臆病者の夜 

May 23 [Sun], 2010, 23:04
空を見上げれないのは

君の眼を見つめれないのは

本心を言葉に出来なのは

受け入れれない事を消化できないのは


僕が臆病だから


季節が移りゆくたびに
感傷的になっては
今この瞬間
新しい季節の匂いに
負の感情が
浄化してくれたら
どんなにいいかと
他力本願な事を願う

傷は何時になったら
癒されるのでしょうか
違うね
臆病者の僕自身が
きっと
傷に囚われているだけ
柔らかな風が
背中を押してくれているのに
意地になって立ち止まっているだけ

歯を食いしばって
一歩進む勇気を持てるだけでも
勇気が欲しい
強さが欲しいよ

夜明けを待つ夜に思うのは
そんな事ばかり





歩んできた道 

February 06 [Sat], 2010, 0:24
今更ですが

明けましておめでとうございます。


随分とサボり続けてしまいました。
まぁ一番の言い訳は
パソコンが壊れたから。
あとは、なんやろ。
自分がどうやって言葉を紡いできたのか単純に解らなくなったから、かな。
少なくとも5年前の私なら、ケイタイでも出来た気がするんだ。
根拠はないけど。
なんとなく、ね。


いろんな事に対して、
遠ざかる事で無かった事にしようとしてるわけやない。
ただ、考えないようにしてる自分がいるのは確か。


でも以前のように
立ち止まっていたらいかん、
一歩でもいいから踏み出さなきゃって
張りつめた感じやなくて
ちょっと肩の力を抜けた感じで
そろそろ次の段階に行くべきなんじゃないやろかと
思うようになってきた。

正直、直面したら
やっぱりまだ無理だって思うかもしれない。
でも結果がそうだとしても
そう気づく事はマイナスではない。

そう思える今日この頃。

そして
そう思えるようになっただけでも
今此処にいる意味はあるんだって信じたい。

いちねん 

May 25 [Mon], 2009, 0:23
お久しぶりでございます。
みなさま、お元気でしょうか。。。


引っ越しして1年たちました。
よーやく此処に居ることに
慣れてきたよーに思います。



だからこそ、
ゴールデンウイークは
名古屋と地元に
1年振りに帰れたんだろうなぁ。


会いたいと思える人と
ほとんど会えたけど
会えなかった人もいるから
また今度会えたらいいなぁ。
またねって言える。
心が暖かくなれる思いを、ありがとう。



連休で思ったこと。
1年で変わってゆくモノも
変わらないモノもあって。
それぞれが当たり前のように存在するけど
でも、当たり前なモノなど限られてる。
いつの間にか無意識に
心の片隅に追いやっていたモノを
ほんの少し取り戻せた気がするよ。


そう思う事は傲慢かな?

ちっとも一歩を踏み出せずにいる私だけど
頑張るよ。

ヒカリ 

May 25 [Mon], 2009, 0:19
君が望んでいたモノは
なに?

僕が望んでいたモノは
いつも いつも
小さな光


君が怖がってたモノは
なに?

僕が怖がってたモノは
いつも いつも
迫り来る闇


時々
吐き気さえするんだ
弱すぎる自分に

時々
我に返って
打ちのめされるよ


『今、幸せ?』と
呟いた君
『不幸、ではない』と
囁いた僕

今度会えた時は
『幸せだよ』と
微笑んでいる自分でありたい
微笑んでいる君であってほしい

おおかみ 

April 27 [Mon], 2009, 0:17
ガォー ガォーって
叫んだら
泣けるかも
素直にね
そうなる事は
素敵で
だけど息苦しいから
ちょっと たんま

かわいいカエルの子は
ピョンピョン飛んでいって
いつの間にか抜かされてた
ウサギもカメも
ずっと先にいて
届かない

影へ 影へ
隠れた
そして泣けなくなった
日だまり浴びて
もっと走りたいな
それって素直になること?
解んないけど
ちょっとセンチメンタル

ガォー ガォーって
叫んだら
泣くはずだ
ボロボロに

本当はね
寂しくって哀しくって
隠れたの
ちょっとバカ
本当はみんなで走りたいな
好きとか嫌いなんて
ややこしい事は置いといて

おおかみ なんて言わないで
寂しがり屋の生き物
此処に居るよ

臆病なボクサー 

March 22 [Sun], 2009, 0:17
待たなくていいよ
待つ心細さなど
君は知らなくていい
忘れてもいいよ
忘れられる哀しさなど
君は知らなくていい

嘘だよ
置いて行かないで
嘘だよ
忘れてほしくない
本当は
君に会いたいよ
本当は
君と繋がっていたい

そう素直に
言葉にできない僕は
結局
世界一大嫌いな自分が
かわいいだけの
臆病者です

求めるほどに
失った時の崩壊が
情けないほど
怖くてたまらないんだ
かわし方が解らないんだよ
知ってるなら誰か教えてよ

君なら辿り着いてると
そう思ってたんだ
でも
君も僕も同じ
だからこそ
巡り会えたんだ
今はそう思える事が
ただ ただ嬉しい

空中ドルフィン 

December 16 [Tue], 2008, 0:32
僕の中で
曖昧なモノは
少ない
好きも
嫌いも
受け入れるのも
拒否するのも
一度
決めてしまったら
揺るがない


自己嫌悪の後に
残るモノが
虚しさだなんて
滑稽すぎて
思わず苦笑した

どうやら
まだ無理みたいだ
空をまるで
自分のテリトリーかのように
泳ぎ回るコトぐらい
難しいみたいだよ

どうしてだろうね
解りきってた筈なのに
再確認するたびに
哀しくなるのは

『いつかは』なんて
呟いてみても
その『いつか』が
訪れる保証なんて無い

『いつかは』なんて
呟いてみても
その『いつか』を
受け入れる覚悟も無い


虚無感ばかりが
広がってゆく
いっそ
『いつかは』なんて
断ち切ってしまえる
覚悟をすべきだろうか

夢の話 

December 04 [Thu], 2008, 0:38
夢を見た
いろんな意味で
僕の人生を動かした人
もう二度と夢でさえ
会うことはない気がしてたから
目が覚めて動揺した
嘘だ
本当は夢の中でも
動揺してたよ
なんで今更なのかって
考えたんだ
少しずつで構わないから変われたら
進めたらって
思ってた
でも
『お前は何処に居たって
変われやしないよ』
そう言われてる気がして
何だか切なくなった


僕が本当に望むことは
叶わない
だって
せめて夢で会いたいと
願うあの人は
ずっとずっと
現れてはくれなから
頭をなでて
抱きしめてはくれないから

深海バタフライ 

November 17 [Mon], 2008, 23:35
知ってるよ
今の僕に居場所がないことくらい

だから
何処に居たって
違和感が付きまとうんだ


雷鳴が響く雨の日
遠く離れた場所に
思いを馳せていた

願わくば
遠く離れたあの場所は
晴れ渡る空が
広がっていますように

願わくば
遠く離れたあの場所では
多くの笑顔で
溢れていますように


此処には
微かなヒカリしか
差し込まないけれど

此処に
存在する不自然さに
息苦しくなるけれど

見上げた青の美しさは
忘れてはいないから


だから
強がりと解っていても
『また、ね』
そう言わせてほしい

星空 

November 10 [Mon], 2008, 23:06
崩れ落ちてしまわぬように
見上げることができなかった星空
臆病者の僕の背中を
押してくれた君


本当は
すごく寂しくて
隣に居てくれた
あの頃に戻りたいよ
だけど
戻れないことなど
解りきってるから
涙が止まらないんだ
失ってからじゃなきゃ
気づけない愚かな僕を
なぜ強く強く
引き止めてくれなかったの?
なぜ強く強く
抱きしめ続けてくれなかったの?
僕の強がりを
誰よりも解ってたはずでしょ?
それが君の優しさだったというのなら
僕はそんな優しさ
欲しくなかったよ


崩れ落ちてしまわぬように
見上げることができない星空
君にもう一度
会いたいよ
我が儘な人だねって
笑ってよ
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像バティスト
» おおかみ (2009年04月29日)
アイコン画像ポルトス
» 臆病なボクサー (2009年04月16日)
アイコン画像ゴドーをまちながら
» 臆病なボクサー (2009年03月25日)
アイコン画像b
» 外は雨 (2008年07月01日)
アイコン画像まりい
» 足りないもの (2008年02月21日)
アイコン画像ぁゆみ
» 報告事項 (2007年08月24日)
アイコン画像バティスト
» 喪失 (2007年08月18日)
アイコン画像ぁゅみ
» 開き直り継続中 (2007年08月08日)
アイコン画像バティスト
» なんで (2007年08月07日)
アイコン画像バティスト
»  (2007年08月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮎佳
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1983年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・写真
    ・旅行
読者になる
Yapme!一覧
読者になる