トカちゃんだけど杉野

December 21 [Wed], 2016, 22:26
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:哲平
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる