自然さや快適な使用感

December 14 [Mon], 2015, 17:49



費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、ご飯もオイシイと思えます。


何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。





インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療をはじめてから短めなら3ヵ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

どんな方にもインプラント治療が良いわけではありません。


治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。



周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


入れ歯にくらべ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、ご飯が確実に美味しくなります。





ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:虫歯などが原因
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fddafa/index1_0.rdf