『V』 from "V for Vendetta" 

October 01 [Mon], 2007, 0:48


 【ツボ度】★★★★★(最高5点)


 洋画“V・フォー・ベンデッタ”の主人公、「V」です。
 全身黒づくめの「仮面男」(しかもスプラッタ殺人鬼ではない)が出てくる映画ということで、「仮面フェチ」として観ないわけにはいきません。ワタクスにとっては、期待以上の良作でした。


 【Vのイケメンポイント】

 ボディ…マントを外した普段着は黒のスーツ(?)を着用。肩から尻にかけてのラインがたまりません。so sexy

 容姿…全身がとにかくまっ黒です黒が似合う男はイイね黒手袋にオカッパ頭、マント…と何てツボなポイントが多いのでしょ☆
 そして彼の仮面、最初見たときは正直「何この変態」と思いましたが(笑)、彼のキャラクタがわかるにつれてとっても雰囲気に合った表情をした仮面だな〜…と感じるようになりました。

 ボイス…低いトーンのイギリス英語発音にメロメロんなりました。“V”役のヒューゴ・ウィービング(指輪物語で見たことある)の声だそうで。耳元で囁かれたら昇天します、確実に
 イギリス国民から見ると別に大したことないフツーの発音なのかもしれませんが、ンなことワタクスはジャパン人なので関係ナッシン☆

 性格…高貴で学識が高く、知性にあふれています。品格が備わっていて、しかも優れた身体能力を有していますので、劇中でも沢山のメロメロな剣術シーンを披露してくれま〜す何か超人めいた人だそうで。じゃないと仮面つけて姿完全に隠して生活なんて出来ないよね〜(納得)。
 更に、紳士的で究極のサディストですね彼は。サドめ

 苦悩…途中出てくる、落ち込んでる彼の姿はムラムラさせるものがあります。(別に裸とかサービスカットがあるとかじゃありません、あしからず)


 彼は外見だけだとただの変人です(笑)。
 彼の魅力は、実際に映画を見て、その高貴さ・強さ・過去と心の闇・優しさ・サディストさを見て初めて感じるものだと思いますシリアスな内容ですが、オススメです。

 そんな彼には今夜にでも迫られたい…。ホストクラブにいたら確実に指名しますね。 ←おらんて 

ご挨拶 

October 01 [Mon], 2007, 0:11
まずは、ご挨拶。

 破廉恥(はれんち)エム子と申します。20代女性です。
 趣味は、“妄想”です。
 映画だろうが何だろうが、物語などを味わうときは無意識にイケメンを探して悶えています。
 ハタから見れば、ただの欲求不満と思われるかもしれません(笑

 “妄想”は、私たち人間の持つ最も優れた能力の一つです。
 女性の皆さん、せっかくだからそれをバンバン駆使して、トキめいて、女磨きしていきましょう。

 これから私が目にした映画・音楽・ドラマ・漫画・ゲーム・アニメに登場したイケメンたちを自分なりの言葉でご紹介していこうと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:破廉恥エム子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・恋愛-イケメンで妄想しまくり
読者になる
ブログ方針:
 映画やアニメ、ゲームには往々にして「今夜にでも抱かれたい…」とシビレさせるイケメンたちが存在する。
 そんな彼らをミーハーに紹介しちゃうブログです

 非現実世界の人物あり。管理人の独断と偏見により勝手気ままに語ります。
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31