中国の通信設備業界の2大企業

June 13 [Thu], 2013, 22:07
携帯キャリアの業績が伸び悩む一方で、3Gのスタートにより、2009年に大きく業績と株価を伸ばした業界があります。それは通信設備を製造している企業です。中国の通信設備業界の2大企業は華為、中興通信の2社です。これらの企業は中国の通信設備投資の拡大と海外の新興国へ通信機器を売り出して業績を拡大しています。
2012年、中国移動は3G新規ユーザー獲得に注力し、3000万人増加させる計画です。ただ、1つ懸念されていることは、中国移動の3GはiPhone が対応できないTD-SCDMAという中国独自規格であるため、iPhoneを導入していない唯一の中国キャリアとなっていることです。それが今後3Gにおいてシェアを失うのではないかとの懸念につながってもいます。
しかし、経営陣によると、iPhone導入に関する技術的問題は徐々に解決されているといいます。また、第4世代のTD-LTEを今後2〜3年間の内に商用化させる目標もあります。中国移動は4Gの商用化を加速するため、2012年に資本支出を2.7%増の1319億元にまで拡大する計画です。少なくとも、中国 モバイル インターネットそうなったTD-LTEが商用化されるころには、iPhoneは導入されているのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fxhdfhxdf
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdtgujsft/index1_0.rdf