小さな子供がいる家庭で

December 14 [Thu], 2017, 12:15
引越しにえころじこんぽってのがありましたけど、引越をする際に日通のえころじこんぽっていうのがあるとおもいますが、えころじこんぽという引越しのプランでは、ゴミなどを極力出さないような方法で梱包をするパッケージ商品になります。どんなことかといいますと、ダンボールやガムテープを使って引越しをすると荷解きをした後ではゴミになりますから、環境に優しいとは言えません。でも、引越しのえころじこんぽですとテレビなどの家電やタンスなどの家具は毛布で包んで梱包します。食器など割れ物にはすべて包装紙や新聞紙を使わずに、食器トランクと呼ばれる専用ボックスが用意されています。衣類の梱包をするのもダンボールを使用するわけではなくハンガーに洋服を掛けて運ぶようにできているハンガーボックスというのがありますから、ダンボールが必要ありません。引越しのえころじこんぽは、荷造りの作業に関しても引越し会社のスタッフがやってくれるので、また環境にも優しく資材を使用しないで荷造りをすることができますので、文字通りエコロジといえるのです。ダンボールなどを使わない分は料金が安くなっているようです。そんなこともあるので、日通のえころじこんぽは、家族の引越しにもピッタリな引越のサービスで、梱包をするのが大変な小さな子供がいる家庭でもうれしい引越しのサービスということができます。
引越しの際の電話や電気、ガス、水道の各手続きについて紹介したいと思います。はじめに、引越しをする場合には、違う電話番号に変わってしまいます。引越しが決まった時点で116に電話をかけて電話の引越しについて、手続きをすましておきます。電力については、引越しをする10日くらい前に電力会社に電話して、引越しの手続きをしておきます。新居の方の電力会社にも、同じく、電話をして、新規契約の申込みをしておきます。ガスの引越しの際の手続きは、同じく連絡をして、引越しのための手続きをしておきます。また、引越し先のほうでは、事前に引越し先のガス会社や自治体でやっている場合はそこにに連絡をしておくと、入居美になったら、係員が来て検査などをしてくれますので、ガスを使えるようにしていってもらいます。引越しをする場合の水道の手続きは引越しをするだいたい2−3日前に連絡をして、退去日で止めてもらいます。引越し先の水道局にも連絡をして手続きをします。これらが主な引越しの手続きですがこれらの手続きに関しては、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産会社がやってくれる場合があるので、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし、また、新築物件などに引越しをする場合にはこのほかの手続きが必要になることもありますので、不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。
引越し業者をどうやって選ぶかということについてなんですが、引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり地元の引越し業者というのもあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し業者を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合った業者を選べばいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、家具や家電付きの賃貸物件というのも最近では人気になっています。そのような物件に引っ越しをするには、作業員の人数も必要ありませんので、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。また、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、引越し業者や運送業者に単身パックのようなものがありますからこういったサービスを利用すれば簡単でお得にに引越しができるのではないかと思います。このように、引越し業社を選ぶには単身なのか家族なのかといったことや考えるのがよいのではないでしょうか。そして引越し業者によって料金はかなり差がありますので、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、料金について比べるとともに、サービス内容についても違いがないかを確認して最も条件のよい会社を選ぶとよいですね。
福岡 鹿児島 引越し
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fd9u0bro
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる