チョコレートグラミィで三野

March 13 [Sun], 2016, 16:39
夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える看護師ですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を責任もって申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。伝言で済むものも少なくないですが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては安易な気持ちで申し送りできないものです。多くの看護師が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。せっかくのお休みにも簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるというケースが多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに休みを取る暇がないケースもあるでしょう。こうした状態を変えたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、人気が高いと思われる看護師ですが、独身の女性も多いです。看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が分かりました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、実務的なことの他に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も見られています。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。現在わが国では、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の外国人看護師候補生の受け入れを行っています。けれども、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には母国へ帰国することになります。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。休みを自由にとれて、興味があってしてみたい、という仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、もしも看護師の仕事を探している最中なら望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職を探すのも一つの手です。看護師というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、そうは言っても、労働組合のようなものがなければちゃんとした雇用条件で働けず、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。看護師というものはストライキをすることも難しく、経営者サイドが適切に配慮することが重要であるということに疑いの余地はありません。少し長く看護師をしてきておりますが、気付いたことは、看護師はどうやら喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった単純な業務とは言えませんから、実地に経験していくしかない、ということです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから働く場所を変えようとするケースもあるようです。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法が変わってくるのです。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。今後の進路を考える事もできますから、看護師としてのやる気も上がります。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は求人が途切れるようなことはありません。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども豊富にあるようですので、そういったところを利用してぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学の時の職場体験で、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感動したのがきっかけです。大人になって仕事に就くならああいう風になりたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。いやなこともありますが、看護師になってよかったです。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。当然、休みはきちんともらえますけれど、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。結婚、出産、そして育児がスタートしたらいつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより復職を希望する人の例が徐々に増えつつあるようです。小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、色々と事情があって就職し、結局OLになりました。ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、実際に看護助手の立場で働きながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。そのため、パートとして働くことにシフトするという看護師も少なからずいます。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校という二つがあります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。さらに学費に関していえば専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師需要は高まるばかりで、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。意外に思うかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として実は、保育園があります。保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。病院とは違って、保育園での看護師の仕事は子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、その一方で困難もまた様々なのです。することは多く、責任は重く、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。それらを承知の上でなお、看護師になろうと選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りあるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のある仕事や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。そのため、うつ病を患う看護師も少なくないそうです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤で働く必要のある仕事です。夜勤の時間帯については、2交代制か3交代制かでまた違っています。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。就職しようとしている病院がどのような勤務形態なのか早めに調べた上で検討することをおススメします。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、医療機関で働く専門職ですし、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。とはいえ、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた状況により変わってきます。例を挙げるなら、結婚や転居、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。こうしたケースは、実際にとても多いようです。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。看護師の人間関係は、構築が難しいなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。職場がそんな人間関係ばかりだとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、このところ次第に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。そうなってくると、医師と看護師も現場では切実に求められているのに、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。しかし、人材が不足している、ということはつまり、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の助かる点もあります。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、およそ750万円程度だと言われているようです。看護師が働ける場所というのは病院に限りません。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師は必要とされています。このグループホームにいるのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。介護方面に興味のある看護師はグループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、働いていない期間が長くあったとしても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人が足りていないことが少なからず関係しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合により五十代でも復帰できます。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、年間を通した平均収入の額ですとなんなく看護師が上回りました。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。夜勤で体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して給料の額が減ってしまうことがほぼ確実なのです。現在の年収を下げてまで夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:萌華
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdnnreuaionejy/index1_0.rdf