健康茶はブレンド時代に 

2007年04月18日(水) 18時45分
健康茶はブレンド時代に

 緑茶ウーロン茶、紅茶以外に「お茶でないお茶」も「健康茶」として次々に登場している。杜仲(とちゅう)茶は、樹皮が漢方薬になる杜仲の木の葉を日本でお茶にした。ピノレジノール・ジグルコサイドという成分に血圧降下作用があるほか、利尿作用や鎮痛、鎮静効果もあるとされる。同じく中国原産の羅布麻(らふま)の葉のお茶も、高血圧に効果があると注目されている。ハーブ茶もいろいろな種類があるが、気分をリラックスする効果で人気が高い。
 国内でも古くから各種の和漢薬と植物がお茶として愛飲されてきた。ビタミンCが豊富で二日酔いに効果がある柿の葉茶や、胃もたれに効くハトムギ茶が代表的だ。
 最近の流行は、緑茶やウーロン茶を基本に、各種健康茶や植物成分を混ぜた缶入りブレンド茶だ。「野草茶」「十六茶」「爽健美茶」「減肥茶」など、変わったネーミングの製品は、全部ブレンドタイプ。霊芝やアロエからモロヘイヤまで、ブームになった健康食なら何でもミックスしてしまえ、という勢いだ。
 ブレンド茶のメリットは味の好みによって選べること。種類も多く、単独では苦みやにおいのある成分も気にならなくなり、普通のお茶と同じ感覚で飲めるところがいい。

アルコールと健康についての知識 

2007年04月18日(水) 18時34分
アルコールと健康についての知識

 アルコール摂取量と死亡率の関係を調べた研究によると、男性では1日あたり純アルコール10〜19グラム、女性では9グラムまでの者が最も死亡率が低く、アルコール量が増加するにつれて死亡率は高くなることが明らかになっている。
 そこで、「健康日本21」では1日あたり約20グラム、すなわちビール500ミリリットル、日本酒1合、ワイン1〜2杯程度が節度ある適度な飲酒であるという立場をとっている。もっとも女性、高齢者、アルコール代謝能力の低い者はより少量が適量ということになるし、飲酒習慣を有さない者にこの量の飲酒を推奨するものではない。今後、こうした知識を普及啓発していくこととしている。

未成年の飲酒

 未成年の飲酒状況を調べた最近の調査によると、中学3年生の男子で25%、女子で17%、高校3年生の男子で52%、女子で36.7%が月1回以上の頻度で飲酒をしていることが明らかになった。そこで、西暦2010年までに、この値を0%にしようという目標を立てている。未成年の飲酒問題にはアルコールの販売方法の問題などが関連するため、未成年が飲酒しないような環境整備も重要である。

多量飲酒

 平均1日あたり、日本酒で3合(純アルコール換算で約60グラム)以上飲む人が成人男性で4.1%、成人女性で0.3%であると、健康・体力づくり事業財団が平成8年度に実施した「健康づくりに関する意識調査」において報告されている。別の調査によると、咽頭がん、食道がんのリスクは3合以上の飲酒者になると増大し、喉頭がん、肝臓がん、肝硬変についてみると2合で線を引くことができる。そこで、西暦2010年までに、1日平均3合以上の飲酒者を現在よりも2割減らす目標を立てたところである。

最後に日常的に役立つ知識を紹介したい。体重60キログラムの人が1時間で分解できるアルコールの量は6.6グラムであるとされている。ビールで180ミリリットル、日本酒で50ミリリットル、ウィスキーで20ミリリットルである。ということは、2合お酒を飲めば完全に体内から消失するまで7時間以上かかることになる。大量に飲んだり、夜12時以降の飲酒が翌日残りやすくなることもこれで理解できる。
 日常のお酒は愉快に楽しく健康的に飲みたいものである。そうあってこそ、人生が豊かになるというものであろう。



酒は百害の源 

2007年04月18日(水) 18時18分
酒は百害の源

酒は百害の源

酒癖の悪い人はいる。笑い上戸(じょうご)ならまだしも、泣き上戸とかからみ上戸などはいただけない。彼らは酒の上のこととして大目に見てもらえると思っているらしいが、周囲の人たちは度重なると許してはくれない。結局は人間関係が悪くなり、孤立してしまう。

「酒は百薬の長」という諺がある。確かに、適量を飲めば、栄養源にはなるし、気分も爽快になり、精神安定剤的な働きもする。しかし、長年精神科医をやっていると、酒のために身体をこわしたり、早死にをしたり、自殺をしたり、身を持ち崩したり、一家離散をしたり……する人がいかに多いかをいやというほど経験させられる。
 
2,000円の小遣いを持って酒を飲みに行くとする。良い酒を少量飲めば良いのに、この種の人は粗悪な安い酒を大量に飲む。そして得をしたと思っているが、そうではない。粗悪な酒を大量に飲み続けると、身体の弱い所からやられてくる。心臓が弱ければ心臓がやられるし、肝臓が弱ければ肝臓がやられる。脳が弱ければ脳がやられる。「酒は心のうさを晴らすもの」という歌の文句があるが、アルコールは昔、麻酔薬として使用されたこともあるくらいだから、多くの場合、精神安定剤や睡眠薬代わりになり、酔いがさめた時には気分が晴れやかになっていることが多い。しかし、時には気分が晴れるどころか、自殺に走ってしまうこともある。アルコールは脳の中枢を麻痺させる。そうなると自分をコントロールできなくなる。もしも潜在的な自殺願望があったとすれば、素面(しらふ)の時はその願望を抑圧していたものが、飲酒することによって歯止めがきかなくなり、自殺願望が表面に噴出して自殺に走ることもあるのである。
 
 アルコール依存者には離婚している人が多い。配偶者に逃げられているケースが多いのである。アルコールにまつわる諸問題は結局、自分の意志で解決しなければならない。病気といっても、他の病気とは違う。治すのは自分である。そういうこともあって離婚率は高い。彼らは「意志が弱い」と嘆くが、どんな状態に追いつめられられても酒を飲み続けるとすれば、事そのことに関しては非常に意志が強いと反論する人もでてくる。自分の力でどうしても治せなければ、医師、家族、断酒会の人たちの協力をえて、まず断酒に踏み切ることである。節酒はあまり成功しない。少量の酒でも身体にはいると、人間がガラリと変わるからである。

睡眠障害とは 

2007年04月18日(水) 18時12分
睡眠障害とは

睡眠障害とは
現代社会のもう一つの大問題は高齢化社会です。高齢者に不眠が多いことは周知のとおりで、高齢者の不眠が家族や介護の人達の不眠にもつながるものです。

睡眠は毎日の健康な生活に欠くことができない重要な働きをしています。しかし、最近いくら努力しても「眠れない」人、すなわち不眠症の人達が増えています。これは現代社会ではストレスの増加によるようです。また一方で仕事や娯楽などのために夜になっても「眠らない」人たちも増えています。近代文明の発達と共に夜間に目覚めて作業を続けなければならない職業が増えてきました。電車や航空機などの交通機関、新聞やテレビなど報道機関、医師や看護婦などの医療機関、警察、消防その他保安機関などで働く人達は本来なら眠っているはずの時間帯に目覚めて活動しなければなりません。このような夜間勤務者の場合には昼間に睡眠をとろうとしても、生体リズムに逆らうことになり、また光や騒音など外部の環境に影響され、どうしても眠りが不十分になります。
  
 睡眠には眠らない、眠れないという不眠の問題と共に、一方でいくら眠っても眠り足りない、昼間にもウトウト眠っているというような睡眠の過剰、すなわち過眠とよばれる問題があります。これは前に述べた、夜に十分に眠れないために昼間に睡眠を持ち越すことが原因ですが、それ以外にも過眠症と呼ばれる病気があります。このような昼間の過眠の問題は頭がすっきりしない、疲労が蓄積して十分活動できないなど、本人の生活上の問題であるばかりでなく、居眠りや不注意による交通事故や作業ミスにつながり社会的問題にもつながるものです。 

 これらの他に、睡眠中に起こるねぼけ、心臓発作、突然死などの睡眠時随伴症の問題があります。お年寄りのねぼけは、転倒を招きやすく、骨折や頭部外傷による二次的な問題を多く引き起こしています。不整脈や心筋梗塞などが睡眠中に起こりやすいことも知られており、睡眠中の異常現象を早期に見つければ重篤な障害を予防できる可能性が指摘されています。

 このような多種多様な睡眠に関連した病気を睡眠障害と呼びます。これらの睡眠障害を一つの科だけで扱うのは困難なため、精神科、神経内科、内科などの専門家が共同して睡眠障害や睡眠中に起こる身体症状などの臨床と研究を行い、診断や治療法開発を進めています。こうした医学分野を睡眠医学と呼びます。1990年につくられた国際診断分類睡眠障害の診断分類では77種もの病気があげられています。大きく分けて、睡眠障害は、不眠症を示す群、過眠症を示す群、生体リズムの異常による群、睡眠中におこる好ましくない症状(睡眠時随伴症)を示す群の4つに分けて考えられます。


睡眠時無呼吸症候群の原因 

2007年04月18日(水) 18時06分
睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の主な原因
SAS は、上気道(空気の通り道)が重度に狭窄、または閉塞することにより起こります。つまりいびきとほぼ同様の原因で起こりえます。通常仰向けで寝ていて上気道が狭くなっていても必要な換気量は確保されますが、何らかの原因で重度の狭窄、または閉塞することがあります。肥満や扁桃肥大、鼻疾患、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい(巨舌症)、鼻が曲がっているなどがその原因として考えられます。

日本人と睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群の患者は日本人の成人の約1〜2%に見られると報告されています。しかし、最近のデータでは15%程度に見られるとの報告もあり、かなりの数の人が症状を持っていると予想されます。日本人は肥満者が少ないので睡眠時無呼吸症候群も少ないと思われてきましたが、逆に顎が小さいために気道がふさがれやすく、 SASになりやすいという報告もあるようです。
相対的に症例は少ないらしいですが中枢神経(呼吸神経の中枢)に何らかの障害がある人は一時的な上気道狭窄による無呼吸が起こります。


理想的な睡眠時間とは? 

2007年04月18日(水) 18時02分
理想的な睡眠時間とは?

理想的な睡眠時間とは?
 一般に、長眠(6単位以上)の場合は浅い眠りと中途覚醒の割合が高く、質の悪い眠りを継続させていることになります。その分だけ、昼間にも眠気が残ります。

私たちの睡眠は、本来多様性に富むものです。1日に8時間寝るのが基準とみなす傾向がありますが、これには特別な根拠はありません。このくらいの時間を寝床の中で過ごしている人が大半を占めるというだけなのです。
 睡眠をコントロールする脳は、睡眠不足量をもとに眠りの質を決定しています。連続して覚醒していた時間が長いほど、深い眠りが多量に出現するのです。これが睡眠不足の埋め合わせに大きな役割を果たします。睡眠不足があれば、それが当夜の眠りに反映されて深い眠りがいつもより多く出現し、不足分を質で補うのです。そのため、わざわざ意識的に長く寝なくても、うまく帳じり合わせができてしまいます。
 健康な成人では、2種類の眠り(ノンレム睡眠とレム睡眠)が約1時間半の単位をつくり、いくつかの単位がまとまって一夜の睡眠を構成しています。最初の2単位つまり寝入りばなの約3時間の間に、大変質のよい大切な眠り(深いノンレム睡眠)がまとめて出現します。以後は、いわばおまけの浅い眠りです。そして、各単位の終了時ごとに目覚めやすくなりますから、寝入った時刻からおよそ4.5時間、6時間、7.5時間後に起きるようにすれば、目覚めの気分もよいことでしょう。つまり、一夜に3〜5単位の睡眠をとればよいことになります。多くとるか少なくとるかは、あなた次第です。
  そのとき居眠りや昼寝をすると、その分だけ夜間には熟睡しにくくなります。これは一種の悪循環です。そんなわけで、メリハリのある生活と短眠(4単位未満)の組み合わせのほうが、かえってその質はよくなるのです。

薄毛の原因 

2007年04月18日(水) 17時38分
薄毛の原因


男性型脱毛症(AGA)
その答えはAGA――男性型脱毛症です。
薄毛に悩む人は全国1200万人とも言われますが、その原因の大半がこのAGAです。男性型の名の通り成人男性に多く見られる進行性の脱毛症で、額の生え際あるいは頭頂部から徐々に薄くなっていきますが、後頭部と側頭部にはさほど影響はありません。その形状はM、Oなどの隠語で形容されます。
AGAのメカニズムはこうです。睾丸および副腎から分泌される男性ホルモン――テストステロンが、毛乳頭や皮脂腺に存在する5α-リダクターゼという酵素と結びつくことで強力な男性ホルモン5α-ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。このDHTが毛母細胞の細胞分裂を阻害することで毛髪の成長期は短縮され、薄毛が進行するのです。

アサイクル
髪の毛の1本1本には周期があり、成長期・退行期・休止期を繰り返しています。

3つのサイクルのうち成長期がもっとも長く、この間に髪の毛は太く濃く、軟毛から硬毛へと成長を遂げます。やがて退行期には成長も止まり、休止期に入ると髪の毛は自然に抜け落ちますが、十分大きくなった毛髪が抜ける分には問題ありません。問題となるのは成長しきれないまま抜け落ちてしまう髪の毛です。
DHTに成長を阻害された毛髪は成長期を全うすることなく抜け落ちます。成長期が短縮されても次の毛の登場が前倒しされるわけではないので、空白期間が生じ毛髪の量は減少します。また生えている毛髪も産毛や軟毛ばかりではボリュームが出せず、頭皮が露出することになります。


睡眠と健康 

2007年04月18日(水) 15時06分
睡眠と健康

睡眠と健康
Q: 不眠症を訴える人が多いですね
A: 不眠の原因は非常に多様で、疼痛性の疾患や頻尿、心疾患などの身体的原因、時差ボケや深夜勤務などの生理学的原因、不安感やうつ状態などの精神医学的原因、アルコールやカフェインなどの薬学的原因などさまざまです。通勤通学で十分睡眠がとれないという人、介護、育児などで夜中に起こされてしまう人がいます。また、精神的ストレスで眠れない人は5人に一人います。ストレスがあると睡眠障害が1.5倍から3倍多くなります。

いずれにせよ、治療のためには、まず不眠の原因を明らかにすることが大切です。

厚生省委託の研究班が1995年に全国の11の総合病院の外来患者6,466人を対象に調べた結果、5人のうち一人に睡眠障害があり、10人に一人が長期の不眠に悩んでいます。長期の不眠に悩んでいる人が高齢者ほど増えています。また、睡眠薬を服用している人が12、13人に一人いました。

睡眠の機能の1つに免疫機能の増大があります。風邪をひいた時にやたら眠たくなることがありますが、感染症にかかると脳に睡眠をもたらすものが生じて免疫を高めるようになっている。だから、患者さんが長期に睡眠不足なのは問題なのです。

Q: 日本の睡眠障害の実態は
A: 1997年に発表された、全国の20歳以上の3,030人を対象にした、健康・体力づくり事業財団の調査結果によると、睡眠で休養が十分に取れていないという人が23%もいて、20代から40代の働き盛りに多い。

だいたい4、5人に一人が朝になっても「寝足りない」という人です。

障害の内容は、「なかなか眠れない」という入眠障害が8%、夜中に目が覚めて熟睡できないという中途覚醒が15%、朝早く目が覚めて再度眠ることができないという早朝覚醒も8%います。

入眠障害は若年者と老齢者とであまり差はありませんが、中途覚醒と早朝覚醒は高齢者が多いです。また、日中の耐え難い眠気を感じている、という人は15%で、特に20代から30代の若い人に多くみられます。     

Q: 睡眠時無呼吸症候群も大きな問題になっていますね
A: 睡眠時呼吸障害は、眠ると呼吸が止まる病気ですが、これは患者には分からない。「『強いイビキがある』と言われたことがある」ということは、睡眠時呼吸障害の指標になります。この病気は中高年の男性に多く、高齢化が進むにしたがって、日本でもさらに増えていくと思われます。

呼吸が止まるのは気管の閉塞が起きるためで、そうなると呼吸ができなくなり生命が危険な状態となり、自然に目が覚める。そして患者さんは眠れないというわけです。アメリカの調査研究から、この睡眠時無呼吸症候群は、夜間の不眠や昼間の過眠をもたらすだけでなく、高血圧や肺動脈圧の上昇による心肥大をもたらし、冠動脈疾患や心臓発作を引き起こすことが明らかにされています。


Q: 不眠の人がどんどん増えていますね
A: 睡眠不足はなにも大人だけではありません。埼玉県で行われた9,000人の乳幼児の調査では、1980年では2歳児が夜10時以降に起きているケースが30%だったのが、90年には45%になっている。乳幼児が家族と一緒に起きているのでしょう。保育園の先生たちも「最近の子供達は元気がなく、午前中はぐったりしている」といいます。

NHKの国民生活時間調査によれば、20年前には深夜の12時以降まで起きている人が国民全体の8%だったのが、1995年には15%。一日の睡眠時間も、かつては7時間以下が25%だったのが、95年になると、3分の1が6時間以下の短時間睡眠になっています。やがて日本人の半数が短時間睡眠という時代になってしまう。ほんとうにこんなことでいいのでしょうか。



増毛とは 

2007年04月18日(水) 15時01分
増毛とは

増毛とは
増毛とは薄くなった部分の自毛の根元に人工毛を結びつけ、部分的な薄毛を解消する方法です。一本の自毛に複数本の人工毛を結びつけることが可能。短時間で気になる部分のボリュームを気軽に増やせ、かつらに比べてより自然な仕上がりが期待できます。

最近のものは洗髪や水泳、運動に対応しており、快適な装着感が得られるようです。自毛の成長に従って、増毛の調整が必要ですが、その間は着脱などの手間がかからず非常に手軽です。

増毛法
増毛法には大きく分けて二通りの方法があります。

自毛の根元に人工毛を結びつける方法(結着増毛)
1本の自毛に数本から十数本の人工毛を結びつけ、気になる部分のボリュームを増やします。自毛が生えていない部分には増毛することができません。自毛が伸びると結び目の位置も上がるので2ヶ月に1度くらいの割合で付け替え(あるいは調整)が必要となります。
マープ増毛法(アートネイチャー)、ピンポイントフィックス(アデランス)など

人工毛を頭皮にシールで貼り付ける方法
自毛が生えていない部分でも増毛が可能です。とはいえ接着剤などを使用するため頭皮への負担はその分大きく、汗や皮脂などの影響で剥離もすみやかです。使い捨てタイプの場合1〜2週間程度で貼り替えることになります。自毛の生えていない部位に適しています。



真性包茎とは 

2007年04月18日(水) 14時53分
真性包茎とは

真性包茎とは
包皮の口が極端に狭いために亀頭が完全に覆われた状態になっていて、自分では剥くことができない包茎のことをさします。包皮と亀頭が癒着しているケースもあります。勃起すると亀頭が締め付けられるために痛みを伴うことが多いといわれます。
真性包茎の最大の問題は、 垢が貯まり不潔になる事です。そこから亀頭包皮炎や尿路感染症、カントン包茎等を起こす場合には手術が必要となることもあります。性生活に不満がでることもあり、子宮癌との関連も指摘されていますので何かしらの対策が必要となるでしょう。
真性包茎は遺伝的な素因が強く関係していると思われますが、幼児期の勃起経験の多さなどにより包皮が伸びてしまい、亀頭が露出する必要がなくなるなどの要因もあるようです。それも含めて遺伝と言えばそれまでかもしれません。通常、真性包茎でなければ3歳位から包皮を剥くことが可能となると言われますので、早ければその時期に治療を行いますが(海外では多いようです)、日本では通常成人して包茎を自覚した上で対策を施すことが通常です。

真性包茎の対策
真性包茎の場合、自力で行なうものとしては、包皮の口を広げるように毎日努力することで解決する事もあるようですが、あまり無理なことをやるとカントン包茎の状態になることもあるので注意が必要です。
自力での解決では難しいケースもありますので、根本的な解決策としては手術を行なうことになります。手術は泌尿器科や形成外科、美容外科で行なわれています。いくつかの術式があるようですが、それは後程説明する事にしましょう。真性包茎の場合には保険による手術も可能です。