前世紀の60年代の初め

July 23 [Tue], 2013, 17:48
前世紀の60年代の初めに中ソ関係が凶作が悪化して現れた後に、国内は幹部がと大衆が方法を口伝して“の中国が現れたことを宣伝・説明することを抗米援朝にして借金してことがある、返済を強く要求してひもじい思いをすることを”の言うこともたらして、そして長年間がいくつか文芸の作品と非当事者の文章にで引用して、たくさんの人に長期にわたり本当だと信じるように至ります。でも、もし中国政府のを少し閲覧してファイルと中ソの“論戦”の時の文章を公開するならば、中は一度も“返済を強く要求する”の1件を言ったことがません。実は、3年困難な時蘇方はまた自発的に中国側が弁済を遅らせることができることを出しています。
中国の底に着く借りがあるソ連のどれだけの借金か?まず抗米援朝な時、中国は大量の武器の装備を急ぎ必要として、ソ連は提供に賛成しますが、朝鮮を援助して“共通の負担”を要するを名にして、中ソ両国にコスト価格によってそれぞれ半分のお金を出すように求めます。その時の中国は財政の困難がすぐお金を支払う力がないため、周恩来は1950年11月にとソ連は哈羅夫の総括的な顧問をくくって相談の上で決めて、中国が朝鮮に入って戦うから、ソ連は半額の提供する武器でソ連に見なして中国に対して貸し付けます。戦争の時に、江蘇の共産党との連合は中国に64の陸軍師、23人の空っぽな参謀の装備を提供して、スターリンが両国関係の中を補うのが楽しくないために少量に無償の武器の援助を与える以外、大部分の装備はすべて半額で提供するので、中国はソ連の兵器弾薬の借金の30億元の人民元を借りているのについて、その時に13億ドル換算します。1955年蘇軍が旅順から撤退する時、また金銭に換算する9.8億元の人民元の装備を引き渡しました。
その次に、中国一、第2の5年計画の時期、ソ連華を援助する重点は“156項”の基礎工業の施設の建設と称するのです。これらのプロジェクトの機械の設備、主にで品物の貿易でローンが交付したのではありませんて、でも提供する技術はやはり無料です。
第3、1958年中国が“大躍進”を始めた後に、国内の副食品の供給が緊張して困難を買い付けることとため、貿易契約によってソ連に対して納品することができなくて、1959、1960の年の2年間でまた25億ルーブルの商業貿易の借金を借りています。その年主管者によって
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:reyreyr
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdhtryr/index1_0.rdf