贅沢品の大物も愛の自転車

March 12 [Tue], 2013, 16:26
1817年、ドイツ人はフランスを発明した莱斯パリ帯ハンドルの木製二輪自転車。自転車で登場後、迅速に当時のヨーロッパ人の愛顧の交通手段にもなるファッションのラベル、各大贅沢品製造商都生産このような高級カスタムの贅沢品。例えば、1894年イギリス貴族培生(Pearson)ジャズと夫人ニューヨークへ旅行した時、送って1台の自転車のハンドルは純銀打製Tiffanyに彼の奥さん。中国ラストエンペラー溥儀は自転車収蔵界の「元祖級」のキャラクターだけでなく、収蔵瞭20多台当時の最上位の自転車も多く、掉紫禁城内の閾を便利に自転車に乗って。

清末民初における、自転車の平均価格は80銀貨、相当今日1台の中級の車の価格。1907年日商天津で開設の加藤洋行プロモーションのために発売された自転車、割賦方式、その広告は「3ヶ月以内に限り、頭の一月付洋30元、第230元、翌々月20元。もし付一元銀貨、一台ごとに75元。」この販売方式で、しかしリードした乗用車の数十年。

ヨーロッパで、自転車に次ぐ人気サッカーと呼ばれて「金持ちのファッション」は、「環境」「低炭素」や「スローライフ」のマーク。イギリス《デーリー?メール」によると、調査によると、イギリス一番貧しい五分の一の人口に比べて、この国で最も裕福な五分の一の人口は年平均自転車旅行のパス長は前者の5倍。ペダル動力はその郷土身分から立ち上がり、中国の若者に注目する運動方式。また、この度、それはもはやただ一つの普通の交通道具も、ぜいたく品の姿で現れる。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fdgsbbhnb1988/index1_0.rdf