の到着には間に合わ

February 28 [Sat], 2015, 18:34

 対応機種:iphone5S/5 iPhone6 iphone6plus


カラー:8色

付属品:ケース、チェーン付き

状態:新品未使用で検品済み

 シャネルiphone6カバー


先週の仕事終わり、Moon Safariのライブに向かうために急いでいたときのこと。躓いたショックでポケットにしまおうとしていたiPhoneをアスファルトの歩道に落としてしてしまいました。結構派手に転がったので、こりゃ逝ったかなーと思ったら案の定…。
とりあえずライブの開演時間が迫っていたので先を急ぎます。「そういえば表面に強化ガラスのフィルムを貼ってたっけ。それなら割れたのはフィルム部分に違いない」なんて…
グッチ iphone6ケース
表参道で半蔵門線に乗り渋谷まで一駅。状況を確認してみると… どう見てもヒビはガラスフィルムをはみ出して本体側のガラスに広がってる感じ。ちなみにガラスフィルムにもヒビは入ってるのものの、手触りは一部を除いてサラサラなままだったり…。

もしかしてガラスフィルムを貼っていたせい?

よくよく考えてみると私の使ってるiPhone6のケース。本体表面に何も貼ってない状態だと、画面よりもケースの縁が高くなっているので、軽く落とした程度なら画面には直接の衝撃は伝わらないはず…(まぁ、「軽く落とした程度」でもな基本スマホやタブレットの画面に貼る保護フィルムはアンチグレアタイプ派なんで、これまでガラスフィルムなんて買ったことがなかった私。興味が無かったわけではないんですが、わざわざフィルムに3,000円も4,000円も払うのってどうなの?と思ってました。
ただ何故か分かりませんが、iPhone 6 Plus に関してははじめから「ガラスフィルム買ってみよう!」と心に決めておりまして、spigen製のガラスフィルムを事前手配。
発売日が9月30日となっており、当初は「iPhone 6 Plus の到着日に間に合わないけど仕方がなiPhone 6 Plusを購入してまだ1ヶ月半ほどですが、保護ケース2個目に突入です。購入直後から利用していた、TUNEWEAR eggshellスモークから、Spigen Neo Hybridガンメタに交換しました。保護性能(期待値)と質感に大満足です。
iPhone6 エルメス
iPhone 6 Plusを入手したのが9月25日ですから、まだ1ヶ月半程度しか経っていない状態です。当初からTUNEWEAR eggshellを付けていて、これには比較的満足していました。何より私が重視するのは「保護範囲」なのですが、本体をグルっと回りこむeggshellの形状は本体全体を保護してくれていて、非常に好印象な製品でした。

ただ、一体形成のハードケースということもあり、ボタンが押しにくく、しかも電源ボタン部は早々に折れてしまうという残念な事件が発生。その後もしばらくは使っていたのですが、先日、ついに、iPhoneハードケースの共通した弱点、「ライトニングコネクタ周りの画面側」部分が折れてしまいました。
シリコンiPhoneケース
この部分は過去iPhone 5でも、何度か折れた経験があり、都度ケースを買い替えていました。この部分、本体をグルっと保護しようとすると、ライトニングコネクタと前面液晶ガラス面の間で、どうしても細くなってしまう部分です。このリスクを避けるためか、一般的なケースでは、iPhoneの上部と下部は大きく避けてしまっているものも多いです。ここが保護されていることが、私の中での一つの選択基準になっています。

iPhone 6になって、本体周囲がスクエア形状から丸みを帯びたラウンド形状になって、この部分についても、若干、太めな構造が採れるようになっています。実際、eggshellもここは結構太めになっていました。しかし折れました。どうしてもここはふとした拍子に何か引っ掛けてしまったり、力が掛かってしまう部分なんだと思います。

そこで、交換すべく、ケースを探していたわけです。パワーサポートのエアージャケットが定番として堅いところですが、その美しさと引き換えにハードケースとしては華奢な部類に入るため(かつ、過去、iPhone5のエアージャケットで、前述の弱点が折れた経験があるため)、何か他に無いかと、探していました。条件は、保護範囲が広いハードケース、という程度。
グッチiphone6
そして見つけました。Spigen。どうやってたどり着いたかは忘れましたが、どこかのサイトで定番にしたいケース、って書いてあった気がする。そこから、Spigenのケースラインナップを調べ、Youtubeで海外ユーザーのレビュー動画を調べ、などなど、情報の肉付けをして、最終的にこれに決定しました。

実はネットでオススメケースなどをキーワードにして探していたのですが、なかなかピンと来る情報が無かったんですよね。結局、入手性の高いケースが高評価になっている(エアージャケットしかり)。それはそれで間違ってはいないのですが、自分の嗜好にあったものをこの情報の中から探すのは至難の業だなぁと今回は改めて思いました。

ルイヴィトンiphone6ケース
なぜこのケースにしたか。結論から言えば、僕が欲しいケースの要件を完全に満たしていたからです。ズバリ言えば、こういうケースが欲しかったんです。

保護性能は高いほうがいいんです。当然、ハードケースよりソフトケースのほうが、衝撃吸収性は良い。でもソフトケースは、ベタベタモコモコする触り心地が嫌。以前Xperia Z1で、隙間からゴミが入って本体が傷ついていたケースもあるため、中途半端な素材というのも嫌。ポイントはフレーム部。フレームがしっかりしていればいい。実はバンパーも好きなんだけど、あれは背面の保護で気を使うから嫌。アルミバンパーが最強なのは分かるけど、あれはいっしょに持ち運んでる他の機器を傷つけたり、ヘタするとケース付けてる側も傷つく場合があって嫌。と、そんなわがままな私の要望を完全に満たしてくれたのが、Spigen NEO HYBRIDです。

本体はTPU素材。固めのゴムです。そしてフレームがPC素材。プラスチックっぽい質感。これを合わせているから、ハイブリッド。TPU素材の本体による保護性能、耐衝撃性と、PC素材のフレームの質感を併せ持った製品です。

フレーム部の色でバリエーションがあります。シャンパンゴールド辺りが確かに綺麗でカッコ良いのですが、今回はスタンダードなガンメタリックに。在庫状況から見る限り、ガンメタリックはやはり人気色らしい。スペースグレイのiPhone 6のカラーバランスに近い雰囲気になるというのがポイントかもしれません。
エルメス6Plusケース
もう一つどうでも良いチェックポイントですが、前述の弱点部です。Spigenとしてもここは弱点と捉えているらしく、本体下部については、他の周回部分とは若干構造を変えてPC素材のフレームが強化されています。さすがにこの構造なら、折れるってことは無さそうです。

というわけで、届いた。いか なんて思っていたのは、今は懐かしい思い出。
(参照)分割払い金利0%のAppleローンでiPhone6 Plusを購入して死ぬほど後悔した話。
シャネルiphone6 ケース
まあ結局昨日手元に届いたということで、いずれにしても iPhone 6 Plus の到着には間に合わなかったわけですが、早速昨日貼ってみました。ということで、ガラスフィルム初体験の感想をつらつらと。かったですが…)。

しかし、そこそこ厚みのあるガラスフィルムを貼っていたことで、ディスプレイ面の高さがケースの縁とほぼ同じ高さになってしまっていたのですよね。
だとすると、このフィルム表面が路面に接触したことで直接衝撃が本体まで届いてしまったのかも…?なんて。まぁ、真相の程は分かりませんが、次にフィルムを貼るときはこの辺にも注意してみようかな。というか、むしろケースを付けるなら、フィルムは貼らなくてもいいのかも?とか今更ながらに思ってます。

ルイヴィトンiPhone6プラスカバー
以前からiPhoneのガラスを割ったらショックだろうなーと思っていたのですが、さすがにiPhoneを所有して3台目(s飛ばしの4→5→6)にして初の破損ということもあって、「あー、遂にやっちゃったか」ぐらいの感じ。ただ、仕事がここの所忙しいこともあり、時間がないので、修理や交換の手続きが面倒だなー、とそちらの方が気掛かりでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fderew
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fderew/index1_0.rdf