ウザウザ女お断り!彼に本気で嫌われる「逆効果な愛情表現」まとめ

June 12 [Thu], 2014, 17:26

恋する女性なら誰でも「好きな人によく見られたい」と思うもの。けれど、アプローチの仕方を間違えると、よかれと思った行動が逆効果! 彼の恋心を一気に冷ますキッカケになってしまうのです。

そこで今回は、これまでに『Menjoy!』でご紹介した記事をもとに、彼のことが好きだからこそやってしまいがちな、“実は逆効果な愛情表現”をまとめてご紹介します。

■1:“すごい”連発

なんでも褒めればOK? いえ、違うのです。心の底から彼のことを“すごい”と思っていても、このワードの連発は危険。「そうなんだ」「すごいね」などの言葉は、会話に興味がないときにもよく使われるもの。だからこそ、あまりに連発されると、男性は中身のない返答に「俺の話にまったく興味ないのでは?」と誤解してしまいます。

 「すごいね」と褒めるのであれば、その後、具体的にその理由を伝えたほうがよいでしょう。

■2:ダメだし&ガミガミ小言

彼の食べ方が汚かったり、だらしがなかったり、時間にルーズだったり、彼自身のために直したほうがよいと思うことでも、うるさくダメだししすぎるのはNG。会うたびにガミガミ言ってしまうと、彼の中でのあなたのポジションは恋愛対象の女性ではなく、“口うるさい母親”になってしまいます。

■3:彼の好みにあわせすぎる

「こういう服のほうが似合うよ!」「髪型はこっちのほうが好きだな」なんて言われたら、大好きな彼だからこそ、その好みにあわせたいと思ってしまいますよね。

ですが、あまりになんでも彼の好みにあわせてしまうと、彼はあなたの好意にあぐらをかいて、もっと刺激がある他の女性に走ってしまう危険性も。女性としての魅力を保つためにも、自分らしさや刺激は必要でしょう。

以上、思い当たることはありませんでしたか? 好きだからこそ、その気持ちをストレートに伝えたくなるもの。けれどそのアプローチ方法も一歩間違うと逆効果になってしまいます。

大好きな彼の気持ちを離さないために、もし、思い当たることがあるのなら、自分の行動を見直してみてはいかがでしょう。

by

精力剤
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fdhgfjghmh/index1_0.rdf