2013年1月27日(日)関西でシンポジウム開催:一般の方対象公開シンポジウム「iPS細胞 再生医学研究の最前線」

December 06 [Thu], 2012, 19:00
2013年1月27日日関西でシンポジウム開催一般の方対象公開シンポジウムiPS細胞再生医学研究の最前線希望者は早めに申し込んで下さい、ーベル賞授賞後で大変申し込みが多いと推定されます。
京都大学iPS細胞研究所CiRAサイラでは、文部科学省再生医療の実現化プロジェクト第II期と共催で、平成25年1月27日日、酔ヒ芸術センターにて一般の方を対象としたシンポジウムを開催します。
本シンポジウムは、今年最終年度を迎えた文部科学省再生医療の実現化プロジェクト第II期の成果報告と、CiRAにおける最新の研究進捗状況を市民の皆様にお伝えすること等を目的としています。
再生医療の実現化プロジェクトを担う4拠唐ゥらそれぞれ拠湯キが登壇し、iPS細胞を使った最先端の研究を紹介します。
CiRAからは山中伸弥所長に加え、酔o疾患の研究を行なっている井上治久准教授が登壇します。
本シンポジウムの一部は、内閣府最先端研究開発支援プログラムFIRSTプログラムの支援をゲイ受けて開催します。
記日時2013年1月27日日開演午後2時午後5時開場午後1時30分予定場所酔ヒ芸術センター芸術劇場対象一般の方参加費無料※お申込み頂いた方には1月上旬頃に参加証のハガキを送付しますので、当日必ずご持参ください。
定員900名申込先着順※定員に達し次第申込受付を終了いたします。
※当日お越しいただけない方のために、本ホームページを通じてシンポジウムの様子をライブ中継する予定です。
参加申込要事前申込下記のWEBフォーム、電話またはファックスで必要事項氏名、郵便番号、住所、メールアドレス、電話番号、FAX番号、参加人数、車いす使用者数、介助者数や講演者への質問をご記入の上、お申し込みください。
なお、ご記入いただいた個人情報は、当シンポジウムに関する範囲外では使用いたしません。
問い合わせ公開シンポジウム事務局日本コンベンションサービス株式会社内TEL0783031101FAX0783033760Emailips2013conventioncojpプログラム講演iPS細胞技術を用いた中枢酔o系の再生疾患研究岡野栄之慶應義塾大学医学部生理学教室iPS技術を利用した新しいがん免疫治療中内啓光東京大学医科学研究所試験管の中で臓器を作る幹細胞研究の新挑戦笹井芳樹理化学研究発生再生科学総合研究センターiPS細胞作製技術を用いた酔o疾患の研究井上治久京都大学iPS細胞研究所iPS細胞ストックの構築に向けてーベル生理学医学賞受賞記念講演山中伸弥京都大学iPS細胞研究所講演者らによるQA主催文部科学省再生医療の実現化プロジェクト第II期京都大学iPS細胞研究所
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdotjlsh2q
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdotjlsh2q/index1_0.rdf