愛情と婚姻は実に別の事です

December 16 [Tue], 2014, 21:44
愛情の結末はすべて婚姻であるとは限らなくて、更にいくらでもある相互の憎しみはあるいは互いに世の中で忘れます。婚姻の前奏はすべて愛情ですとは限らなくて、更にいくらでもある赤の他人の甲赤の他人の乙ウキクサの水と位置する見知らぬ人。愛情と婚姻は別の事で、甚だしきに至ってはまた(まだ)少し対立します。
愛情は精神の範疇の事、婚姻ところが現実の生活の範疇の事です。愛情は幸福な時で、婚姻は鍋の杯のひさごのたらいです。愛情は火山が爆発するので、愛情が来る時担当して誰も妨げることができません。だから“愛情の中の男がありました 狂人で、愛情の中の女は馬鹿”この昔の不変の“デマ”です。いったん愛情があったら、男はたくさん人の一般の人の思いもよらない事をさせるのをすることができて、いったん愛情があったら、女はすべて同じで間が抜けています。よく喜びます 勢いよくいくつかの幼稚な問題を聞いて、いくつかの幼稚な挙動をします。愛情は愛情がロマンチックなだけではなくて止まらないのです。ラッシュ ドラッグロマンチックで第1要素です。婚姻はまず衣食住と交通手段の問題を解決、それからやっと媚薬ロマンチックな問題に気を配れます。物質の基礎が上部構造を決定するので、物質がない愛情が恐らくとても上品で、純潔で、高尚で、しかし物質がない媚薬婚姻が非常に苦しくて、卑しいです。
愛情は幸福な時で、婚姻は当たって破裂を炒めるのを炒めるので、1日の2食事はかならずする人がいて、子供はかならず送迎する人がいて、服はかならず洗う人がいて、部屋はかならず片付ける人がいて、家は永遠にすべて終えられない家事があります。愛情 この悩みがなくて、たとえ2人だとしてもたまにいっしょにとても乾く家事、感じるのも幸福で、キーワードは“たまに”です。婚姻の中の家事ところが任務で、責任で、かつ取って代わるべきものがありません。最も人にところがこのような任務を恐れさせて、毎日すべて続ける“無期懲役”です。キーワードは“持続的に”です。
婚姻が物質から離れてはいけないというのではなく、ただ貧乏な人の間で媚薬愛情がないのです。 私個人は思って、自転車の後部座席の愛情、BMW車の後部座席の愛情を比べますとは限らなくて、卑しくてあるいは貧乏くさいです。愛情は精神ので、誰も権利がなくて、他の人の愛情を下げるのに行きます。貧乏人は自分の卑しい楽しみがあって、富みます 人は彼らの高尚な悩みもあります。しかし腹が空腹であなたを聞いて“五講四美と3つの熱愛”と言う人がなくて、ひもじい人について、最も良い良薬は1杯のご飯で、その他のどんなでたらめの道理、非常に飢えている時、すべてすべて何の価値もありません。衣食に不自由しなくなって色にふけります。人はただ生存の状態の基本的なのを完成して自ら救って買い戻して、力と体力があるのが花鳥風月、息子と娘に情を行く長いです。
深く愛し合う2人、いっしょに生活します過ぎるとは限らない幸福。原因はとても簡単で、婚姻の内容はこともあろうに愛情の構成がなくて、更にいくらでもある生活必需品、鍋の杯のひさごのたらいと鶏の羽や大蒜の皮がまだあります。2人の偶然にめぐり会う見知らぬ人、構成する家庭は過ぎるのがとても苦痛ですとは限りません。この中に物質の方面のものがあるだけではなくて、精神の方面のものがまだあります。世事は推測しにくくて、愛情の領域の中で、私達の生活した世界とと同じに、多くの未知数xがまだあって、私達に1つ1つ解を求めるのに行くように待ちます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdsfgsgfgdfgdg
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdsfgsgfgdfgdg/index1_0.rdf