パパの笑顔 

2007年02月17日(土) 8時42分
夜ママ方のじいさん家に行った。


じいさんはママの弟ん家に来週引っ越す

引っ越してからこれまで5年間は年金で一人暮らし
ジム通って好きなことしての毎日



ママ達が幼い頃、じいさんはママを愛さずにママの弟ばかり愛してたらしぃ
実際写真見ても判る

ママはピアノを辞めさせられて…でも弟には家庭教師つけて習い事

お年玉もママのが少なかったって。不平等な時点でおかしいけど、ママは姉なのに

じいさんは会社を継いで社長になって
ママがパパと結婚して

その頃じいさんの妻
つまり私のおばあちゃんが癌になった

私はまだお腹の中だけど、ママは必ず毎日お弁当持ってばあちゃんの看病に秋葉原の病院まで行った

じいさんは来なかった。ゴルフに夢中で来なかった

じいさんの兄弟は多い。女7人の姉に、男のじいさん

じいさんの兄弟は私のおばあちゃんを散々苛めてた。そしてママは1人で泣いているおばあちゃんを何度も見てたって

自分の兄弟に苛められている自分の妻を助けずに見ていたじいさんも、何度も見たらしい

結局ばあちゃんは私が生まれる前に天国死んじゃった。54才。



私のパパは会社でうまくやっていた。私が6才くらいの時、大チャンスが舞い込んできた。そのために家族で名古屋に転勤することにした。


じいさんは会社の経営に苦しんでいた。
じいさんは従業員達に会社へ来てくれる様パパに頼んだ

パパとママは既に名古屋行きを決めていたけど…断念した。



パパは会社を辞め、ゴルフしか頭にないじいさんが頭の会社を立て直すために努力した。

家に取引相手が来て、知らないおじさんとパパの怒鳴り声が私の部屋まで届いたこと、今でも覚えてる。それまでパパには怒鳴られたことなんて無かったから、本当に怖かった。刺されてるんじゃないかと思った。

だけど



パパが建て直そうと頑張っていたじいさんの会社

結局じいさんが壊した

何故か


私のママの弟、じいさんが可愛がってた息子とその家族に家をあげるため。


そしてじいさんは
自分の家までも売った

私達に知らせずに


勝手に

じいさんの売った家
それは私達も住んでいる家

ママにとっては
死んだお母さんの思い出が詰まった家



じいさんは人間関係までも粉々にした



それまで耐えてきた私のパパ
辛くても同じ車に乗って
辛くても笑顔作って


壊れるのが当然だ
散々振り回して、裏切って、それでもじいさんは1度も謝らないで知らない顔してるんだから


朝起きると
いつの間にかパパは血圧を測るようになっていた

1人で2階に籠って

ご飯時になっても居間に来なくなって

笑わなくなって

冗談も言わなくなって

みるみる痩せて行った


まだ何も知らなかった私には、パパが自己中に見えた


だけど
何年も経った後に気付いた。



パパはあの時崖っぷちだったんだと言うことに




あの時、パパは焦りと不安で押し潰されそうだったと思う。

無職になった自分と

いきなり住む家がなくなるという現実




じいさんが会社を潰してから
パパは土日もスーツで家を出ていた


私は何も疑ってなかった
普通に会社へ行ってるのだと思っていた


だけど
あれは仕事に行っていたのではなくて

毎日、職を求めてたくさんの会社を転々としていたのだ


そんなこと知らなかった


じいさんはと言うともう次の住居を決めて着々と引っ越しの準備を進めていた。あれがどれだけパパの焦りを加速させていたんだろう





結局じいさんはそそくさと新しい住居へ出てき

私達家族だけがもうすぐ取り壊される家に残ってしまった



辛くてどうしようもなかった筈なのに



パパもママも優しかった
私にも妹にも当たることなく
全てを隠してくれていた



そしてそのあと


家を追い出される1ヶ月前にようやく2LDKの小さな団地が見つかり、パパは以前働いていた会社にまた入れてもらえることになった。

普通あの業界ではあり得ない話だけど、働いていたころの業績が認められたんだって



そして私達家族は無事引っ越しを終え、


パパは…孤立してでも会わないようにしていた私のじいさんの家を訪ねた。

文句でも言いに言ったのかと思ったけど、実際には…私達の家で同居する意思が無いかを聞きに行ったのだった。

あそこまで苦しめられて来て 私には信じられない。



じいさんは寂しいと言っていたらしい。
じいさんが私達の2LDKの家に来る約束をして、パパは帰ってきた。
パパは笑顔だった。嬉しそうだった。


その数日後、パパはまたじいさんの家にその事についての話をするべくやって来た


だけどその日はインターホン越しに大激怒

もちろんじいさんが

じいさんはこないだとは打ってかわって大反対し始めた。





結局そこでおしまい。


それから今まで
じいさんは悠々と1人暮らしを楽しんできた。






パパは
どんな気持ちだったんだろう

私にはわからない










パパ




いつも私の味方って言ってくれるパパ


私達を守り続けて来てくれたパパ



今だっておじいちゃんのこと良く思ってないはずなのに
おじいちゃんの家に行くとき、お土産持たせてくれて


パパ、意見の食い違いはしょっちゅう起きるけれど


本当にパパがわたしのパパで良かったって思ってる。



今はしょっちゅう取引相手の人と飲みに行ってばっかりで
仕事もガンガン進んでるみたいで
良かった。幸せそうだよ。。冗談も言うようになったし!寒いけどw



私もパパ目指して
なりたいと思う大人になれるように
頑張るね。

私のしたいこと、パパはしてるから

難民援助とか…


そのためには何をするべきか?

過去より未来!


私は負けない。
パパだけに背負わされてきた不幸を
それ以上の幸せで描いていくから


どうか、待っててね。

女のシアワセ 

2007年02月12日(月) 10時51分
あーほんと久しぶりに買った(人´∀`)ひょー



こんなバカ買いしたのひさしぶりすぎ(う∀´。)下着だけでも万越え…




ずうっと欲しかったサスペンダーのショーパン!
かわぃーっ(o≧v≦)oこれゎ前から絶対買おうと思ってたんだょね!

OPとかSKとか他にも色々。。エミキュに慣れると金銭感覚バグる…

ぁとは豚脱出するだけだね^^

39まで落ちてよくここまで増えたもんだょ…

マジどこから見ても豚。背あるからほんとでかい豚が闊歩してる感じwwwww


でも豚なままだと
あたしは素以上に根暗になっちゃぅから痩せなきゃなんだor2

とりぁえず
月曜から日曜まで
頑張るょっ(・ω・´)-5めざす★


何とか別れた直後に戻すんだ!!












…こうゆうことも今だから言えるんだよね。
日本人だから言えるんだよね。

お風呂に入って考えること 

2007年02月06日(火) 1時33分
すごい場所だよお風呂はw

入るまではめちゃめちゃめんどくさいのに

入ると絶対後悔させないんだもん。

頭も心も、荷が降りたカンジがする



まぁそんなこと言えるほどの苦労はしてないけどね!!(´∀`;)))ほんと堕落した
高校生だから・・


みんなは勉強頑張ってる。




同窓会のとき、同級生達が私には読み方も分かんないような記号だらけの参考
書見て盛り上がっていた

受験生のブログ見てると、平日でも家庭学習4時間はまんざらじゃないってカンジで
書いてあったし

学校でも、ちょうどプレゼンの準備で居残った時、気づいたら1年生は何人も自習していた。
私より遅くまで自主的に…






みんな勉強してんだなぁ…


あの先生でさえ、毎日勉強してる。

7時に学校へ来て、BBCのニュース見てるって…


パパだってそうだ

私の周りの人
みんながしていること




それに比べて私は…?



やりたいこと好き放題やって

自分の思うままに動いて

自分を見ようとしないで

周りにもお構い無し





『あの人変だな』
他人のことそんな風に思う権利、はなっからあたしにはなかったんだょ。



それに気付いたのは先週の火曜日

プレゼンの前日になってやっっっっと。






考えてた原稿はあった。自分の考えも。


だけどあんなこと偉そうに人前で話すのに相応するような力
今の私が持ち合わせてるの…?って思った。

んなわけないもん
フツー自分が一番わかってんだろ^^って話だよねw

結局私は中途半端なつまんない感想文書いて、中途半端なプレゼンして、終わっ
た。



悔いが残った。

先生また呆れてんだろうなぁ…って






先生はたくさんのこと教えてくれる。

1年の時からあたしは先生の話にたくさんのショックを受けてきた。


あたしと一緒にされたくないだろぅけど、あたしみたいな位置の子はあたしのク
ラスに沢山いる。


そんな無知で気楽な私達に先生は世界のニュース、出来事、知っていなければ恥
をかく様な常識を教えてくれる

私達のためには時間も惜しまずに勉強を見てくれる







口ではブーブー言ってても
結局こんなにも私達を助けようとしてくれてる。







今変わらないんだったら
いつ変わるんだ





今までだって何度も私は先生裏切ってきたことになる

ママやパパや
自分なんか


もっともっと裏切ってきた





それでもみんなは優しくしてくれるんだ

こんなちゃちな私に



私もなりたい

先生みたいに

先生の目で世の中が見てみたい!!!




でもそれには、勉強しなきゃいけない




これから始めるんだ。


知りたいことをいっぱい知って、

知るべきこともいっぱい知って、

自分の思う本当のあるべき自分になってく。



そのとき初めて
言いたいことをきっぱり言える

自分を知ることのできる自分になれるんじゃないかなって思う
きっとそう



そのとき初めて
実現できるんじゃないかなって思う




頑張る!
口だけにならないように!!

揺らぐ気持ちなんかは誰だって持ち合わせてるんだから
それに勝つかのこのこ負けちゃうのかは自分次第なんだから。



アンテナ張り巡らせて生きて生きたいな。







今日の放課後、廊下で会ったとき先生が笑顔で声かけてくれたーっ(う∀´
)




うはwwwwwwwwwwwwww

でも今日いちばん嬉しかったことwwwwwww


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fantillusions
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる