湊としゅがぁ

May 29 [Sun], 2016, 19:43
ここ数年はより一層、介護士の数が足りなくなってきていると言えます。



かつて介護士資格を取得したけれど、介護士として働いていない人も多くいます。

介護士不足が起こる原因は介護士という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。
それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。

女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。


介護士という仕事に就いていると、異業種に比べると高給です。それと関係があるのか、着飾った人が多く見受けられます。

そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」といったケースもよくあるみたいです。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのがベストな形だと思います。要資格の専門職である介護士ですが、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。結婚や引っ越しといったような個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。もっと多くの経験を積むために総合介護施設を希望したい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。


働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係のストレスや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。



介護士の中には女性が多く、複雑な人間関係がつくられているところもよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。
一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの介護士は意外と多いです。

ただ、それ程スムーズに、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。



よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。
家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻り就職をする人も少なくありません。どこの業界にもこういったものはあるようですが、介護士の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。
食事のために休憩するということを勤務している他の人に知ってもらうために日常的に使用されています。


このエッセンという言葉自体には、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。
この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな習慣が業界用語として残っているのです。


ともあれよく使われ、親しまれている用語です。

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、介護従事者として手助けしたいと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英語が必要不可欠なのです。
介護士として海外で働きたい場合、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような生やさしいものではありません。
ですから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。ところで、更なるスキル向上を狙って働く場所を変えようとするケースもあるようです。


救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などでさらに能力をアップさせたいと願う、ポジティブな考え方の転職ですね。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど人気が高いと思われる介護士ですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えますね。結婚が遅い人に共通していることは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、出世を第一にすることで結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。
介護従事者という意味では、介護士には喫煙者があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、平均的な禁煙率よりも、介護士の喫煙率は少ないそうです。
介護施設で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している介護士が多い職業であるということが想像できますね。一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。
せっかくのお休みにも友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。または、昨今の介護士不足の影響から忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。

どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、元気になって退院していった患者さんが、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。

そしてまた、患者さんのご家族に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、大変に感動したりします。
よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、仕事からやりがいを得られない場合は、介護士を辞めることを考えるだろうと思います。子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、色々と事情があって就職し、会社員として働くことになりました。



ですが、OLをしている間も介護士になりたいという思いが消える事がありませんでした。
無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら介護士資格を取る方法があることを知りました。



この方法で介護士の夢を叶えたいです。


卒業を控えているのに、介護士の就職先が見つからずに失敗が続くという場合、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。

実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、介護施設が裏で採用に関する制限を設定していることもあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しいケースが多いです。

看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。


でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。介護士になるための手段として、一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。



授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。他方、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習をすることに重きを置いているのでそういった経験を生かして即戦力になれるというところです。一般的に、介護士として勤務する人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。

それから、勤務時間が一定でないこと、労働環境の大変さによって離婚してしまう人も多いと言われています。

収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点ももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。
どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児と仕事の両立を図りつつ、それ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。

子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。

一昔も二昔も前の話になりますが、介護士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。



何しろ介護士の給料といえば、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。

要するに介護士は確実に高給を得られる専門職なのです。介護士と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という一点では介護士の方が上なのだそうです。

介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く需要が途切れることなくあります。


そのため、景気に関係なく、収入が安定しているといった大きなメリットがあるといえます。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。



一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。

それぞれの会社で給料が変わるものですが、同じことが介護士にも言えます。町医者と総合介護施設とでは、どうしても収入に差が出てしまいます。

こういった事を考えても、一般的な介護士の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。

まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、多くの場合は面接という形になるでしょう。

面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。


しかし、そういった話の内容のほかに、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も注視されていることを、知っておきましょう。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。

介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。
よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。ですが、近頃では介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは残念だと思いますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。介護士になろうと思ったきっかけは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに心を動かされたのが契機となりました。将来は、こういった職業で働いていきたいというように思い続けて看護学校へ進み、晴れて介護士になりました。楽しいことばかりではありませんが、おおむね満足した日々を過ごしています。
勤務や休みをある程度自由にすることができ、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを割と選べる、といったあたりが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。

その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。

ですから、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。夜勤シフトもあって、介護士の勤務時間は一定しません。当然、休みはきちんともらえますけれど、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が引きも切らず、働き盛りの介護士が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。
特に子供ができると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。


しかし最近になって、子育てが済んだということでまた介護士となって復職を果たすという、そういった人が少しずつ増え始めています。

もし転職される場合には、介護士の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。



注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をどのように記入するかです。

志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。


女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、まじめに勉強していた学生にしてみると、たやすい部類に入るのではないでしょうか。
介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は複数あります。

看護学校、短大、大学や学部などですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。



正社員として働く介護士もいれば、パート勤務を選ぶ介護士もいます。正社員の場合は月給制で、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。どのくらいの額かといいますと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート介護士の時給としての相場です。

パートとしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、人の命に関わる責任の重さや休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。
ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。普通に課長職といっても、その年収が企業によって違うように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。
そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。

稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは約750万円と想定されます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春斗
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/faosmetlhritsi/index1_0.rdf