メンテナンス

August 09 [Tue], 2016, 20:13
ログハウスは、丸太をそのまま使っているという性質上、建築後何年かたつうちに、家全体にさまざまな経年変化が起こります。

特に重要なのが「セトリング」と呼ばれるログ材が乾燥・収縮する現象です。

このセトリングが生じると、ログ材を横積みにしたログウォールが3〜10p程度沈むため、定期的な通しボルトの増し締め、建具のセトリング・スペースのチェック、階段のスペーサーの取り外し、といった作業が必要となってきます。
P R