屋根瓦方式

September 18 [Tue], 2012, 21:55
当時の宮崎県は小児科医で新生児を担当する医師が少なく、産婦人科でも新生児医療を担える人材を養成し、新生児医療をカバーすることが必須だった。


人材育成の教育体制は、指導医を頂点として、中堅医がその下につき、おのおのが役割を分担しながら新入医師の教育にあたる「屋根瓦方式」を採用した。

これは現在も同様で、新人医師は、産科班・婦人科班・新生児班を順にまわって、母体及び新生児の基本的な管理について学ぶこととなる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dsag6
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fd25s/index1_0.rdf