人生の美 

2006年06月03日(土) 17時54分
あたしの人生の美

それは金儲け信頼できる仕事のできる女友達。

別に友達なんていなくても生きてける。

あたしが今まで生きてきて感じたこと。

別に努力しなかったわけじゃない。

逆にいつも女友だちが欲しくてたくさん努力してきた。
でも、いつも利用されるか、無視。
人間と認識されてるのかな?って扱いされたことも。

あたしも多分いろいろ悪いところがあったと思うし、
今考えれば団体行動がまったく苦手だったし、
型にはまったことができなかった。
最低限の決まりくらいしか守れてなかった。

東京出てたくさんの男にも女にも出会い、
良い生活もどん底の生活もした。

そこできづいたのは、あたしはバカだということ。

つまり、普通に生まれてきたらできるような、
人を大切にするとか、
迷惑をかけないとか、
就職するとか、
一人の男を愛して結婚して子供産むような・・・・
そんなことが基本的に努力してもできない。

だから何か物事を起こすときも、人間関係を保つのも、
すべて金
これが基本。
金の切れ目は縁の切れ目。
一昔前は普通の人の考えがあったから、
そんな悲しいことは考えないようにしてた。
でも、あたしは心の弱い子だし、けっこう不幸ごとが多いから
誰かに助けてほしいと望む。
けど、ある日ね

あたし普通の子と違う人生なんだから、
みんなと同じ幸せをみつけようと思ってもダメなんだ

だからあたしは皆が友だちとショッピングするなら、
あたしは金稼ぐし、

皆が海外へ友だち旅行するなら、
夢を叶えるために、パートナーを探して、全力投球する。

何が幸せで、何が不幸かわかんないけど、
とりあえず、マンションと一軒屋と犬・猫たくさん買えて、
白いグランドピアノも買えたらとりあえず幸せな気がする。





同棲の中の美 

2006年06月01日(木) 22時53分
好きな人と住んで早3ヶ月。
毎日、仕事に休まず行く、月収80万以上稼ぐ彼。
なので「彼が家に帰ってくるまでに」私が心がけてる「美」は、

1.帰ってきた瞬間はいい匂いの空気にしておく。
  意外毎日家にいると、生活臭に気づかないから、換気とおこうで適度に匂いをさせる。

2.お風呂を沸かしておく。
  仕事でどれだけ疲れたかは、本人にしかわからないもの。
  お風呂に入ってさっぱりしたい日もあれば、おなかが空き
  すぎてご飯を先に食べたいかはわからないし。

3.お風呂は一緒に入る。
  うちは3LDKだけど、プライベートルームは一緒。
  だから2人の会話は、お風呂で交換し、背中を流し合い、どこが疲れてるか、
  太ったか確認しあう場にしてます。

4.どんなにケンカしても一緒に寝る。
  ケンカしたままなんてありえない。
  必ず仲直りの「チュウ」をお互いするし、一緒に抱きあって寝る。
   

こんな感じです。同棲すると、女が腐ると言う人もいるけど、常に女でいれるし、あたしは同棲スキです。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像同棲はたのしいですよね。
» 同棲の中の美 (2006年06月01日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fascinate-non
読者になる
Yapme!一覧
読者になる