人生を決定的に方向づける

June 26 [Thu], 2014, 14:33
負けても相手と仲良くなれるなら、その方がはるかに望ましいし、勝っても、自分が正しいことを証明したところで相手との関係が悪くなってしまったなら元も子もない。死について、あるいは、死をも内に合む生の意味について先生が語る講義の内容も然ることながら教え子に対する真撃な姿勢は印象的である。初めて先生の研究室に行った時、出席をとりながら先生は呼び方について質問した。○○と呼んでいいかな。そのうち、私のことを友だちと思ってくれるようになるといいな。哲学と出会うきっかけになったのは、高校一年生の時、その後の人生を決定的に方向づけることになった倫理社会の先生との出会いだった。ある日、向こうの方から足をややひきずるようにして顔を下に向けて歩いてくる先生を見て、私は他の先生にしていたように何気なく軽く会釈をした。すると驚いたことに、先生は、はっきりとその場で足を止めて、深々と私に頭を下げられた。先生は七十歳くらいだったので私は驚いてしまった。孫くらいの歳の私などに、そんなに丁寧に挨拶をしてもらえるとは思ってもいなかったのである。その場を立ち去ってしまってからも、何か心に残るものがあったが、その先生のことについては何も知らないままに一年が経った。


より希望をもてること

February 01 [Sat], 2014, 19:10
セッションと比較して、疲れた人はどのような気分でいるか?これまで全体と比較してどうなっているか?改善しているか?優勢な気分は何か?(悲しみ、不安、怒り、恥など。)客観的な点数と主観的な点数は一致しているか?一致していないならばその原因は何か?アジェンダにあげてもっと詳しく話し合うべき気分はあるか?1週間の簡単なふりかえりの際に、癒す人が確認すべきこと。これまでの週と比較して、前週はどのような様子であったか?改善の兆しはあるか?今週新たに起こった問題はあるか?治療や目標達成に関して、疲れた人がより希望をもてること、逆に希望をなくすような出来事はなかったか?アジェンダにあげてもっと詳しく話し合うべき出来事は起きていないか?疲れた人のアルコール、非合法薬物、薬剤(服用中であれば)の使用をチェックする際に確認すべきこと。何か問題は生じていないか?アジェンダにあげてもっと詳しく話し合うべき事柄はないか?疲れた人にフィードバックを求めたり、前回のセッションの要点について尋ねる際に確認すべきこと。
夢を買うイメージ



自然に自分の考えを集め始める

December 09 [Mon], 2013, 10:48
セッション全部を録音・再生するかわりに、セッションの最後に行ったまとめの部分だけを録音するのもひとつの方法である。癒す人が自分用に録音したい場合は、疲れた人には自分用の録音機器や媒体を持ってきてもらうようにする。次回のセッションの準備。多くの疲れた人は自然にやってくるので、ホームワークとして課さなくてもよい。多くの疲れた人は、次のセッションの最初に癒す人が尋ねるお決まりの質問を予測して、自ら自然に自分の考えを集め始めるものである。しかし、中には、セッションとセッションの間に治療のことを考えるのを避けたり、話し合いたいことを短くまとめることが難しい疲れた人もいる。こういった疲れた人には、次のセッションまでに、頭の中で、または紙に書いて、まとめを作ってきてもらうことが有用である。セッション間橋渡しワークシートが使いやすい。ホームワークは全セッションで有用である。その他に、いくつかのセッションで有用なホームワークを利用すべきである。例えば、初回セッションでは、目標リストの整理や「良いところ」リストがしばしば役に立つ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すうりん
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fcbkdiu/index1_0.rdf