【 更新情報 】

スポンサードリンク

FAX送付状テンプレート

FAX送付状のテンプレート

FAX送付状のテンプレートとしては以下のようになります。
これがまずは最もシンプルな形になります。


FAX送付状←大きく目立つように書きましょう。

   日付 2008/12/24

――――――――――――

会社名(●●株式会社)     ←詳しく書きましょう。

――――――――――――

 あなたの役職(部長)

――――――――――――
   所属(人事)
――――――――――――
   氏名(田中●子)
――――――――――――
 電話番号(06-●●)
――――――――――――
  FAX(06-●●)
――――――――――――
    FAX内容    ←書類の大まかな内容を書きます。
――――――――――――
    送信者名
    送信元宛先
   送信元電話番号
    送信元FAX
このように必要事項は絶対に抜かないように書きましょう。

FAXのテンプレートとマナー

ちょっと細かい話にはなりますが、FAX送付状とFAX送信状の違いというのはどんなものなのかという質問が前にありましたが、これは特に違いはないですよ。
日本語独自の言い回しのような感じだと思っておけば大丈夫です。
私の会社内ではFAX送付状という文字を最初に書いてテンプレートとしていますが、それも絶対の決まりは無いようです。
ちなみにFAXのテンプレートといのも種類がたくさんあって選ぶのに困ると思うのですが、実はこのテンプレートもあまり細かいことは気にしなくても大丈夫なんです。
結局は相手の方にどういう内容の案件なのかを伝えることが出来ればいいわけですから、あまり細かいことは気にしないでおきましょう。ただし、電話の対応と同様に、FAXにもちゃんとマナーを持って接しましょう。送り方などは普通に送れば大丈夫ですので。最低限の社会人としてのマナーが非常に重要です。

FAXテンプレートをダウンロードしよう!

FAXテンプレートをダウンロードする方法について解説します。
まず、FAXテンプレートというのはワードやエクセルで完全無料でダウンロードすることができるんですよ。
どうやるかといいますと、まず、ワードを起動します。エクセルも同様です。
ワードの場合は『ファイル』から新しいタブをクリック、『このコンピューター上のテンプレート』をクリックしてFAXのテンプレートをクリックすると完了です。
このようにして非常に簡単にFAXのテンプレートをダウンロードすることができるのが、みなさんもやってみてはいかがでしょうか?ちなみに私は自分でFAXテンプレートを自作して使っています。
いろんなやり方がありますが、それぞれ好きな方法でダウンロードしてみましょう。