年々進化を続けるインプラントの技術。近頃

March 16 [Thu], 2017, 18:33
年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。麻酔のために入院することはまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:凜
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fceupbauttilrl/index1_0.rdf