脂肪吸引、クリニックを選ぶ方法には

June 27 [Sat], 2009, 20:47
脂肪吸引をしたいと考えたときに、どこでやるのがいいのだろう?と悩まれる方は多いと思います。

クリニックを選ぶのはとても重要です。

費用は安ければ安いほどいいにこしたことはありませんが、技術が伴わなければ失敗につながる可能性もありますよね。

本当は自分の周りに実際にやった人がいて話を聞けるのがいいのですが、なかなかそうもいかないものです。

脂肪吸引は美容外科、美容皮膚科、大学病院で施術することが可能です。

そこでのカウンセリング自体は基本的には無料だと思いますので、そのカウンセリングを見極めるための方法として最大限に有効活用するのがいいと思います。

では少しクリニック選びのポイントを挙げたいと思います。

参考にしてみてください。

【対応】まず、目ぼしいクリニックが見つかったら事前に問い合わせをして、電話やメールの対応や反応を見極めることが重要です。

対応でそのクリニックの雰囲気などを掴み取ることができるかもしれません。

何がよくて何が悪いのかは一概に言えませんが、「なんとなくいい感じ」「対応が親身」などとご自分の直感でいいなと思ったら実際に行ってみてもいいかもしれません。

また、対応内容が雑だったり、説明不足だったり、事務的対応だったり、愛想が悪いとかいうようなところは要注意かもしれません。

とにかくこちらは初めてなのだから対応も親身になって答えてくれるところの方が安心して任せてもいいかなって感じになりますよね。

また、ホームページ上でオンラインカウンセリングをやっているところもあるなど、ある程度ホームページを見ておくのも参考になると思います。

脂肪吸引のルーツとは?

June 27 [Sat], 2009, 20:46
脂肪吸引の歴史と言うのは比較的浅く、始まりは1980年頃だそうです。

医師はフランスのイルーズという人でカニューラという吸引法を用いたそうです。

当時は今ほどの技術がもちろん無いために、脂肪の吸引量も分からなくて、吸引量が足りないために思うようなスタイルにならなかったり、出血量もすごくて輸血が必要だったりなんていう状況だったようです。

色々模索していたのではないでしょうか。

しかし、現在では技術や器具が高度に発展したため、高度な効果はもちろん安全性も高くなってきています。

その上当時はただ脂肪を吸引するということだったかもしれませんが、吸引することでよりよいボディラインが生まれるよう吸引技術にも彫刻アートのような芸術性が期待できると思います。

しかし、この効果をあげるには確かな技術が必要となってくるために成功の鍵は医師が握っていると言ってもいいかもしれません。

近年の脂肪吸引における進歩は著しいものがあります。

吸引管の工夫や開発、医師の技術の進歩、医療機器の進歩などより安全性を高めていっているかもしれません。

しかし、これだけ進歩しているにも関わらず知識も技術も足りない「専門医」がいるのも事実なのです。

このように技術も知識も足りない医師に施術されると、失敗する可能性も高くなります。

近年の失敗の大半は医師の技術不足によるものだと言われています。

失敗すると脂肪が変に除去されたり、思うようなスタイルにならなかったり、最悪は人体にまで悪影響を及ぼす場合があるのです。

こういう失敗をしないよう、医師側の技術向上はもちろん、患者側の見極め力も重要になってきます。

脂肪吸引でダイエット

June 27 [Sat], 2009, 20:43
脂肪吸引という言葉を耳にすることってあると思うのですが、脂肪吸引とはいったいどういうものなのでしょうか?脂肪吸引とはカニューレと呼ばれるストローみたいな金属製の吸引管を使用し、脂肪自体を吸引するという外科手術です。

しかし、吸引できる脂肪にも種類があり、皮下脂肪は吸引出来ますが残念ながら内臓脂肪は吸引出来ません。

脂肪吸引をしても脂肪自体はあまり重さがない為に、体重はあまり減りませんが、余分な脂肪を除去することで見た目がスッキリとして変わりますのでダイエットしたような感じにはなるかと思います。

また、短時間で痩せたい場所を確実に痩せさせることが出来るという利点を持っています。

通常のダイエットだと部分痩せと言うのはかなり難しく、思うようにダイエットできないのがありますよね。

例えばお腹回りをダイエットしたかったのに、気付いたら胸が小さくなっていたとか、よく聞く話のように思えます。

また、脂肪細胞は増えないので一度除去したらその吸引した箇所のリバウンドはないと考えていいと思います。

ただし食べ過ぎなどによる脂肪の膨張はあるかもしれませんので一概にリバウンド無しとは言えませんが…。

脂肪吸引ができる場所ですが、最近では技術が向上している為にあらゆる場所で脂肪吸引が出来ます。

主な吸引場所ですが、頬、アゴ、二の腕、お腹回り、お尻、太ももなどが挙げられます。

また脂肪の再利用ではないけれど、除去した脂肪を胸に注入するという方法もあるようです。

ただし、脂肪は全て除去できるかと言うとそうでもなく、個人差がありますが肥満度や筋肉量から判断して除去できる脂肪量が決まるようです。

脂肪吸引はメスを使わない方法

June 27 [Sat], 2009, 20:40
脂肪吸引というと、メスでカニューレを挿入する部分を切開するという行為をする必要があると思いますが、体にメスを入れる分、体への負担も大きくなるというのは避けられないことです。

しかし、ここ最近メスを使わないで出来る脂肪吸引の方法があるというのはご存知でしょうか?本当はこのメスを使わないでやる方法を「脂肪吸引」というようには言わないようですが、イメージ的にこの方が分かりやすいと思うので敢えてこの言葉を使ってお話させていただきたいと思います。

メスを使わない脂肪吸引!これは「メソセラピー」「カーボメッド」という新しい脂肪吸引の方法なのです。

【メソセラピー】メソセラピーは本来の脂肪吸引で行う、メスを使うということ、麻酔をかけるということはありません(麻酔に関しては例外がありますが)。

数種類の薬を注射器によって体内に注入するという方法を使います。

痛みに関してですが針がかなり細いために痛みを感じることはほとんどないということです。

その上短時間で施術も終わります。

この注入された薬剤では脂肪を溶解することができるのですが一回の注入する量には限界があるために、数回にわたって施術を受けなければならないという難点があります。

しかし、メスを使わないために脂肪吸引に抵抗がある人にとっては画期的な方法かもしれません。

この他にカーボメッドという方法もありますが、これは炭酸ガスを体内に注入するという方法です。

詳しくはかきませんがどちらをとっても体に優しく、メスを使わないという施術方法になります。

脂肪吸引、背中と顔にすることで

June 27 [Sat], 2009, 19:40
【顔】顔が太って見える原因に、頬やアゴの下についた脂肪があることがあげられます。

ですから顔の脂肪吸引はしもぶくれの人に適している施術方法なのではないかと思います。

この部分の脂肪を除去することで今タプッとしている顔のラインがすっきりとすることになると思います。

脂肪吸引の方法ですが、頬の場合は耳の後ろから、アゴの場合はアゴのシワから数ミリ切り、カニューレを挿入して脂肪を吸引します。

どちらにしても傷は目立たなくなるまで回復します。

施術そのものは30分程度と比較的短いですが、術後およそ1週間ほどは腫れてしまいますのでその点は理解しておいた方がいいと思います。

ただし、顔の吸引の場合、失敗してしまうと逆に老けたような印象になる場合があります。

【背中】背中は肩甲骨の下あたりに脂肪が付きやすく、下着などで締め付けられると食い込むような見た目になってしまいます。

また年齢を重ねるとなかなかダイエットをしてもとれにくいと言うのが現状です。

脂肪吸引をする際には下着で隠れる場所に傷をつけて脂肪を吸引します。

ですから傷痕も目立たないと思います。

施術時間は30分?1時間位と短いです。

吸引後はしばらく腫れてしまいますのが、腫れが引くと背中もすっきり見えるようになり、水着など背中が開いているものも自信もって着られるようになるかもしれませんよ。

どちらの場合も術後のケアをしっかりし、より良い体を手に入れるようにしましょう。

脂肪吸引のクリニック選び方

June 21 [Sun], 2009, 20:29
脂肪吸引をしようと思った場合、どこのクリニックに行こうとかクリニック選びは重要なポイントとなると思います。

【カウンセリング】ここではクリニック選びのポイントとしてカウンセリングがあると思いますのでご紹介したいと思います。

参考にしてみてください。

まず、脂肪吸引とはどんなものか、どの箇所をどのくらいの割合で吸引することが可能なのか、また、長所だけでなくリスクはどんなことがあるのか、アフターケアは何があるのかきちんと説明してくれるというのは大きいポイントとなると思います。

次に患者側の不安要素に対して親切丁寧に質問など納得がいくまで答えてくれかどうかもポイントです。

また、カウンセリングをした医師と施術する医師が違うのではカウンセリング内容がうまく伝わっているか患者側からしたら不安です。

同じかどうかもポイントとなると思います。

というようにいかに親切丁寧に教えてくれるか、担当の医師とコミュニケーションが図れるかがクリニック選びのポイントとなると思います。

【アフターケア】脂肪吸引は施術だけでなく、アフターケアも重要なポイントです。

アフターケアがしっかりしてないと理想のボディラインにはならないと思います。

手術後の感染予防のための薬、ボディラインを整えるための補正下着、体のお手入れ方法など術後のケアがしっかりとしていないとトラブルの原因にもなりかねませんので、しっかりと見極めることが重要なポイントとなると思います。

脂肪吸引の効果って?

June 21 [Sun], 2009, 20:28
脂肪吸引と言うと脂肪を吸引するんだなんて読んで字のごとくしか分からない場合が多く、いったいどういう効果があるのかが分からないと言った人が多いと思います。

脂肪吸引とは脂肪を除去したい場所に直接カニューレと呼ばれるストローの様に細い吸引管を差し込み、脂肪細胞を吸引するという治療方法です。

効果ですが脂肪を直接除去していますので見た目すっきりとして見えるという効果があります。

また、脂肪細胞は増えないので吸引で除去してしまえば減ったままになりリバウンドが起こらないというメリットもあります。

ただし、脂肪細胞は大きくなることはありますのでリバウンドしないからと言って暴飲暴食をしてしまっては意味がないのでご注意ください。

脂肪吸引では痩せたいところが痩せられるというメリットがありますが、目に見えて効果が見えるところは太もも、お尻、お腹まわりなど脂肪が多いところだと思います。

逆に効果が見えにくいところはふくらはぎや足首など脂肪が比較的少ないところだと思います。

また、覚えておいてほしいのは脂肪というのは除去したい分除去できるわけではありません。

個人個人の筋肉量や肥満度によって決まりますので担当の医師に相談してみてはいかがでしょうか。

次に体重ですが脂肪自体は水に浮くくらい軽いので脂肪を除去したからと言って体重が劇的に減少する訳ではありません。

ですから、体重に関してはあまり期待しない方がいいとは思いますが、見た目はかなり痩せたと感じるくらいになると思いますので、充分な満足感は得られると思います。

脂肪吸引をするときの全体像

June 21 [Sun], 2009, 20:25
脂肪吸引を行う際、実際にはどういう流れで行っていくのでしょうか。

以下に説明するのは一般的な流れですので参考程度にしかならないと思いますがご紹介したいと思います。

まず、クリニックや美容外科でカウンセリングを行います。

悩み、不安、脂肪吸引したい場所などをカルテや問診票に記入します。

ここでどれだけ親身になってくれるか不安を解消してくれるかどうかでそのクリニックや美容外科をある程度判断することが可能です。

例えば医師じゃない人がカウンセリングをしたり、質問にはきちんと答えてくれなかったり、こちらの状態をよく把握してないうちにやたら脂肪吸引を進めてきたり、そういうクリニックなどは止めたほうがいいと思います。

また、脂肪吸引だけでなく食事療法や運動療法など痩身に関する質問などかできるところなどはよりベストなのではないでしょうか。

次に脂肪吸引する際のデザインなどを確認しておきます。

自分がどういったような形にしたいのか明確に確認しておきましょう。

脂肪吸引手術は基本的には局所麻酔で行われますので痛みを感じずに手術を受けることが可能です。

また施術箇所にもよりますが施術時間は短くて30分?1時間位、長くて3?4時間位です。

大半は日帰りが可能ですが場合によっては入院が必要な場合もあります。

術後の痛みですが基本的には筋肉痛程度の痛みだと思っていただければと思います。

施術の範囲によっては痛みが強くなる場合もありますので、痛み止やアフターケアがきちんとしているところなどを選ぶようにしましょう。

ふくらはぎを脂肪吸引

June 21 [Sun], 2009, 20:23
ふくらはぎも脂肪吸引ができる場所であるということはご存知でしたでしょうか?ふくらはぎは筋肉もつきやすい場所であるために脂肪があまりない人もいます。

脂肪がかなりついているふくらはぎは別として、そこまで太くないふくらはぎの場合は脂肪吸引をしても目に見えて効果が現れにくい場所だと思います。

ですから、きれいな足のラインにこだわっている人などが施術する場合が多いと思います。

ふくらはぎの脂肪吸引と言うのは他の箇所に比べると難しいみたいで、脂肪が少ない箇所のために脂肪を取ることが目的ではなく、いかにきれいな形で脂肪を残すかということが要求されるようです。

ですから、かなり技術を持った医師が行った方がよりきれいに、より安全に仕上がってくるものだと思います。

また、脂肪吸引を無理にしなくてもスッキリさせる方法はあると思います。

例えばふくらはぎの筋肉を鍛えるとか、むくみが原因の場合はむくみ解消のためにマッサージや半身浴などをするようにするなどしてもいいと思います。

これを地道に行っていくことで脂肪吸引をしなくてもスッキリとしたふくらはぎを手に入れることが可能になってくると思います。

ふくらはぎの脂肪吸引の費用ですが目安としてはだいたい30?40万円位両足でかかると思います。

あまり目に見えて効果が出にくい場所にしては高い値段設定だと思いますが、高度な技術を必要とする分、高い費用なのだということがわかると思います。