内戦の混乱に乗じたイスラム国が、欧州や米国など

September 30 [Tue], 2014, 17:08
イラクで勢力を拡大するイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」について、「(情報機関が)シリアで起きていることを過小評価していた」と語った

 米情報機関を統括するクラッパー国家情報長官のイスラム国に関する発言を追認したものだオバマ氏は逆に、イスラム国に対抗するイラク軍の能力を過大評価したとの見方を「全くその通りだ」と認めた

 オバマ氏はまた、シリア内戦の混乱に乗じたイスラム国が、欧州や米国などから外国人戦闘員をシリアに集めたことで「世界の過激派の中心地となった」との見方を示した

 シリアへの空爆については、敵対関係にあるアサド政権を利する恐れがあるジレンマを示しつつ、「イスラム国や(イスラム過激派組織の)ホラサーンは、米国人を殺害しようとする差し迫った脅威だ」と述べ、空爆拡大の必要性を訴えた米Oracleは、クラウドビジネスを軸とした新たなパートナー戦略として、「Oracle Partner Network(OPN) Cloud Connection」および「Oracle Customer 2 Cloud」を開始する

【この記事を写真付きで見る】

 OracleのRich Geraffoシニアバイスプレジデントは、「OPN Cloud Connectionは、より多くのパートナーにクラウドを扱ってもらうためのもので、OPNに参加していないパートナーが対象になる参加費用は無料であり、リセラーとしての販売ノウハウを持たなかったり、クラウドの知識を持たない企業までを含めた新たなパートナーが参加し、これらの企業によってコミュニティを構成することになるそこにOracleの知見を生かしてサポートするOracleが持つクラウドスイートとして提供できる強みを生かし、これを新たなパートナーが利用できるようになる」と位置づける

 また、OracleアジアパシフィックのMark Lewisシニアバイスプレジデントは、「ドメインエキスパートという新たなパートナーを通じて、クラウドビジネスを加速することになるここには、HRコンサルタントやマーケティングエージェンシーといった専門分野の知識を持つ企業が参加することになるクラウドビジネスが速度を速めていくなかで、こうしたパートナーとの関係が大切になってくる新たな仕組みの活用は、パートナーにとってもチャンスが生まれることになるまた、パートナー同士の関係が強まることになる」と説明した

 一方で、Oracle Customer 2 Cloudは、オンプレミスで利用しているライセンスを、クラウドでも利用できるようにするプログラムで、ERPのみを対象に実施クラウド利用の促進につなげる

 パートナーによるクラウドビジネスの拡大は、Oracleのグローバル戦略においても重要な課題となっている

 Oracle 北米セールス担当のTerri Hallグループバイスプレジデントは、「Oracleは、世界ナンバーワンのクラウドベンダーを目指しており、北米においては、2014年度にそのための取り組みを強化してきたこれにより、Oracleのクラウドビジネスは、2015年度も勢いが増していくだろう」としたほか、「北米におけるパートナーを通じたクラウドビジネスは、2、3倍へと拡大している」とする

 また、OracleヨーロッパのDavid Callaghanシニアバイスプレジデントは、「欧州においては、各専門分野に特化したパートナーがクラウドに取り組みはじめており、その成果が出ている」と語り、OracleラテンアメリカのHugo Freytesシニアバイスプレジデントも、「南米でもクラウドに投資するパートナーが増加している」と現状を語る

 さらに今後は、パートナーを対象にしたクラウドに関するトレーニングを開始SaaSを中心に、パートナーによるクラウド販売体制の強化を支援する姿勢を明らかにした

 あわせて、パートナーがOracle製品を調達するためのPartner Storeに、クラウドで提供するHCMとSCMを加えることも公表した

 現在、Oracleのパートナー制度であるOPNには、アクセンチュア、デロイト、富士通、日立製作所など10グループの企業で構成されるダイヤモンドパートナーが全世界に500社あるそのうち、日本では37社がダイヤモンドパートナーとして契約しているダイヤモンドを筆頭に、プラチナ、ゴールド、シルバーの4段階のパートナー制度があり、全世界で2万2000社、日本では1800社が、パートナー制度に参加している同社によると、この1年間で4600社以上の新たなパートナーが増加しているというが、今回のOPN Cloud Connectionは、それ以外のパートナーが参加対象となる

 また、プラチナでは、パートナー企業の得意分野を、「顧客推薦」、「販売実績」、「技術者育成」の3つの条件から認定するSpecializationを5つ以上、ゴールドでは1〜4つまで持つことが条件になっており、今後強化することになるパートナー向けクラウド戦略においても、オンプレミス同様、Specializationを軸として、パートナー企業を支援する体制を継続する現在、200以上のSpecializationが存在し、5000社以上のパートナーが4万7000のSpecializationを取得そのうち、700社、1万5000人がクラウド関連のSpecializationを取得しているというまた、全世界に25万人のOracle認定スペシャリストがいるという

 「顧客のクラウド化に対して、パートナー企業がOracleの技術および製品でサポートする仕組みのほか、パートナー企業のクラウドビジネスの展開を、Oracleの技術、製品でサポートする仕組み、そして、Oracleのパブリッククラウドサービスを、パートナー企業とともに展開する仕組みを用意し、それぞれの領域からクラウドにおけるパートナーとの協業を行っていく」(日本オラクル オペレーション統括本部アライアンスストラテジー&オペレーションズ本部の小柳津里奈氏)としている

 なお、日本における「OPN Cloud Connection」および「Oracle Customer 2 Cloud」の導入については現時点では未定としているが、クラウドビジネスを強化する上での有効な施策として位置づけていることを考えると、今後、日本での展開も前向きに検討することになりそうだ

 OracleのCEOであるMark Hurd氏は、「クラウドビジネスは、パートナーとの連携なしでは成功しないISV、チャネル、システムインテグレータに向けた投資を行い、エコシステムを中心にクラウドビジネスを展開していく」などと述べている

 オバマ氏はまた、シリア内戦の混乱に乗じたイスラム国が、欧州や米国などから外国人戦闘員をシリアに集めたことで「世界の過激派の中心地となった」との見方を示したiphone シリコンケース

 オバマ氏はまた、シリア内戦の混乱に乗じたイスラム国が、欧州や米国などから外国人戦闘員をシリアに集めたことで「世界の過激派の中心地となった」との見方を示したアイフォン5s シャネル

 オバマ氏はまた、シリア内戦の混乱に乗じたイスラム国が、欧州や米国などから外国人戦闘員をシリアに集めたことで「世界の過激派の中心地となった」との見方を示したiphone case
  • URL:http://yaplog.jp/fdgdxgf/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdgdxgf/index1_0.rdf