お誕生日、ありがとう

August 14 [Thu], 2014, 7:07
朝から旦那さんとパン食べ放題?!!


昨日検診が終わり、相変わらず子宮口2cmのままだと聞いて、体重管理もそこそこにと言われいきなり調子に乗ってしまう(-ω-)


これからまた検診間近に体重気にすれば…なんて甘い事考えながら朝食開始\(^^)/



食べ過ぎて苦しい…



でもおかげでお通じも良くなって
旦那さんお昼から仕事のため帰宅(???)



少し仮眠とる(・_・)




起きたらPM2:00



旦那さんはもう居ない



トイレに行き、いつも通りの膀胱の圧迫感…



10分後にまたトイレ




何か違和感




ショーツに当てていたものがピンク色




もしかして…



いや、慌てるのは早い!


もう少し様子を見る…



でも念のため近くに住む義理妹に連絡



義理妹は先輩ママ\(^^)/



すぐに姪っ子と共に来てくれた?



一応病院に連絡した方が良いですよ!と
的確なアドバイスを受けたものの
まだ早いのでは?とか余裕なフリをする



旦那さんに連絡(´?ω?`)



破水しましたと伝えると、旦那さんが
え?どうしよ、俺帰った方が良い?!
って(-ω-)


いや、まだまだ産まれませんから(笑)

きっと(-ω-)



一旦電話を切り、病院に連絡



旦那さんと電話している間に
さっきよりも多く破水したから
病院の人に説明しやすいなーなんて
呑気な事を考えていた




でも病院は今日からお盆休み(´?ω?`)



初産でまだ痛みも強く感じていないし
間隔もバラバラなためまだ余裕だと伝える



病院に1人で居るよりギリギリまで
お家に居たいなんてまた呑気な事を考える



また連絡すると言われ、一旦両親に連絡



20分で戻る!ってさすが(^^)


のんびり姪っ子と遊んでたら激痛が…


義理妹はせっせと入院準備をしてくれている


痛みを紛らわせるため
結婚式の時のDVDを見る



義理妹、結婚式当日思い出し涙目
私、襲ってくる激痛に涙目



両親帰宅(・_・)



4時30分に病院に来てくださいと言われ
時間を見るとあと30分ほどあるので
痛いけれどギリギリまで家に居る(-_-)



初産で分からない事ばかりだけれど
イメージトレーニングだけはしてきた!


病院で痛いー痛いーって苦しむより
お家でのんびりしたいけれど
痛みを逃すために家中を歩き回る



家族に心配されてもひたすら歩き回る



どうしようもないのに、痛くなったら
とりあえずトイレに引きこもる



誰も居ない空間に行きたくなる



でもまだなんとか大丈夫なため
痛みがひいているうちに病院へ行く



痛みの間隔は測ってないけれど
10分以内くらいでバラバラな気がした



精神的に強く居たくて気を張った



病院についたのは4時30分過ぎ



すぐ分娩台にて診察



NSTしながら内診



子宮口は2cmだけれど開けば4cm
くらいにはなるかな



え?どういう事ですか?



と思いながらとりあえず赤ちゃんが
産道を降りてきやすいようにと
イメージしながら痛みがきたら
息をしっかりはいてーはいてーを繰り返す



息をしっかりはいていれば、自然と空気を欲して息を吸いたくなると旦那さんに言われていた


私は絶対スピード安産だ!と自分に言い聞かせ、赤ちゃんに頑張って!サポートします!と心の中で約束した\(^^)/



助産師さんに1時間から2時間で
産まれるよ〜って言われて
またまた〜って軽く流す(笑)


あーこの激痛とあと1時間一緒か…


でもまだ自分は早い方なのでは?
と頭の中で色々考えていた


間に合えば立会い出産希望だったので
旦那さんはこっちに向かってるとの事



何度か助産師さんが様子を見てくれる



痛くて自分で腰をさする


分娩室に母が来て腰をさすってくれる


腰をさすってくれている間は
痛みをうまく紛らわせれていた



姉が交代で腰をさすってくれる



一旦みんな分娩室から居なくなる



助産師さんが来て
そろそろお産はじまるよーって。



え?はじまる?!


まだまだな感覚だったのに。


確かに痛い事は痛いけどまだ耐えられる(-_-)



先生が来た


いよいよか…


いきみたい感じない?!
って聞かれても、全く分かりません


とりあえず腰が痛いです



なんやねん、こいつ…と思われる様な
返事しかできない(笑)



いや、本間に腰痛いんです(笑)



今まで分娩台に横になって痛みを
我慢していたのに仰向けにさせられて
いきなりお産始まると言われても
腰の痛みをごまかせません!




しかも考えたら旦那さん居ません(笑)



まあいっか、赤ちゃんのタイミングに
任せるよ。でもパパに間に合せて
あげたいねって頭の中で赤ちゃんに会話



助産師さんの誘導でお産がはじまる



産まれる時は赤ちゃんの方が辛いと
聞いたことがある。
早く産んで赤ちゃんをラクにさせてあげることが、私が母親としてこの子のためにできることなんだと意気込む!


赤ちゃん、ママに任せて!
って思っていたら旦那さん到着!



あー!旦那さーん!
ってなるかと思いきや、もう戦闘モードな私



よし、これで戦える



思いっきり旦那さんの手を握り締め
助産師さんの誘導に合わせて
力を入れるものの、どこにどういう力を
入れればいいのか分からなく
一旦いきむことをやめてしまいそうになる


助産師さんは褒めてくれているけど
本当にこれで良いのかな?と
いきみながら頭の中で考えていた



だんだん下の方がずっしりしてきた


でもこのままだといきみきれないと
思っていたらプツンって音が聞こえた



その瞬間、痛い!って初めて分娩台
の上で飛び跳ねた



切られへんといけると思ってたのにー!
って呑気に考えながら
いや、でも切ってくれたから
やっと産める!って同時に感謝もした(笑)




なんとも言えない下の方の圧迫感



羊水のにおい



負けたくない、頑張る!



旦那さんと腕相撲をして最後まで
諦めずに奮闘する事をイメージして
一気に長ーくいきんでみた



ほら!もう頭見えたよ!
ほら!



もっと腕相撲で奮闘するイメージで
最後の力を振り絞っていきむ!



おぎゃー!


産声聞こえたと同時に旦那さんの顔を見る



感動とかじゃない。



旦那さん、血が苦手なんです。



でも照れ笑いしてる感じに見えたから
安心していたら、お腹にあったかい
我が子がのせられた。



良く頑張ってくれたね。ありがとう。



命の重みとこの子からの生命力が伝わってきた



ずっとお腹の中に居てたのはこの子だったと
実感し、改めてこの子がお腹の中に居てくれていた奇跡、こうして産めた奇跡に感謝して
凄く体中が熱くなった


体重は2735g


本当にちょうど良い大きさで感謝(^^)



旦那さんがへその緒を切る




その瞬間、へその緒から血が…


思わず大丈夫?!って聞いてしまう(笑)


分娩室が一気になごやかに(笑)



旦那さんが退室して後処置が始まる



胎盤が出てきた時はとてつもなく
するっとした感じで気持ち良かった(笑)



縫うのが痛むだろうな…って思ってたら
本間に痛くて笑えた



赤ちゃんが外で待つ家族のところへ


皆から
うわーちっちゃいなー!って聞こえて
本間に誕生したんだと改めて実感


しかし痛いな



縫ってからすぐ元気になったのと
早く皆のところに行きたくて
分娩台から降りようとすると
止められる



皆、そんな早くに病室に戻らないとのこと。



出血があったし、しばらく様子見てね
と言われて20分くらい
興奮さめやらぬ状態であちこち見渡す


分娩時に
助産師さんに凄く褒めてもらって
とても嬉しかった\(^^)/


なんてペラペラ話してたら
そろそろ病室に戻って良いと言われ
自分で点滴持ってスイスイ動いたら
ビックリされた(笑)



あー、みんなーありがとー
終わったよー\(^^)/




妊婦生活、大変だったけれど幸せでした


これからもっと大変だけれど
この子のためならと思える大きな存在が
私をこれからも強くしてくれます。



たくさんの希望と可能性がある
小さな我が子を一生懸命
守っていこうと決心しました。



お誕生日、ありがとう

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちゃそ
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fantyfam/index1_0.rdf