ITに特化したIDCジャパン、

February 13 [Mon], 2012, 17:19
ITに特化したIDCジャパン、調査会社は、2011年6月9日第1四半期の国内携帯電話出荷台数(2011年3月1月?)に発表されています。第1四半期の86600ユニットの数はプラス成長の6つの連続した??4分の2で1.6%上昇した。 [詳細]画像四半期が含まれており、スマートフォンの出荷台数は大幅に拡大しています。 44.9パーセントのスマートフォン出荷台数、端末はGoogleのAndroidオペレーティングシステム、携帯電話の出荷台数の割合が装備され、出荷台数は約290万台を記録した。この図は、約3倍米AppleのiPhone出荷台数に相当します。さらに、端末メーカー、シャープがスマートフォン市場で記録されている、最大の出荷台数のシェアで初めて受賞しました。会社の隣に、このような結果を取得する株式の23.0パーセント、それはトップ20四半期連続となった。第二に、東芝/富士通が首位との間のシャープな違いは著しく、その結果を削減、21.5%の市場シェアを獲得しました。東部の地震の負の影響の第二四半期が、需要が重点を置いて、スマート·フォンに強い性能によって駆動される都市部となっているようだ。 IDCの日本を引き合いに、懸念の四半期に、Appleは上位3国内の携帯電話市場では初めてです "しかし、同社のシェアは、単一のモデルiPhone(16GBモデルのみのモデルを出荷し、11.4パーセントです。 32ギガバイトのモデル)、それがトップ3であり、担体は、有限会社、2000年以来初めて、となった場合です。 2011年第2四半期の見通し以降、木村徹氏は、サービスおよび顧客ソリューション、IDCの携帯端末のシニアアナリスト、調達2011年地震東部の第2四半期、出荷台数は約分析が大幅にダウン、マイナス成長になっている可能性があり、それはスマートな携帯電話ですので、しかし、需要は今年の第3四半期に、強いままで、再びプラス成長を再開します。 (Computerworld.jp)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fasdfczxcw
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fasdfczxcw/index1_0.rdf