みなみだけど神山

June 16 [Thu], 2016, 11:16
最近の研究成果でインフルエンザを予防していくには乳酸菌がかなり有効だということが知られてきました。

インフルエンザに関してはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。



ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力が上がって、インフルエンザ予防になったり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。便秘に苦しんでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。


効果があった対策は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、毎日実行したのです。

この対策を実施しているうちに、おなかの調子がよくなってきて、ひどい便秘になることもなくなりました。
アトピーの治療に用いられる薬は、年々高い効能になっています。


言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で正しく用いるということが重要です。仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師や看護師の指示を受けるか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。独りよがりの判断は好ましいことではありません。



屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。
屁の臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。

というわけで、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるのを防ぐ能力のある乳酸菌を摂り続けることによりおならの臭気を和らげることができます。

元々、母はひどいアトピー持ちです。遺伝したみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。いつも肌がカサカサになって、毎日保湿を欠かすことができません。



お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も厳しいのです。母を責めるわけではないのですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、恐ろしくなります。赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、はなはだ大変なことになりかねません。



まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。

インフルエンザ患者が多い時には、絶対に外出させない方が正解かもしれません。


お腹が便で膨れて苦しんだ事って絶対に一生に一度は体験したことのある方ばかりだと思います。
私もその一人で、最悪の場合は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。便通を良くする薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖を飲んでいます。


お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。
この間、インフルエンザにかかり病院に診てもらいに行きました。

何日くらい潜伏期間があるものなのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染してしまったのかなと思っています。



3日間発熱し続け辛い3日間でした。
インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽咲
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/faxe9lhsilo9op/index1_0.rdf