幻の媚薬効果と発祥経緯

December 14 [Sun], 2014, 15:43

最強媚薬フェロモンと言われるフェロチカホークTV番組での公開実験でもその効果が実証されたヒトフェロモンですが以外な落とし穴があります…人にもフェロモンを感知する器官があることを知っていますか?

より効果を高めるために、無香フェロモンと併用して
媚薬
香水を使うのであれば一石二鳥という考えにもなる。ただし、自分で気に入りの香水があるのであれば、やはり無香タイプの方がいいと思う。まぁ、その辺は使う側の好き好きで。。

この発表を受けてアメリカの化粧品会社が『フェロモン入媚薬香水』を発売し、アメリカ・ヨーロッパを中心にこのフェロモン媚薬が盛んに宣伝されるようになりました。その後の研究でこのヒトフェロモンも人種によって差があることが分かりました。最も
媚薬効果
が高いとされたのがイタリア人男性精力剤で、残念ながら日本人のヒトフェロモンは低いとの事です。

フェロモン系媚薬で最も売れているフェロチカホークにはこのイタリア人男性精力剤から抽出されたアンドロスタジエノンが配合されていることは知られていますが、ここで注意しておきたい点があります。それは…ヒトフェロモン(アンドロスタジエノン)が効く女性KKK超強力催情水と全く効かない女性精力剤がいるということ。

これはフェロモンを感知する鋤鼻器官が人によっては退化してしまっていることによるモノ。大体全女性精力剤の3割程度はアンドロスタジエノンを感知しない、感知したとしてもその効果が弱いとのことです。人気媚薬のフェロチカホークですが、すべての女性精力剤に効果が現れるものではないことを知っておくべきですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdnhgfjykuy
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdnhgfjykuy/index1_0.rdf