喧嘩した後

November 16 [Wed], 2011, 18:53
ごめんね。何かでお返しするから。

いつもいつも、そんな台詞を彼には言っていた気がします(苦笑)

当時の彼は、私がふと漏らした「願い」にたいして先回りするように動く人でした(´・ω・`)
私が少し忙しくしているうちに
「この前言ってた○○、はいどうぞ」
と手渡された事が何度もありました。

私としてはそれがまるで「おねだり」しているみたいに見えているのでは無いかと不安に思い彼に話をした事がありました。
「いやいや、おねだりはしてないでしょ?ただ、俺がやりたいだけだからいいの(´∀`)」
と笑う彼。

何かある時には少しずつ何らかの形で「お返し」はしていたものの、追いつかない状況でした(苦笑)

「もう大丈夫。自分の事は自分でやるから」
といっても彼の態度は変わりませんでした。

当然、皆にするわけではなく私にのみ、そんな事をしてくれる彼だったのですが、私としては嬉しさと共に心苦しさをその都度、感じていました。
そして気がつくと嬉しさよりも「負担」のほうが圧倒的に大きくなっていったんです(´・ω・`)

「もう彼の前では言わないでおこう」
そう考えてしまうと、何を話してよいのかさえ見失ってしまって(苦笑)
結局、甘え続けた私の自己嫌悪と彼の‘施し‘の負担でお別れしてしまう結果になりました。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fblog4/index1_0.rdf