pp今回は、7:夫または妻が浮気を繰り返す、 8:家族計画について意見の不一致がある、9:夫婦間のコミュニケーションが

January 14 [Wed], 2015, 13:31
d

離婚する夫婦にありがちな特徴9つのうち、前回の記事および前々回の記事で、6つまで紹介してきました。では、残りの3つを見ていきましょう。

今回は、7:夫または妻が浮気を繰り返す、 8:家族計画について意見の不一致がある、9:夫婦間のコミュニケーションがない、の3つです。


■7:夫または妻が浮気を繰り返す

「一部に、結婚には致命的に向いていないという人がいます。表面的には結婚したがっているように見えても、一夫一妻制を維持することができないのです」

そう話すのは、ジャーナリストのアリサ・バウマン氏。

さらに悪いことに、浮気性の人というのは、自分の女癖(あるいは男癖)の悪さをパートナーのせいにしたがるようなところがあります。よくある言い分が「妻(あるいは夫)が嫉妬深すぎる、支配的すぎる」というもの。

浮気があっても夫婦はやり直すことはできます。しかし、心からの後悔、謝罪、そして二度と繰り返さないという約束やそのための努力が不可欠です。

浮気を繰り返す人というのは、その点が足りません。本人に「浮気の責任は自分にある」という自覚がない以上、いくらパートナーが努力しても無駄。夫婦関係の修復は不可能でしょう。


■8:家族計画について意見の不一致がある

結婚生活では、様々な局面で妥協を強いられます。たとえば、家計の責任をどちらが持つか、休日をどこで過ごすのか、家族の問題にどう対応するのかなど、夫婦で折り合いをつけるべき問題はやまほどあるでしょう。

しかし、なかでもどうしても譲れない問題といえば、子どもを持つかどうかという点。夫婦の一方がどうしても子どもが欲しい。しかし他方がそれを拒むというのは、大きなトラブルの原因になります。

そういえば、タレントの辺見エミリさん・木村祐一さんのケースでも、辺見さんは子どもが欲しいのに、キム兄が嫌がったのが離婚原因のひとつといわれていますよね。


■9:夫婦間のコミュニケーションがない

お互いに腹を割ったコミュニケーションがなければ、夫婦の問題は解決できません。もし、夫婦が“誰が牛乳を買って帰るか”といった取るに足らないことしか話し合えないような関係であれば危険であると、家族心理学者のエレーヌ・サベージ氏は主張します。

「本音で話し合う機会がないというは、非常に悪い兆候です。他人には話せるのに、夫婦では話さないというのは、とりわけ深刻です」

本来、夫婦で話し合うべき問題なのに、友達に愚痴るだけで夫と向き合うことを避けていませんか? 表面的には穏やかな関係に見えて、いずれ危機的状況を迎えることになるでしょう。

以上、3回にわたって離婚する夫婦にありがちな特徴9つお届けしましたが、いかがでしたか? 最後の項目にもあるように、結婚生活の破綻を防ぐためには夫婦のコミュニケーションが不可欠です。

もし、当記事で挙げた特徴に当てはまるという心当たりがある場合は、この機会に夫婦でぜひ膝を突き合わせてみてくださいね。

【離婚する夫婦の特徴】

※ 当てはまると超危険!離婚する夫婦にありがちな特徴9つ【1/3】

※ 当てはまると超危険!離婚する夫婦にありがちな特徴9つ【2/3】

※ 当てはまると超危険!離婚する夫婦にありがちな特徴9つ【3/3】

【参考】

※ Signs Your Marriage is Over – Signs You´re Getting DivorcED花痴 – Woman´s Day

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdjytkukilht
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdjytkukilht/index1_0.rdf