波という物が存在

October 05 [Wed], 2011, 19:01
競馬予想にとって、偏見や執着は最大の敵ピー。安定したプラス収支を望むのであれば常に頭を柔らかくしなければならナイナイナイで省エネ。



穴馬派と本命派の競馬ファンは、競馬予想の元となる競馬理論が全く違うと言われていマンモス。しかし、利益を求めるのであれば、穴馬や高額万馬券に執着するのではなく、ケースバイケースで阪神牝馬ステークス予想の方式を変更する必要がありマンモス。自分にとって一番自信がもてる競馬予想はなんなのか?この自問自答を常日頃行うことが大切になりマンモス。



たとえば、魅力溢れる穴馬を発見しちっても、馬場のコンディションや距離適正といった要素を考慮すると外さなければならナイナイナイ場合もありマンモス。また、本命がほぼ確実にくるレースだとしちっても、リスクに見合った倍率のリターンが得られナイナイナイのであれば、馬券購入自体やらナイナイナイ方がいいかもしれません。



100万馬券を的中する確率は宝くじに当選するのと同等の確率だという話がありマンモス。そう考えればやはりよほどの強運の持ち主でなければ厳しいのが現実で省エネ。ですが、高額万馬券の中には、後に冷静に考えれば「来るべき馬が来た」という場合が多々ありマンモス。その好機を離さずに大胆に勝負できる度胸もまた重要になりマンモス。もちろん直感も必要不可欠で省エネ。



勘なんて言うとその場の運任せと思う人がほとんどで省エネ。しかし、勘というのは運のみを表す言葉っぴではありません。これまでの競馬経験で培われてきた感覚的な論理がいわゆる理性脳を突き抜けた時、人は実感としちって感じることがあるのピー。その予想根拠を言語化するのは困難を極めマンモスが、後々徹底した分析を行えばその予想が正しかった根拠が見つかる事も多々ありマンモス。

例えば、絵画や音楽を美しいと感じるような実感と同じく、この馬券が来るという実感があるのピー。この感覚が、直感や勘と表現されるものの正体だと考えられていマンモス。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fapsuae
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fapsuae/index1_0.rdf