指針では、不正の告発は研究者の所属機関が受け付け

May 08 [Thu], 2014, 21:16
だが、いずれも前身球団から低迷していたライオンズとホークス、ふたつのチームに実力と人気をもたらし、パ・リーグひいては球界全体を好転させたという意味で、根本は「日本プロ野球に革命を起こした男」と言える。

 99年1月、根本はダイエーの球団社長へと上り詰めたが、同年4月30日に72歳で急逝している。iPhone 5 ケースコピー以来15年が経ったこともあり、20代、30代の野球ファンにはピンと来ない名前かもしれない。

 しかし昨年、さらには今年のパ・リーグもそうであるとおり、根本の「遺産」は時を経て風化するどころか、今でも確かな影響を球界に与えている。iPhone 5 ケースコピーまして「遺産」は監督に限らない。根本が存在した時代の西武、ダイエーにいた人間が各球団に分散して、フロント、コーチとして活躍しているのだ。シャネル 携帯ケースなかでも特筆すべきは、昨年オフに中日に復帰した落合博満GM、森繁和ヘッドコーチである。

 森は中日退団後に刊行した二冊の著書のなかで、自身の西武での現役生活およびコーチ人生が、根本の指導によって成り立ったことを強調している。グッチ iPhone5s ケースしかも根本と落合には接点があり、あるとき、「いずれ監督になったら森をコーチで使うと面白い」という意味の助言をされたという。森はこう書いている。エルメス携帯ケース

<根本さんは、鉄拳も振るえば、とことん面倒も見る親分肌の指導者であり、GMであり、参謀だった。根本野球を学んだ私に、鉄拳禁止の選手操縦を約束させたのが、落合監督。iphone5 ケース ブランドその落合監督に私を推薦していたのが根本さんなのだから、不思議な因縁を感じる。いや不思議ではなく、私も落合監督も根本さんの手のひらでうまく踊らされたのかもしれない。ipad2 ケース>(講談社刊、著者・森繁和、『参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」』より一部抜粋) 新たな万能細胞「STAP細胞」の論文に不正があったとされる問題で、理化学研究所の調査委員を務めた研究者3人の過去の論文にも疑義があるとの指摘が各所属機関に寄せられていることが分かった。通報を受けた理研と外部委員の所属する東京医科歯科大は予備調査を始めた。ipad2 ケース

 STAP論文の調査委は6人で構成し、委員長だった石井俊輔・理研上席研究員は自身の論文に画像データを入れ替える誤りがあったとして、既に委員を辞任している。

 新たに指摘があった委員は、古関明彦・理研グループディレクター▽真貝洋一・理研主任研究員▽田賀哲也・東京医科歯科大副学長。iphoneケース ブランド

 理研によると、古関氏は2003〜11年に発表された論文4本、真貝氏は05年の論文1本が予備調査の対象で、いずれも実験結果を示す画像の切り張りや使い回しの疑いが指摘されているという。田賀氏についても東京医科歯科大の通報窓口に同様の指摘があり、同大は「調査委員会を設置するかどうか事実確認中」としている。エルメス携帯ケース

 文部科学省の研究不正防止の指針では、不正の告発は研究者の所属機関が受け付け、最初に予備調査をするよう求めている。【清水健二】

【関連記事】
 残念ながら、筆者である私は、生前の根本に会うことはできなかった。phone4s ケース野球雑誌の企画で往年の名選手たちに話を聞き、球史を掘り起こす連載を始めた矢先に帰らぬ人となってしまった。

 ただ、学生時代から根本の親友であった関根潤三(元ヤクルト監督)を筆頭に、広島監督時代に仕えた安仁屋宗八、外木場義郎、根本スカウトに誘われて近鉄に入団した土井正博、西武のスカウトだった毒島章一、その他何人もの野球人から聞く思い出話に惹きつけられた。iPhone 5c ケースコピー本人には会えなくても、野球人が語る逸話を通して、今に生きる「遺産」を伝えられるのではないか。そう考えて、『根本陸夫伝〜証言で綴る、「球界の革命児」の真実』として連載を始めることになった。ipad2 ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdserre/index1_0.rdf