“本当に大切なものは目に見えない、生きることも音楽も、すべてのもとはひとつ” ...そんな「音楽浴」精神を推進、 実践するべく音楽活動をしている親子4人のリレー・コラムです。( 音楽浴は、ファミローザ・ハーモニーの登録商標です)

Profile
Famirosa harmony
■母と三姉妹で結成された音楽ファミリー。1994年の国際家族年より活動開始。「音楽浴〜魂を育む」をモットーに、クラシックをベースにジャンルを超越し、国内外で演奏活動。また音楽を通して、環境のバロメーターである“鳴き砂”の保護を訴えるなど、精力的に活動しています。
4shot
■恵美子(長女)三姉妹の中で唯一☆三児の母。なんでもできるスーパーウーマン!音楽以外に執筆活動もしており、“Sony Music Shop”のホームページ内で「いつも音楽といっしょ!」というコラムを連載中。編み物、ビーズアクセサリー制作など、趣味の域を超えてます!!
■優美子(次女)甘く澄んだ歌声に魅了され癒された人は数知れず…「音楽浴」の精神をもとに、『Rose Spirit』にてヴォイスヒーリング・セラピーを行っています。
■富美子(三女)スーパー天然妖女?! 2003年6月ユニバーサル・ミュージックよりヴァイオリニスト“fumiko”としてCDデビュー。
■由紀子(母)一番エネルギッシュな三姉妹の母!一体感の発想から「音楽浴」を創案し、その精神を伝えるため商標登録を取得。音楽を通して魂を育む指導に力を注いでいます。2000年には大空に夢を託して飛んで行った夫“風船おじさん”への想いをつづった「風船おじさんの調律」(未來社)を出版。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:famirosa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ブログ引越しのお知らせ / 2005年09月15日(木)
 この度、ブログをリニューアル・オープンすることになり、引っ越しました。
新しいブログのURL: http://blog.goo.ne.jp/emi1010t/ です。ぜひ、そちらをご覧下さいね!
 
   
Posted at 17:12 / メッセージ / この記事のURL
コメント(0)
初!一人旅 in ポルトガル / 2005年08月18日(木)
残暑お見舞い申し上げます☆
ブログを読んでくださっている皆さんには、ご報告が遅くなってしまいましたが、6月末から約3週間ほどポルトガルへ初の一人旅をしてきました!昨年2月、ファミローザのメンバーで初めてポルトガルを訪れて、色々な人達との出逢いが生まれ、そのお陰で今回は精神修行&音創り♪の旅を実行することができたのです。
自分で言うのもなんですが、三姉妹の末っ子のせいか、単に甘ちゃんなのか?自分でも認めるくらい甘えん坊の私でして。異国の地だからなのか、よけいにファミリーや親しい人達の
温もりを恋しくなる日々が続き……そのうちに、「この想いを音に託すために、今があるんだ」と思えるようになっていきました。その時々で自分に与えられる課題は、次へつながるためのチャンスなんですよね。
 プロデューサーでありポルトガルギター奏者でもある陽気なおじさまとその方の音楽仲間と、恋しさ、切なさ、愛しさ……を想いながら毎日のように音の会話をしてきました。今回の旅の必需品には、ヴァイオリンの他にファミリーそれぞれが書いてくれたメッセージと、姪っ子&甥っ子が私に書いてくれたステキな絵と生まれて間もない甥っ子の写真。滞在した部屋の窓やら鏡やらに貼って穴のあくほど見つめて、見守られておりました!
ポルトガル一人旅行記は、fumikoのOfficial HPでも書いていますので、ぜひ見てくださいね。

「ファミローザにピッタリのジュースを発見!」
















「天使たちからの贈り物!」


 
   
Posted at 17:02 / 富美子 / この記事のURL
コメント(1)
毎年恒例の… / 2005年08月08日(月)
去る7月30日にスタインウェイ・サロン東京〈松尾ホール〉で毎年恒例、ファミローザ・ハーモニーが指導しているローザ芸術学院の発表会を行いました
 4才から小・中学生の出演者たち…男女の比率はちょうど半々で、知的障害のあるお子さんも交え、皆とっても輝いていました。さらに学生、音楽大学の卒業生、突然動かなくなった手を音楽でリハビリとして努力している人、本質を大切にしたいとひたむきに取り組み続けている医師。まさに音楽を通して魂を育むことをモットーにしてきたことが、皆の努力により、今年も心豊かな雰囲気で各人が表現でき、感謝しています
 人は自然の一部として生かされているのに、その人しか持っていない宝物を十分に生かし切れないのは本当にもったいないと、ずっと思い続けて生きてきました。人が魂に聴くことが出来たら、心、そして自然の環境保護も出来るはずだと思えます。
長年その様に思い続けていたので、今年の始め“もったいない”を音楽にしたらいいと思い、今年の発表会にと思ったのです。出来たら、これからの未来を担う子供に詞を書いてもらい、親子の作品にして“愛”を伝えられたらと思いました。8才の孫、彩音にその思いを話した所、すらすらと詞を生み出しました。母親の恵美子に曲を付けてもらい7月30日の発表会には振りも付けて歌いました。その後、シンプルで歌いやすい歌なので、会場の皆さんも一緒に気持ちよく歌って下さいました。
 皆の愛の心が良き波動になって伝わっていくことを祈り、子供達の未来の幸せに向けて皆でもっと力を合わせていきたいと更に強く思えた会でした
 
   
Posted at 18:38 / 由紀子 / この記事のURL
コメント(0)
お久しぶりです! / 2005年07月23日(土)
読んでくださっている皆さ〜ん! ごめんなさい
一ヶ月近くもご無沙汰してしまいました
なにしてたんだろう〜って思うくらい、目まぐるしい日々を過ごしておりました。
皆さんはいかがですか?

7日の七夕コンサートにいらしてくださった方には、この場をかりてありがとうございました!当日は、富美子以外(富美子はポルトガルへ仕事で行っていて不在でしたが、無事帰って参りました。)の3人で、私のヴォイスヒーリングを中心にやらせて頂きました。今までのファミローザのコンサートにいらしてくださってる方は、ちょっとびっくりされた感じもありましたが、喜んでいただけたようで嬉しかったです
場所もホールと違って、気軽で身近な感じもまたよかったようです。

私のヴォイスヒーリングと言っても、聴いてらっしゃらない方にはよくわかりませんよね〜。
7日のコンサートでは、いらっしゃる皆さんの気(エネルギー)を感じて、歌いました。
それは、とても美しい精妙なヴァイブレーション(振動)を持った音です。
人間から発せられている波動と私からでる声(波動)が共鳴して、響きになります。その響きが、本来の心身共に健康な状態に調律してくれます。
「音のシャワーを浴びているようでした」とか、「肩の凝りがスッと楽になった」とか、嬉しい反応を頂きました。
歌うたびに思います、“人間は生きた楽器”だと・・・。

この数週間、いろいろな場所で歌える機会に恵まれました。
朝霧高原の自然の中で、いろいろな音を絵で表現していらっしゃる画家の方とその作品の前で、ギャラリーで絵に囲まれて…。
人間はもちろん、物、自然、すべてと共鳴していることを、歌を通して教えてもらって、
皆さんにもお伝えすることができて、なにものにも代えられないパワーを頂いてます
これからも、歩く歌い人としていろいろな所で歌わせていただきま〜す
 
   
Posted at 18:06 / 優美子 / この記事のURL
コメント(0)
祝!1ヶ月健診 / 2005年06月26日(日)
無事、1ヶ月健診に行って子供の成長にも私の回復にもお墨付きを頂き、ひとまずひと安心。出産して初めてのブログです。音楽出産の模様については妹が書いてくれましたが、当の私はというと…。手術での出産は3回目で、産後の行程は頭に入ってはいるけれど、やっぱり痛みに慣れるということは無い訳で、痛い事態に遭う度に“あ〜そういえば、前回も辛かった”なんて思い出して後悔したりして(笑)。つまりは、そんなに痛いのにそれを忘れて又、子供が欲しいと思ってしまうという、本当に“母は強し”に尽きます!毎回、音楽出産の前に妹たちにリクエストを聞かれて、今までの2回は「眠くならない程度にリラックスできる曲」とか言って、クラシックの軽めの曲を演奏してもらう事が多かったのだけど、今回は初めて、入院数日前に大好きなスクープオンサンバディの中でも大好きなバラードを2曲(しかも、その内の1曲はライブでその曲を聴いている最中に第3子の名前がふっと浮かんだっていう歌だし!)ヴァイオリンで弾いて!と妹に頼みました。妹は徹夜で譜面にして
当日、弾いてくれました。やはり3度目とはいえども手術は緊張!でも好きな旋律を聴きながら頭の中で一緒に歌っていたお陰で、前回辛かった麻酔酔いもせず、嫌な手術中の金属音も心なしかやわらぎ、毎度の事ながら本当に助けられました。さて!名前は私が発表しようと楽しみにしてたのに、母が「今日の一句」で書いてしまってでも、フリガナが振ってなかったので、何と読むのか?と度々、聞かれました。漢字を見て頂ければ分かるかと思いますが、音楽に感動している時に降ってきた名前…この子にも私のように感動する音楽に恵まれて欲しい、また恵むことのできる人にもなって欲しいという思いで「恵音(けいと)」と付けました!同時に、戦地で生まれ爆音にビクビクしながらも頑張って生きている母親や赤ちゃんもいるのかと思うと、無防備に安心していられる環境に生まれてこれた、そういう環境で育てられるだけでも恵まれていると感謝しつつ…でも不安の多い世の中で、このままいくと未来が危ないという心配材料はとっても多く…愛くるしい顔に癒されながら幸せと不安を行ったり来たり…の今日この頃です。
              「恵音でちゅ。よろしく〜!」
 
   
Posted at 16:24 / 恵美子 / この記事のURL
コメント(0)
イベントのお知らせ / 2005年06月24日(金)
一年に一度の七夕・・・もうすぐですね
今年の七夕は、一緒にお願いごとしませんか?
素敵なお店でコンサート(音楽とお話)させていただきます。

東京・国立にあります「HOLY SHOP月船」(ヒーリンググッズのお店)というお店で、
前は原宿のコスモスペース(石やさん)の2階にあったので、 ご存知の方も多いのでは?

七夕☆コンサート
2005年7月7日(木) start 19:00
月船:TEL042-574-4787 予約制になってます。

詳細は⇒http://www.remus.dti.ne.jp/~famirosa/index1.html

ささのは さ〜らさら〜
ぜひ、七夕にお会いしましょう〜
 
   
Posted at 11:44 / メッセージ / この記事のURL
コメント(0)
琴引浜 Part 2 / 2005年06月15日(水)
「はだしのコンサート」の翌日は、ヴォイスヒーリングの会を開かせていただきました。
ひとりずつ順番に歌わせて頂いて、ホントにひとりひとり声質、響きの違いがハッキリと
現れたので、皆さんビックリと同時に「不思議〜!!」を連発なさってました!
“人間はひとりひとり、ちゃんと自分の音を持っている生きた楽器なんですよ”ということを証明してくれて、皆さんの心にしっかりと響いてくれたようでした。
この会も予想以上に盛り上がって、嬉しい楽しい時間をいただきました

九州で鳴き砂を守っていらっしゃる方のお話で、「鳴き砂はこどもの面倒をみるようなものです。気候や状況によって機嫌よく鳴いたり、すねて鳴かなくなったり・・・。」
なんか、手がかかるんだけど愛おしい〜っていう気持ちがすごく伝わってきませんか?
私の心にはとても強く響いています。鳴き砂も人も同じだよなあ〜って思います。
外側しか見てないとわからないのだけれど、中には美しい光り(音)がちゃんとあるんですよね。その光り(音)をちゃんと周りの人が見てくれたり、自分で感じられると、とっても嬉しくなって、また頑張ろうとか、これでいいんだとか、肯定的に思えたりするのではないかな。
それが活力となるんですよね。
飛んでいった父は、そのことをとてもよくわかっていたのだと思います。

活力を与え受け取れた、“活力循環の旅”に合掌
 
   
Posted at 11:32 / 優美子 / この記事のURL
コメント(0)
琴引浜と再会 Part 1 / 2005年06月13日(月)
先週の週末、一年ぶりに琴引浜へ「はだしのコンサート」出演のため、行ってまいりました
あいにく曇り空でしたが、鳴き砂はよ〜く鳴いてくれました

美味しいごはん(食い地が先でスイマセン)、美味しい空気、鳴き砂、海、温泉、再会、出会い…楽しみにして行きましたが、予想を超えてたくさ〜んの美味しいパワーをいただいて帰ってまいりました!感謝
そして、改めて風船で飛んで行った父の存在が、多くの人の心の中にあるのだということを思い知らされました。
今回初めて出会ったミュージシャンの方たちからは、びっくりされたのと同時に暖かい言葉をいただいたり、再会した方から思いがけないプレゼント(父に関するものでした)をいただきました。ますます鳴き砂が縁結びをしてくれていることに、そして鳴き砂の大切さを、命をかけて教えてくれた父に感服させられました

このコンサートは今年で12回目ですが、実行委員会の方たちやスタッフの方たちも、いろいろなご苦労があるにもかかわらず、毎年情熱を持って準備をなさってこの日を迎えていっらしゃることに頭が下がります。本当にご苦労さまでした
コンサートが終わってからの打ち上げでは、身内のように皆で美味しい地酒を飲みながら、盛り上がりました
都会でしか生活したことがないので、もし地方に田舎があったら、田舎に帰るってこんな感じだろうかと、ふと思いました。
帰る場所ができたっていう感じで、うれしいです!・・・続く

fumiko&Yumiko すぐ後ろは海です!最後はall出演者&お客さま、皆で「涙そうそう」を大合唱!
 
   
Posted at 15:08 / 優美子 / この記事のURL
コメント(1)
今日の一句 / 2005年06月03日(金)
音楽と 生きていること みなひとつ

音楽出産で “恵音”誕生
 
   
Posted at 23:00 / 由紀子 / この記事のURL
コメント(0)
いざ、面会へ! / 2005年05月24日(火)
 昨日、恵美ちゃんとベイビーに逢うため病院へ行ってきまし
た。病院へ着く前に「何か欲しい物はある?」と連絡をしたら
、想像どうり!……スターバックスが大好きな恵美ちゃんなの
で、カフェインレスのカプチーノ&ちょこっとした甘い物とい
うご希望。
 今はもう母子ともに同じ病室だよ。と聞きワクワク!言うま
でもなく小さくて可愛い〜☆ベイビー!恵美ちゃんは、後陣痛
や笑うとまだお腹の切ったところが痛むなどあるようですが、
ひとまずは元気そうな顔で安心(^_^)
 新たな生命の誕生とともに「私も、こうだったんだから!」
と初心とともに神聖な気持ちになれたことを、心から感謝した
いです。
 6月5日は、鳴き砂で有名な京都:琴引浜での「はだしのコン
サート」にfumikoとして、出演いたします。昨年、初めての参
加をさせて頂きましたが、海をバックにしての演奏は「気持ち
いい〜!」の一言。
 みんなに鳴き砂のキュッキュッという響きを体感してほしい
です。


「小さいながらも長い指!どんな音に恵まれるかな?!」
 
   
Posted at 22:38 / 富美子 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.