明治文学から最近のエンタメ小説まで幅広く読み、Twitterに感想をつぶやくのが日課です

September 23 [Wed], 2015, 15:09

女の子たちをいろんなスイーツに見立てて分類し、そんなスイーツ女子たちの、独特の魅力に迫る「スイーツ女子図鑑」。前回は、ギャル系のジェリービーンズ女子&ウイスキーボンボン女子をピックアップしましたが、今回ご紹介するのは、アイシングクッキー女子と、マーブルチョコ女子です。

アイシングクッキーは、お砂糖のペーストで表面をデコレーションしたクッキー。プレゼントに喜ばれる、かわいい焼き菓子です。
マーブルチョコは、カラフルな粒状のチョコレート。一度は子どものころ、チョコレートがじゃらじゃら入った筒を買ってもらった記憶があるのでは?
そんなアイシングクッキーやマーブルチョコみたいな女の子って、一体どんなタイプの女子なのでしょうか……。

アイシングクッキー女子・マーブルチョコ女子って?

ふたりの共通点は、派手好きでカルチャー感度も高い、俗に言う“サブカル系”なこと。でも、“サブカル女子”は、ひとくくりに“サブカル”と呼ばれることを嫌うもの。
アイシングクッキー女子は、外国人の少女みたいな髪型が永遠に好き。服は子ども服のようなパステルカラーで統一しつつ、身体の線をきれいに見せたり、絶対領域をチラ見せしたりと、ほんのりセクシー要素を取り入れることも忘れません。
マーブルチョコ女子は、昭和っぽい黒髪ボブにこだわります。服や小物には原色を大胆に取り入れながら、体型のコンプレックスは慎重に隠して、全体的に丸いシルエット。

カルチャーへの関心にも違いが!

では、ふたりはどんなふうに“サブカル系”なのかというと……
アイシングクッキー女子は、海外カルチャーをメインにアンテナを張ります。ガーリーな洋画が大好物で、毎日のようにDVDを観ては、恋やファッションの参考に。乙女ちっくな部屋にはアメリカンなおもちゃがいっぱい。海外旅行や通販でコレクションを充実させるのが至福です。
一方のマーブルチョコ女子は、日本のレトロ文化に心酔。明治文学から最近のエンタメ小説まで幅広く読み、Twitterに感想をつぶやくのが日課です。憧れの女性像は、竹久夢二の絵に出てくるような、大正ロマンな美人。味のある路地や洋館で、なりきり写真を撮ってみたりします。
好きなものを深めていくのに余念がないふたりだからこそ、自分のカラーが日々強くなるのです。

趣味に走ってても男子を落とせる!

ふたりとも、自分の好きなものは曲げない! という性格ですが、ひとたび恋をすれば突っ走るタイプ。そして、そんな彼女たちに惚れる男子も一定数います。アイシングクッキー女子は、男子に「いつも連れて歩きたい!」と思わせるキャラ。洋楽レコードや、古いフランス映画、ヴィンテージファッションなどに詳しい年上男子(orおじさま)を狙います。「おすすめ教えてください」「連れていってください」が恋の始まり。
マーブルチョコ女子は、男子とも女友達同士のように趣味をわかちあうフランクなノリがポイント。でも実は、ちゃっかり相手をオトコとして見ています。中性的な男子と、おしゃれカフェに行ったりミニシアター系の映画を観たり、女性用媚薬(漢方系)で特に支持されているものとは? 相談をしあったりと、多くの時間を共有しているうちに、一線を超えることもしばしば。

アイシングクッキー女子やマーブルチョコ女子、あなたの友達やTwitterのタイムラインに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdjytkuyluireh
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdjytkuyluireh/index1_0.rdf