バットガール:ザ・フラッド。

August 03 [Wed], 2011, 11:09
それまでの226968.com 悪質は別紙を参照。最近はコレばっかだなある日、ステファニーブラウンことバットガールは地下鉄ジャックを阻止したが、実行犯は何者かに操られていた。同じ頃、ゲイジ刑事とゴードン署長は、エリシウムテックの警備員が会社内で発的に自殺した事に疑念を抱いていた。ゲイジ刑事はエリシウムテック内で調査を続けていたが、会社は突然停電となり、セキュリティ警報が鳴り響く。ゲイジ刑事は保管庫に向かったが、そこにはアタッシュケースを持った男が、今にも脱出しようとしていた。ゲイジ刑事は銃を構えるが、男は意を介さない。ゲイジ刑事の危機一髪を救ったのはバットガールだった。男から血液を採取したバットガールはオラクルバーバラゴードンにサンプルデータを送信。血液には魔の星アポカリプスで作られたウィルスが混入されていた。このウィルスは機械から人へ感染して、人をテクゾンビに変えてしまう代物であった。この事件の背後にはカリキュレーターがいる。通信網を支配下に置けるカリキュレーターはオラクルの天敵でもあった。バーバラはバットケイブのシステムを全てオフラインにすると、カリキュレーターの娘であり現在はトンプキンス医師の下でリハビリに励んでいるウェンディハリスに接触するべく、行動を開始する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fbp3e378zj
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fbp3e378zj/index1_0.rdf