オレ様な彼との上手なつき合い方 

December 26 [Wed], 2007, 12:34
オレ様な彼との上手なつき合い方


仲間意識の強い彼の前で、彼の友人や家族のことを批判したり、目立ちたがり屋の彼がおしゃれしたときに、気合いの入っていないファッションで登場するのは避けたほうがいいでしょう。また、一番気をつけなければいけないのは、人前で恥をかかせること。彼の自尊心を傷つけてはいけません。
自分の信じた道をまっすぐに歩んでいこうとする彼をどれだけ理解してあげられるか、尊重することができるか。エネルギッシュな彼に愛されたいと思うならば、自分にも強い意志とバランス感覚が必要ではないでしょうか。



20代前半のオレ様な彼へのアプローチ法 

December 26 [Wed], 2007, 12:33
20代前半のオレ様な彼へのアプローチ法

彼が早く目標を達成したい、人に注目されたいと必死になっている20代前半だとしたら、華やかな女性に目がいくはず。恋人と一緒に歩くだけで周囲の人の視線を集められるようなシチュエーションが彼の理想です。
彼の前では流行を意識したファッションを心がけ、メイクにも手を抜かず、そのうえで彼よりも目立ちすぎない絶妙なバランスをキープ。ゴージャスなデートで女性を喜ばせることに、自分自身も喜びを感じる彼です。ごちそうしてくれた後には、必ず感謝の気持ちを具体的に示すようにしましょう。彼の長所を思いつくまま、ストレートに口にしてもいいかも。

20代後半から30代のオレ様な彼へのアプローチ法

彼が20代後半から30代だとしたら、ほめたりおだてたりして持ち上げるだけでなく、彼の努力する姿や内面を評価することをおすすめします。カリスマ性を発揮するため、自分の理想とする姿に近づくために必死で頑張っている彼を応援する存在であることをアピールしましょう。
向上心があり、野心を抱いている彼には、彼にハッキリと分かる形で協力するという方法も有効です。仕事、プライベートで「私の存在はお得です」とあくまでも控えめに主張してみては?(高飛車な態度は禁物です)

オレ様男を口説くために知っておきたい「恋愛の傾向と対策」 

December 26 [Wed], 2007, 12:33
オレ様男を口説くために知っておきたい「恋愛の傾向と対策」

自己顕示欲が強いオレ様な彼は、とにかく負けず嫌いで自分のことが大好き。話題の中心にいるのが当たり前、もし彼の前で他の男性をほめたりしたら、とたんに不機嫌になってしまうことがあります。プライドが高く、傷つきやすい彼。つき合いが浅いうちはとくに、彼の趣味を否定したり、干渉したりするのは避けたほうがいいでしょう。

イマドキの「オレ様男「の定義とは 

December 26 [Wed], 2007, 12:32
イマドキの「オレ様男「の定義とは


ここで定義するオレ様男は
>プライドが高い
自己主張ハッキリ。自己顕示欲が強い
ファッションやインテリアなどにこだわりがあり、オレ流を貫く
窓ガラスに自分の姿が映ると自然にポーズをとるなど、自己陶酔しやすい
「男は…」「女は…」と性別の違いを意識する発言が多い
年齢や立場など気にせず、いきなり説教モードに入ることがある
独占欲が強く、嫉妬深い
頼られるとその気になりやすい
大人になっても“やんちゃ”でナルシスト。オレ様な彼は、母性本能をくすぐるタイプであるともいえます。

オレ様男は意外と(?)モテる 

December 26 [Wed], 2007, 12:32
オレ様男は意外と(?)モテる



恋人に尽くすことに喜びを感じ、頼もしい男性に愛されることで幸せを実感する女性は多いもの。男性に守られたいという意識が強く、「女は三歩さがって」という古風なスタイルに憧れる女性の目に男気あふれる男性は魅力的に映ります。
ただ、最近は「黙ってオレについてこい」とようなタイプの男性の存在そのものが激減して、競争率はかなり高め。ライバルは当然多いと考えていいでしょう。また、男性の恋愛観そのものも昔と変わってきています。彼が男らしい性格だとしても、黙ってついてこられたうえ一方的に甘えられたりしたら、それを負担に感じるかもしれません。自尊心を傷つけられるのがイヤで、自分から積極的にアピールしないことも考えられます。

女らしく楚々と構えているだけでは、恋が進展しないかもしれません。そこで、今回はイマドキの「オレ様男」に対して、上手にアピールする方法を考えてみます。