中、5月には「ベジ丼」という新しい商品を投入した

September 18 [Fri], 2015, 23:01
00円から380円へ値上げした吉野家。値上げ発表時、河村泰貴社長は「最初の3カ月の影響が大きい」と語っていた。
エルメスiphone6ケースだが、ふたを開けてみると、既存店の客単価は2ケタ増で推移した一方、客数は7月まで前年同月比で10%以上のマイナスが続いた。
8月こそ、新商品「麦とろ牛皿御膳」が寄与して、客数は同2.7%減と持ち直す兆しを見せたが、今後についてはまだ不透明感がぬぐえない。
iPhone6ケース香水風現状の分析とこの先の見通しについて、河村社長に聞いた。(インタビューは7月27日実施)
■ "絶対価格"を求める層がいるとわかった

肉を使わない「ベジ丼」は、どのようにして生まれたのか?

 ――値上げ以降、客数の減少に歯止めがかかっていない。
時計 レディース

 現状については真摯に受け止める。(値上げした後)“絶対価格”を求める層、すなわち「牛丼並盛は300円以下」を望む方が一定数いることがわかった。
オークリー サングラス

 値上げで一時的に店舗の売り上げが増えることもあるが、最大の評価は客数にほからならない。店舗の清掃、丁寧な接客など、すべての活動がそれにつながる。
超人気iphoneケース絶対的な安さを求める方にも再び来店してもらえるよう、新商品開発などを積極的に取り組んでいきたい。

 ――足元の牛肉相場は下落傾向に転じている。
iPhone6カバー 予約再び値下げする可能性は? 

 アジア諸国を中心に、新興国の牛肉需要は大きく伸びている。中長期で見ると、価格が下がり続けるとは考えにくい。
アイフォン6ルイヴィトン

 仮にTPP(環太平洋経済連携協定)が妥結しても、輸入牛肉は現地相場や為替動向など、さまざまな要因で価格が決まる。関税が下がっただけで、牛肉価格が下がるとは限らない。
gaga 時計今後の相場動向も楽観できない以上、頻繁に価格を上げ下げしないほうがいい。

 ――どのように客数増を図っていくのか。
ガガミラノ 腕時計

 かつては、当社の原

確かに、「バルバッコア」や「リオグランデ グリル」に比べるとサラダバーの野菜の種類は少ないが、肉は他店に負けていない。人気の部位ピッカーニャもおいしい。
携帯ケース コピー

もうひとつ、「ガウショ・グリル」がこだわる大きな特徴は、決して肉の二度焼きをしないこと。ピッカーニャだけは焼いた面だけをテーブルでアンドレさんが切り分けるスタイルなので、切った面をそのまま焼くことになるが、他の種類の肉は、その場にいる客の分だけを焼く。
グッチiphone6そのため、部位によってはグリルで焼いた肉を鉄板に乗せて出すスタイルをとる。

「鉄串に刺した肉塊を焼く場合、最初のお客さんに合わせて焼いた場合、次に来たお客さんにとっては焼き立てではないという時差が、どうしてもでてしまいます。
gaga 時計回転のいい人気店であれば問題はないかもしれませんが、すべてのお客さんに同じようにいつでも焼き立てのタイミングで肉をお出ししたいので、このスタイルを選びました。アルゼンチンではこのスタイルのレストランがあるそうです」(ケニーさん)

席数が約30席の規模であるのも、自分たちの目が届く規点であり、強みでもある、「うまい、やすい、はやい」を徹底的に磨き込めば、お客さんが支持してくれた時代もあった。
人気iphone6ケース今はそれだけでは難しい。失敗してもいいから、いろんなことに挑戦しなくてはならない。
シャネル iPhone6sケース

■ なぜ「ベジ丼」を売り出したのか

 ――そうした中、5月には「ベジ丼」という新しい商品を投入した。

 ベジ丼は、私が直接指示をして開発・商品化したもので、昨年5〜6月ごろから導入に向けて動き始めた。
iPhone6ケース香水風投入した最大の要因は「僕が食べたかったから」。

 吉野家の客層は私と同じような40代の男性が多い。
iPhone6ケースこうした年代の方は「野菜を食べなくては」という意識を持ち始めるからだ。

 私はトップ以外が商品開発に口を出すべきではないと考えている。
シャネルiphone6 ケースたくさんの意見を取り入れてしまうと、“両論併記”したような平均的な商品しか出てこない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdsrwer
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdsrwer/index1_0.rdf