薬品成分がぼんやりして、万が一その中は毒素を含むなら、服用した後に結果は想像に堪えないです

January 14 [Wed], 2015, 12:57
q
市場で販売している情薬の大部分は成分がぼんやりしていてあいまいで、ある製品も無色無臭と宣伝するまでもあって、しかし開封した後鼻を突く匂いがあって、これらの媚薬製品は安全かどうか?昨日、記者は関連専門家に問合せしました。省立病院の医師は、媚薬はただ1種の性ホルモンで、過量に服用してはいけない。そうしないと健康を損ないます。正規の薬屋あるいは病院で “媚薬”“催淫”の文字を帯びた薬物がなくて、包装で更に犯罪に関与するピクチャーがあるわけではない。正規の媚薬類がすべて“ホルモン類の薬物”に総称されます。このような薬が体内のホルモンレベルが低すぎ、内分泌が乱れていることによって招いた性冷淡患者に適用し、大部分が更年期の後でこのような勃動力三體牛鞭を服用します。この種類薬物を服用する患者はより少なくて、性冷淡女性は主に感情の問題のためまねたのです。医者は女性あるいは男性が勝手に媚薬類の薬物を服用することを主張しなくて、できるだけ病院で検査を受ける方がよい後に、医者が指導するもとに服用します。その他に、医師は女性市民にまたこのようなことを注意する:市場で販売する女性用媚薬が“3無”製品であれば、薬品成分もまたはっきりしないならば、その安全性は保障しにくいです。薬品成分がぼんやりして、万が一その中は毒素を含むなら、服用した後に結果は想像に堪えないです。原始のURLはblog/129.htmlで、転載者は当文と一緒に転載しなければその結果を自分で担当する。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdjtyjyty/index1_0.rdf