ご存知ですか〜?No.1。

August 31 [Wed], 2011, 0:53
ヘアードネーションというものを、ご存じでしょうか先日しました。多聞が産まれてから、一度か二度カットした後、三年以上は伸ばし続けていた少し癖のあるあまり綺麗ではないし、抜け毛切れ毛が多い私の髪の毛を寄付という形で使って下さる団体様にお渡しいたしました。髪の毛の寄付です。以下コピーです小児ガンや白血病、先天性の無毛症や不慮の事故により髪の毛を失った子供達や女性をサポートしながら、医療用ウィッグの無料提供を行っている法人です。また、日本初にして唯一ヘアドネーション毛髪の寄付を受け付けている団体でもあります。こちらは、大阪にあります。私が髪の毛の寄付ができるという事を知ったきっかけは、ある日のニュースでした。看護学生が病気の治療や病気などで髪の毛が無くなってしまった方にウィッグを作ってプレゼントするため髪の毛を伸ばし続けてきて、その髪をボランティアの美容師さんにカットして貰っていました。その髪を使ってウィッグを作り、そのウィッグを希望する方に届けるところまで放映されていました。ウィッグをいただいた方は治療費だけでいっぱいいっぱいでウィッグを購入する余裕がありません。女性の方で髪がないということで精神的に落ち込んだ気持ちになるとのことでした。だけど、ウィッグをいただき、けてみると凄く表情がよくなり気持ちまで明るくなりますとにこやかにその方がおっしゃってました。それを観て、単純な私は伸ばすだけなら私にもできると、思い髪を伸ばすことに決めました。その時、インターネットでヘアードネーションをしている団体を検索すると日本にはなくアメリカにあるということを知りました。伸びたら、そこに送ろうと思い伸ばし始めました。でも、髪の量をあまり減らさずに紙を傷めずに伸ばすということは思っていたより簡単ではありませんでした。カラーパーマは痛むからしないカラーは興味がなかったのでよかったのですがストレートパーマはあてたくなりました我慢ガマン髪の毛の量が多い私は髪の毛をすきたくなりました短いけが増えるとそれだけ使って貰えなくなるからガマン我慢長い髪をくくらずおろしたいけれど、おろしたら膨張しすぎてボサボサに我慢ガマンと、毎日くくるように。どれも贅沢な悩みです。づく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fb5p7g4qgc
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fb5p7g4qgc/index1_0.rdf