思いつくままに説明する訳ではないので、思いつくままにノー

April 28 [Thu], 2016, 16:57

会社員から公務員に職を変えることは可能だと思われますでしょうか?結論を言えば可能となります。







実際、会社員として働いていて公務員に転職した方は数多くおられます。







ただ、転職をしたからといって収入アップに繋がるとは限りません。







会社員だった頃の方が給料が高かったなんてこともあるので、その辺りをしっかり見極めてから転職される方がいいでしょう。







どんな転職の理由がよいかというと、まず、心から転職したいと思ったわけを振り返ってください。







思いつくままに説明する訳ではないので、思いつくままにノートに書きましょう。







そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように説明する方法を変えてください。







転職理由の部分が長いと潔くないので、なるべく短くなるように気をつけましょう。







転職をしたら、祝い金が出る転職サービスといったものがありますが、お祝い金を受け取れるといっても、一括で全額を受け取ることはできず、一年間の分割で振り込まれることが多いので、転職費用の足しにするというわけにもいきません。







お祝い金制度を行っていない転職サービスの方が、質の良い求人情報を持っていたり、面接に通りやすい場合もあります。







仕事をしていない無職期間が長すぎると転職がやりにくいので、出来る限り退職をしてから転職までの期間を短くするように心がけて行動を起こしましょう。







面接官が長い無職の期間が気になってきいてくることもありますから、無職である間に何をしていたのか、的確に返答ができるようにあらかじめ用意しておいてください。







大企業になればなるほど賞与も多くなる傾向があるのです。







転職によって大幅に収入をアップできる確率が高いため、大手企業への転職に挑戦してみるのもメリットがあるでしょう。







しかし、大企業への転職は中小企業への転職を成功させる以上に難しいですから、こだわらないのが得策かもしれません。







違う仕事に転職するのは困難であるというイメージが強いですが、実情はどうなのでしょうか?結論から言うなら、違う業種に転職するのは難しいものです。







経験者と未経験者の2名がいた場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。







ただ、確実に不可能というわけではないですから、がんばり次第では異業種に転職できるかもしれません。







一般的に、転職者に必要とされるのはすぐにでも仕事が処理できることなので、業種を変えて転職するときは年齢とか経験をはねのけるアピールポイントがないと転職に成功しにくいでしょう。







すぐに仕事ができるような人材を求めているので、経験がなくても採用するところは多くは存在しません。







必須の資格を取ったり、事前に研修を受けたりといった努力が成功のための一歩です。







転職するためには持っていた方が良い資格も存在しますので、仕事を変える前に取っておくことをおすすめします。







別の分野へ転職を希望する人なら余計、経験に乏しいため、志願者の中では不利な立場なので、希望する職種に求められる資格を取得し備えておけばたぶんいいと言えます。







ですがもちろん、資格だけ持っていれば採用にこぎ着けられるという考えは間違いです。







ボーナスを貰ってから退職をして、やりくりをしながらまた次の仕事を探せば良いとのんきに考えている人は、それ以後、就職難に陥る確率が高くなるのでご注意ください。







いくらボーナスをいただいて会社を退職したとしても、それ以後の仕事が決まらないようでは、本末転倒です。







転職時には計画性が重要ですから、入念に検討をしましょう。







今まで勤めた業種と違う異業種に転職する人もいますので、やり方を試行錯誤すればできます。







しかし、その時は覚悟が必要となります。







なかなか決まらず、転職活動が長期化することもあります。







二十代であれば吸収が早いので、未経験者でも採用されるケースが多いですが、三十歳を過ぎてしまっていると、仕事の覚えが遅いので敬遠されるのです。







転職したい時は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っていると役立ってくれることもあるかもしれません。







MOSという資格はマイクロソフト社が公認している一定レベル以上のPCスキルがあることを証明してくれるとても汎用性のある資格です。







この資格を得るということは、つまり、ほとんどの企業で当たり前に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルなどを使用するのに必要な知識と技術があることが証明されるのです。







転職の際、資格を持っていないことに比べて転職先が希望するスキルに近い資格を所持している方が有利なこともあります。







でも、このご時世、要求されているのは、資格よりも実務経験であるため、資格がなくても実績がある方が就職に有利かもしれません。







一般的に、転職する際、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士という資格があります。







中小企業診断士の資格をとることで、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると思ってもらうことができます。







法律を熟知する行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。







働いた経験が就職活動において有利になることは多いと思われます。







人事担当だった際に面接で実感したことは、アルバイト経験がある方が受け答えがハキハキして、好印象を抱いたということです。







社会経験があるかないかの差はこういった場面でも出るのではないかとつくづく思いました。







転職先に大手企業を選んだ場合、月々の収入がアップすることが多いですが、もっとも違ってくるのはボーナスの額でしょう。







中小企業の場合だと少ないボーナスだったり、業績によってはボーナスゼロの場合もあります。







月給が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無い場合は年収480万円となりますが、年に二回のボーナスがあれば、それだけ年収には差が出てくることになります。







正社員に受からない理由は、本人にあると考えています。







その会社に入社したら、どんなことを達成したいのか、どんな風になりたいかがしっかりと決まっていないため、志望理由が抽象的すぎて、面接でも印象に残らないのでしょう。







やりたい仕事が見つかって、情熱が伝わったなら学歴も影響するかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は高くなるはずです。







まだの方は転職サイトを試してみると、他の媒体では入手できない求人情報を見付けることができるかもしれません。







それから、より効果的に転職を達成するためのコツを教えてもらうことも可能です。







サイト利用料はかかりませんので、せっかくネット環境があるのなら使わないのは惜しいことですよね。







新しい職場を見付ける一つの方法として、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。







労働時間の長さが原因で辞めた時は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」とすれば受ける感じは悪くはないでしょう。







たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスになることもあるのです。







履歴書記載の注意は、文字数が150から200文字が理想ということです。







転職エージェントは、転職を望む人に対し、その人が希望する条件に合う求人情報を知らせてくれます。







取り扱っている求人情報が比較的多いため、自分が就きたい仕事に決まりやすいです。







ハローワークとか求人雑誌には載っていないような非公開求人情報もあるので、より希望に沿った仕事に決まるかもしれません。







求職活動に成功する秘訣はハローワーク、求人のサイトの上手な活用でしょう。







この頃は、例えば、高齢者が対象の人材バンクが作られ、その人にマッチした仕事を紹介する所もあります。







人材バンクとか人材紹介会社を使って自分の職務経験といった情報の登録を行い、適職発見に繋げるのが最も効率の良い求職方法ではないでしょうか。








ママだって働きたい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fc2gb3q
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fc2gb3q/index1_0.rdf