では、まずは3種の褒め言葉をお届けしました

December 29 [Mon], 2014, 20:57

コラムニストの石原壮一郎さんからのお話をもとに、女性が真に受けてはいけない男性からの褒め言葉をお届けしております。では、まずは3種の褒め言葉をお届けしました。

引き続き、残り4種の真に受けてはいけない褒め言葉をチェックしていきましょう。

■4:「●●ちゃんらしいユニークな考え方だね」

“ユニーク”とは、“独創的で斬新”といったポジティブな意味で用いられることもありますが、“●●ちゃんらしい”という限定が付いているところがミソ。

この褒め言葉を用いる男性の本音は「あいかわらず天然だな」。もっとストレートに言ってしまうと、「あいかわらず思い込みが激しいな」ということになります。

本人は「やっぱり私って個性的」と得意気になりますが、その様子を見て、周囲はますます呆れるだけ。

“ユニーク”と褒められることは多いけれど、なぜか彼氏どころか同性の友達さえ寄りつかないという人は、もう少し常識的な言動を心がけるほうがよいでしょう。

■5:「●●ちゃんにしかできない着こなしだね」

上で挙げた「●●ちゃんらしいユニークな考え方だね」の“ファッション版”です。男性の本音は、「また変わった服着ちゃって……。オシャレアピールをしたいのはわかるけど……」といったところ。

本人は「こんな個性的な着こなしができるのは私だけ」と自信満々なのですが、おしゃれの方向が未来的すぎるというか、どことなく違和感があふれているからこそ、「●●ちゃんにしかできない着こなし」という言い回しになるのです。

ファッションは個人の趣味の領域ですから、もちろん“我が道を行く”でもいいのですが、少なくとも「正直そのファッションでデートしたくない」というのが男性の本音であることはぜひ覚えておきましょう。

■6:「さすが●●ちゃん、若いわー」

男性から“若い”と褒められて、「私もまだまだ捨てたもんじゃない」と喜んでいる場合ではありません。女性を“若い”と褒める男性の本音は、「いい歳していつまでも未熟なのはどうよ」。あまりのバカさ加減にウンザリしたときに、適当にフォローしておく言葉です。

自分の老いに戦々恐々としている女性は、変な若づくりに励むよりも、大人の女性としての魅力を発揮していくべきではないでしょうか。

■7:「なんか雰囲気変わったね」

「雰囲気が変わった」というのは、字義的にはプラスでもマイナスでもないのですが、「自分の変化に気づいてもらえた!」と女性としては悪い気のしないフレーズですよね。

ただ、このフレーズを発する男性は、実はその変化をあまり好意的に受け取っていないことも。「ケバくなったね」とか「その化粧、似合ってないよ」というマイナスの評価をぼかす際によく用いられます。

特に、女性のほうから「ねぇねぇ、私、メイク変えてみたんだけどどうかな!?」など感想を求めて、男性が苦し紛れにこの言葉を発したときには、悪い意味で用いられている可能性がかなり高いです。

とはいえ、2割ぐらいの確率で、本気で「きれいになったね」的なニュアンスで言っていることもあります。どちらの意味合いで用いたのかは、その後の男性の態度しだいでしょう。つまり、何だかよそよそしくなったとすれば悪い意味。微妙に優しく接してくれるようになったとすれば良い意味と捉えることができます。

以上、2回にわたって真に受けてはいけない褒め言葉7種をお届けしましたがいかがでしたか? これらの褒め言葉をかけられたら有頂天にならず、自分が痛い言動をとっていないか冷静に振り返ってみるといいかもしれませんね。

【参考】

蟻力神
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fdbhhfdhfhfe
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fdbhhfdhfhfe/index1_0.rdf