その他の抗リウマチ薬

December 12 [Wed], 2012, 16:05
代謝拮抗薬以外の抗リウマチ薬としては、SH基剤、サルファ剤、金製剤を挙げることが出来ます。
此処では、これら3種別の抗リウマチ薬の特質を取り上げていきますので、抗リウマチ薬に関する知識を得たいという人は押さえておくと良いでしょう。
最初にSH基剤ですが、この薬を活用すると免疫異常を引き起こす免疫複合身体を解体することが出来ます。
それから、免疫と関わりのあるタンパク質の免疫グロブリンを少なくし、T細胞の作用を抑制します。
副作用には、タンパク尿が出たり、かゆみが引き起こされたりする場合があるみたいです。
よく用いられているのはプシラミンで、これは活用してから1〜2ヶ月で好影響が現れるといわれている他、危険度が低めという特質があるみたいです。ヘアケア
次にサルファ剤についてですが、これを活用するとT細胞、B細胞、マクロファージなどが抗原と接触し、反応を示したり増加したりするのを抑制する好影響が期待出来ます。
副作用には、タンパク尿、しっしん、胃腸障害などが挙げられます。
よく用いられているのはサラゾスルファピリジンであり、抗リウマチ好影響はさる事ながら、滑膜の増殖を抑制する作用もあるみたいです。
そして金製剤ですが、この薬を活用すると、白血球内のライソゾームと言われる細胞内期間から出される消化酵素が化学反応を引き起こし、炎症を生じるのを抑える好影響が見込めます。
副作用にはタンパク尿、かゆみ、肝障害が挙げられますので、一定のサイクルで検査を実施する事になってきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひとみー
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdveadam/index1_0.rdf