持ちがわかんない」
俺だってわかんない。

いかん!やる気だ!これは、そういう動作だ!フェイントじゃない!
なんで何のやり取りも無しに、いきなり人質に手ェ出してんだよ!

「うおおお!」
「飛んだー!」
「やったー!すげー!」

重ね重ね言うが、全員30代だ。
ちゃぶ台の下で安心して足を伸ばすこともできない。

今から逃げてももう遅いと判断したのだろう。
小学生は顔を真っ青にしながらも、俺の言う通りに、自動販売機の陰に身を潜めた。
ケニーはサックスを胸元まで持ち上げてね。

「これは僕から、君たちのお父さんへのプレゼントだよ。」

もうすぐ日が暮れてしまう

March 16 [Sun], 2014, 18:57
ではないか。いよいよ告白タイムだ!
全員に集合してもらう赤い名札チームには男女別に、1列に並んでいただいた。

そんなんじゃ、彼女にも逃げられちゃうぜ?
「彼女、かいたなあ。」
「俺もう、お家に帰りたい」
「そこをなんとか!短文だから書いてくれよ」

なるほどー!確かに発音良く『アメリカン』って言われたら、メリケンって聞こえる!
こいつが言う「みんな」とは、どの程度の範囲で「みんな」を差すのだろうか。

「めさ君、このカリエ、自分で設定しても繋がらなかったって言ってたじゃん?

めさ君が設定の仕方を間違えてただけだ。
5階にチャリはあったけど、レジは1階で頼むって書いてある困ったものだ。
服装だけでなく、表情まで生き生きとして若いからだろう。

「俺の友達の話をしたんだ〜」

両親も友人も、学校の先生も

March 15 [Sat], 2014, 18:56
あなたの街の住民は余すことなく、空を知らずに一生を終える予定だった。

全然お似合いなんだよ!このベストカップルが!
ホントぶっ飛ばしてえぶっ飛ばしたくてたまらねえよ。

「反復横跳び」
「人知れず反復横跳びやって何が楽しいのでしょうか」

などと言われ、頑なに「いえ、明日も仕事出るっす」などと必死に頑張る。
でもテキーラを一気させられていたから、これは無理だろう。
なんと彼は、姉妹と一緒に同じ曲を吹き始めたんだ。

クリエイトチーム「りんく」には、徐々に優秀な仲間たちが集まってきている。

「だいたいオメーら地球人だって、我々の星から見たら宇宙人じゃん!
それでなんで我々だけ宇宙人!?なにその自分からの目線!?」
「ならDDは?…あ!どこでもドア!」

む…!確かにDDだ!お前ホントは頭いいな!

間違いなく、1ヶ月前に

March 13 [Thu], 2014, 18:55
殺した妻と同じ声だ。今目の前にあるこの背中の持ち主は、やはり妻なのだろうか。

「たまには背伸びして、夜景の綺麗なレストランでデートってのも、良くないか?」
「君、キングオブ不器用だな!有り得ねえだろ!なんでそうなるんだよ、再びよ!」

この日で最も俺がうるさい瞬間であった。
この時の俺はちなみに、般若の柄をしたトランクス一丁だ。

俺は5分後に、めささんから次の言葉を聞くことになるやろう。

早々とベットに横になり、毛布に潜り込む…2人の目がマジだっただけに、本当に危なかった…。

「がんばってー!」客
席から届いた声援が、さら俺を奮い立たせたロープをまたぎ、ガウンを脱ぎ去る。

だいたい官能小説って、作者自身が興奮するぐらいの作品でないと駄目らしいぜ?
「晩酌、妄想、睡眠、独り言に一人芝居、読書に哲学」

社長にはちっともなつかなかった

January 17 [Fri], 2014, 10:12
お湯の中を電気がいっぱい走ってんの、足とかガクガク震えてきて、全身の毛が逆立ってる感じになりながらも湯船からやっとこさ脱出。


友達だしさ盛り上がってあげなきゃじゃんいまや娘さんも1歳になろうという彼に対して。

↓↓ここは心の叫びが詰まったパンドラボックスです↓↓↓お歌がへたくそなバンドもあったけど、愛嬌があってまったく問題なかった。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。

それ以外はとくに何もしません高邁な思想も、過激なパフォマンスもありません。

正職員の人に速攻で口元の傷の事を聞かれたので。

翌日、ほうとうを食べに行き、ほったらかし温泉という山のてっぺんにある温泉に寄ってきたよ。

Iさんの言うことはよく聞き、素直に従うのに対し、社長にはちっともなつかなかった。

かなしみが少々ともなった

January 15 [Wed], 2014, 6:14
だけどサバサバしてるから、恋愛の対象にされにくいのが難点かな…?なんて子ばっかり(≧д≦)。

両手を振り回しながら叫んでいるそう、ちょうどキングコングみたいに。

最先端のコディネイトにキッチュなアイテムで、アイはいつも通りファッショナブル。

彼女達はヘソ出しのトップを着て、ヒップを振って。

バリで体験ダイビングだけしたことがあるそのときは、楽しさ半分恐怖半分、…かなしみが少々ともなった…。

ヤバい!と思ったんですが、隣のエラいグラマラスなお姉さんは熟睡中。

31日はちょうど日曜日!サイケですが。

前向きで、いつもプラスのオラを放っている人U周りから見たら自分はどんな人?5つ。

ヒット!しかしクモはス○ト8月号の下に隠れている。

捕まったことが無いものの

January 12 [Sun], 2014, 9:16
アイデンティティを失ったような気持ちになるからね…こんど8bitcafeで対戦しようぜ。

どっちかというとサマソニでデビュしてみたら?客層的にあまりはじけられないから、レイブでいいんじゃね。

きっちり下見します!こないだ、ゲイのTちゃんの誕生日だったので、二丁目→歌舞伎町で朝までお祝いしました。

つまりは、そのときの状況を知らない人が見ても、まったくおもしろくもなんともない。TURBOさんのケアしてくれと頼まれたときはギョッとしたもんだった…。

んで、終了後、13名の有志で朝までコスで焼肉食べに行ったぜ。


タクシを待つ人々が、100人ほどの長い列を作っているのだ!※ここでひとつ注を入れましょう。

日本一の白バイ隊って怖いね〜、まだ白バイには捕まったことが無いものの。
引っ越し業者

もうダメダメだぜ!

January 11 [Sat], 2014, 11:24
だってさぁ、なんで一つのチャンネルを見るためだけに月に2000円以上払わなくちゃいけないわけよ!まったくもって意味がわからねぇ。

(かわいそうな奴だな…)私はがっくりと両の肩を落した。

都内の雑然とした花火大会とはえらいちがいで、すいていました。


アクセスは、一日10くらいという、マイナの底辺をきわめたペジだ。

皆、お祝いしたいがためにどうしても参加したいという気持ちがあらわれていますね!一人のplay時間は、45分くらいらしいぜ…。

「よう!俺はすでに5杯も飲んじゃって、もうダメダメだぜ!」。

日々、目覚めてから眠るまで、満身創痍になりながら片付けておりますと。

周囲への細やかな配慮、witに富んだ会話が上手なみんなのオアシス。

贅沢ゆうんじゃありませんっ

January 07 [Tue], 2014, 12:48
うんこかるた(ω;)ウホッ!いい男かるたΣ(´□`;)テレ東、わが道を行く。

1ベビキン野外ライブ2フリーハグとは何ぞや3アキバ@DEEPでは、行って見ましょう〜。

あれ?よく考おもしろ「言いたかっただけ」、「だけ」「だけ」。

とりあえず、今回も行ってみましょう!と、本編に入るその前に。

6)ココボーズ君、MIYU、あいさん7)MIYU、やーこ、サトル君。

こんな感じでつくってます。もしもこんなバカ秘密のメンバーのパッケージを見たいという奇特な人がいたら、僕のアルバムまでどうぞ。

Sさんを呼んでもらう段取りはNに任せておいたのですが、僕のいる4組はまだ生徒が残っていたので。

「これ、賞味期限10日過ぎてるよ」「贅沢ゆうんじゃありませんっ」。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ912
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fdzort0w/index1_0.rdf