息子と私の意地の張り合い(><)

2009年03月03日(火) 20時45分
今、『「育てにくい子」と感じたときに読む本』 児童精神科医佐々木正美氏著 2008年7月主婦の友社発行の本を読んでいます。

この本は、32の悩み相談に対して答える形で書かれています。

その中に、「母親に対してわがまま大爆発の三男」というのがあります。

「年少の三男は、何でも‘お母さん、お母さん’で困っています。例えばビデオをつけるときも、自分でできるにもかかわらず‘お母さん、つけてー!’と言うのです。たいていの場合は言うことを聞いてあげますが、用事で手が離せないときなどは近くにいる夫や上の子に頼むことがあります。そうすると火がついたように泣き叫び、1~2時間泣き続けます。そんなことでどうして泣くの?と思うのですが、わたしがつけ直してもまた自分で消して、‘お母さんつけてー!’と泣いて暴れる。手がつけられず、家族で‘また始まった’という感じです。いつもこんな感じで、‘お母さん’と呼んだあとすぐに行かないと、とにかく腹が立つようです。すぐに行っても、自分が思ったとおりにわたしがやらないと同じ状態。1日に何回もこういうことがあるので困ってしまいます。」

これに対して、佐々木正美先生は、「やってほしい相手はお母さんだけ。ほかの人じゃダメなのです」とアドバイスされています。

「このご相談の方は、お子さんが要求するたびに‘できるだけやってあげている’と書いていらっしゃいますね。でも、この子にとってはまだ足りていないのでしょう。

この子は、スイッチを入れるのがめんどうで‘やって’と言っているのではありませんよ。お母さんが自分のために動いてくれる、ということにこだわっているのです。自分のお願いを、お母さんに‘喜んで’やってほしいと願っているのです。

‘たかがスイッチのことじゃない?’と思うかもしれません。でも、この子にとっては1時間も2時間も泣き続けるほど傷つくできごとなのです。だからお母さんが再度スイッチを入れてくれたとしても納得できない。‘元本だけじゃダメだ。ちゃんと利子つけて返せ!’と(笑い)、そういう気持ちになっているのだと思います。

おそらく、上のお子さんはこんなことをお母さんに要求しなかったでしょうね。よその家の子だってこんな要求はしないでしょう。・・・

お母さんにしてみれば、もう十分すぎるほどやってあげていると感じるかもしれません。でも、この子にとってはそれでも足りないんです。」

「子どもには、欲求の強い子と弱い子がいます。手のかかる子もいれば、かからない子もいます。そんな子どものタイプを見きわめて、その子に合うような育児をするのが良い育児なのです。

欲求の強い手のかかる子なら、‘この子に十分手をかけてあげるのがわたしの仕事だ’と覚悟を決めて、その子に合わせてあげるのがいいのです。‘そんなことをしたらますますわがままになるのではないか’と心配なさる必要はありませんよ。満足できれば言わなくなります。

それどころか、小さいころに親に手をかけさせた子、そして親の手のかけ具合に十分満足できた子は、成長してからの自立は驚くほど早いのです。

逆に‘調子に乗るから’と厳しく接してしまうと、いつまでたっても自立できません。

つまり手をかければかけるほど、それだけの成果を見せてくれる子だと思ってください。・・・

子どもの言うことは、何でも聞いてあげていいんですよ。テレビのスイッチを入れてほしいと言うなら、‘そんなのお安いご用よ’と、笑顔でやってあげればいい。数秒でできることです。

それを‘今回だけよ’と言い含めたり、最初は笑顔でやってあげていてもしまいには‘もういいかげんにしなさい’と怒ったり、そんなやり方では意味がありません。何度繰り返されても、子どもの願いをたやすく聞いてあげることが大事なのです。

お母さんは、お願いをちゃんと聞いてくれるのだ’と理解できれば、スイッチくらい自分で入れたほうが早いのですから言わなくなります。そして今度は、お母さんの願いを聞いてあげようと思うのです。

それに、親にわがままを言える子というのは‘安心な子’です。それだけ親に気を許し、信頼しているのですから。心配なのは、親の前ではわがままを言わないのに、幼稚園や保育園や学校で先生や友だちにわがままを言う子です。成長したときに反社会的な行動に出やすいのはこういう子たちです。

この子は、わたしにだからわがままを言えるのだ’と思って、十分甘えさせてください。将来が楽しみな子です。きっといつか、見事な花を咲かせますよ。」

上記を読んで、以下の当時の私の行動を少々反省しました。息子は私にやって欲しかったんですね。『もう自分でできるでしょう』と思わずに、やって欲しいと言われたら「はい、はい」とやっていれば、こんな時期はもっと早くに通り過ぎて、意地の張り合いなんてする必要もなかった訳ですね・・・。『なんてこった』です・・。

今は、子どものわがままな時期は無事通りすぎて子どもとの関係は問題なく順調に行っているとは思っていますが、この本を読んでからは、子どもが「やって欲しい」と言ったことは、子どもが自分でできる事でも「ハイ」とやってあげることを心がけるようにしています。


2006年5月記載    息子と私の意地の張り合い 

 息子は寝る直前にいつも「お茶!牛乳!」と、言います。それも布団に入って私が寝そうになった時に言うので、腹が立つのです。布団に行く前に言ってと毎回言うのですが、寝てからの事も多いのです。 
 多くの場合は、「頼む時は何ていうの?」「お母様お願いします。お茶をついで下さい。」で済みます。
 
 でもある時、私がどうしても眠くて動きたくない日がありました。拒否すると、かんしゃくを起こして、足で私をけとばしました。そのかかとが私の顔にガーンとあたったのです。私は痛くて、息子のほっぺをバシーンとたたきました。息子は大泣き・・。 

 その頃、息子のほっぺには、お友達とのトラブルでつくったひっかき傷がありました。
 
 次の日、「お母さん、ほっぺの傷、お母さんがやった事になってますけど、どうしたんですか?」と、保育園の先生に言われました。 『はあ』と思いましたが、たしかにたたいたのと同じ所にその傷があったのです。
 
 それ以来、その傷が消えるまで、保育園の先生や学童の先生、祖母などに「その傷どうしたの?」と聞かれる度に、息子は「ママがやった」と答えたのでした・・・。
   (><)・・。


2009年3月3日追記

私の保育園にお世話になる生活も残り1ヶ月弱となりました。
保育園生活で大変だったことは、月曜日にお布団にカバーをかけることでしたね。
土曜日の午後にかけに行っている方もいらっしゃいますが、月曜日から土曜日までの日中に働いている時は、そのような事もできず、月曜日の朝は忙しくてゆうつでした。しかも3人をお願いしていた時は本当に戦争のような朝でした。だから、朝が時間がなくて忙しいということはわかるんです・・。

先日、カバーをかけていたら、年少の子どもがシーツをかけにいらしたお母さんを泣きながら追って来たのです。お母さんに甘え足りなかったのでしょうね。泣きながらわざと鼻水をフンと流したのです。でも、お母さんは「向こうに行って拭いてきなさい」と言いながらシーツをかける手をやめません。近くにいた他の子のおばあさんが「皆が待ってるよ。お部屋に行ったら」と言います。

『ちょっと手を止めて先に拭いてあげれば子どもは納得してお部屋に行くと思うのにな。待たされた後ではどうなんだろう・・』と思いながら私の方が先にその場を去ったので、その後のことはわかりません。

「ママにやって欲しいんだよね。子どもはママとの関係がうまくいかないと他には行けないんですよね」と言いましたが、きっと精神的にも時間的にも余裕のない方には通じないんだろうなとも思います。

職場でも産後の経産婦さんのお話をうかがうことがあり、「お子さんが言う事を聞かない」「おとなしくできない。さわがしい」とおっしゃる方は、「ご自分がイライラしやすいので、お子さんの言う事を聞いてあげていない。やってあげていない」「普段怒ってばかり」と皆さんおっしゃっていました。

結局、子どもが親の言う事を聞かない原因は親にあるのですね。
親が変わらなければ子どもは変われないんですね。


先日、息子の初の習い事(ついに1月から始めさせました)のスイミングの姿を見ていたら、次女の同級生のお母さんにお会いしまして、『もう5年生なのに終わるの待ってるの?』と不思議に思ったのです。彼女は「息子が見てて欲しいと言うので、見てるんです。男の子はもうすぐ母親から親離れしてしまうから、今のうちかなと思って・・。」とおっしゃっていました。彼女はお子さんが保育園の頃は仕事が忙しそうでしたが、『その時できなかった事を今やっているのかな・・・』と、ちょっと思いました。

長女が中学2年生になった時、同級生のお母さんに道端でお会いしたのです。塾のお迎えに行くとのこと。『えっ?お迎え?だって保育園の年長の頃、お子さんは一人で自転車びゅんびゅん乗り回していたけど、全然心配していなかったじゃない?周りの方が「大丈夫なの?」と心配して電話かけていたくらいだったじゃない』と思いましたが、小さい頃に手をかけてあげなかった分は、こうして大きくなってからでもかけてあげる必要があるのでしょうね・・。

私もそうだけど、子どもが大きくなって余裕ができてからわかる事ってあるのかもしれません。

ニュース『ほめられる子思いやり育つ、赤ちゃん調査で実証』

2009年03月02日(月) 15時44分
ほめられる子思いやり育つ、赤ちゃん調査で実証 (2009年2月28日 読売新聞)より 

乳幼児期に親からよくほめられる子どもは、他人を思いやる気持ちなどの社会適応力が高くなることが、科学技術振興機構の長期追跡調査で明らかになった。

 育児で「ほめる」ことの重要性が、科学的に証明されたのは初めて。3月7日に東京都内で開かれるシンポジウムで発表する。

 筑波大の安梅勅江教授(発達保健学)らの研究チームは、2005〜08年、大阪府と三重県の計約400人の赤ちゃんに対し、生後4か月、9か月、1歳半、2歳半の時点で成長の度合いを調査した。調査は親へのアンケートや親子の行動観察などを通して実施。・・・

 その結果、生後4〜9か月時点で父母が「育児でほめることは大切」と考えている場合、その子どもの社会適応力は1歳半時点で明らかに高くなった。また、1歳半〜2歳半の子どもに積み木遊びを5分間させたとき、うまく出来た子どもをほめる行動をとった親は半数程度いたが、その子どもの適応力も高いことも分かった。

 調査では、〈1〉規則的な睡眠習慣が取れている〈2〉母親の育児ストレスが少ない〈3〉親子で一緒に本を読んだり買い物をしたりする――ことも、子どもの適応力の発達に結びつくことが示された。

(2009年2月28日 読売新聞)

今、『「育てにくい子」と感じたときに読む本』 児童精神科医 佐々木正美氏2008年7月主婦の友社発行の本を読んでいます。

この本は、32の悩みの相談に答える形で書いてあります。

例えば、
「ささいなことで泣きわめき続けます」
「乱暴、すぐどなる、友だちに怖がられる息子」
「消極的なのは親の育て方が悪かったせい?」
「幼稚園で話せなくなってしまう娘」
「学童クラブに行きたくないと言うのはなぜ?」
「落ち着きがなく忘れ物も多いのですが・・」
「怒りだすと歯止めがきかなくなる自分がイヤ」
「次女に対して大人げなく怒る夫を変えたいが・・」
「うちの子は、指しゃぶりがひどいのです。やめさせるのはどうすればいい?」
「うちの子はとても偏食です。どうすれば食べるようになるのでしょうか?」
その他

などです。

その中に、「4歳の息子は、ほかの子のことが気になってしかたがない」という相談があります。

「・・・服装や持ち物にこだわりがあり、朝、なかなか保育園に行くことができません。・・・保育園のお友だちが、‘半そでかな’‘傘を持ってくるかな’‘長くつかな’・・などきりがありません。今、育休中で、保育園の先生には‘お母さんが家にいるのを知っているから、手をかけさせようとしているんですよ」と言われます。でも、基本的にはすべて上の子優先にしてきたし、息子も妹をとてもかわいがっていて、遊んでくれたり、絵本を読んでくれたりします。赤ちゃん返りもありません。息子の迷いに、いつまでつきあえばいいのでしょう。」

この相談に、佐々木正美先生は「この子はいい子になろうとがんばりすぎています。あまりほめないこと、しかりすぎないこと、評価しないことを心がけて」とアドバイスされています。

「この子は、‘いい子になろうとする気持ち’がとても強いお子さんなのでしょう。‘保育園でのお友だちの評価を気にする’とお母さんは書かれていますが、家にいる時からすでに、他者の目、つまりお母さんの目を気にしているのです。

お母さんの望む‘お兄ちゃん像’に気がついて、ほめられる行動をとっていますよ。この子はそういうことに敏感な子なのです。

こういう子なのですから、お母さんは多少はほうっておかなくちゃいけません。
具体的には、ほめたりしかったりしすぎないこと、子どもの行動をいちいち評価しないことです。

‘自分は自分’‘誰に何を言われても平気’という生き方ができる子っていうのは、親に口うるさいことを言われていないんです。

逆に、人の目を気にする子の多くは、親に‘ああしろ’‘こうしろ’と言われている子、親が常に‘これがいい’という指標を示している子に多いものです。ほめられすぎている子もそうです。‘ほめる’ということもまた、親の価値観を伝えるメッセージですから、子どもをコントロールしてしまいます。

親はつい、失敗するとしかる、うまくいくとほめる、ということをしてしまいますが、育児が賞罰に傾きすぎると、子どもは自分の判断で行動できにくくなります。親の顔色が気になってしまうんですね。


子どもに正しいことをたくさん言えば、正しいことができる子になるかというと、そんなことはありません。正しいことは、『適量』言うのがいいのです。‘こうするといいね’‘ああしちゃダメだ’‘これができてスゴイね’などと言いすぎると、薬と同じで、必ず副作用がでてしまいます。そういう評価に従ってしか動けなくなってしまいます。

でも、どのくらいが適量なのかが難しい。お母さんやお父さんがちゃんとわが子を見て決めるしかありません。言い足りなければ、まちがったことを平気でやってしまうでしょう。言いすぎてしまえば、自分で判断できず、人の顔色が気になります。・・・適量がわからなければ、減らすだけでもいいでしょう。多く言いすぎている人がほとんどですから。

そして、家庭で失敗をたくさんさせてあげるといいですね。家の中でのびのび失敗できるようにしてあげてください。失敗しても大丈夫だと思えたら、友だちの評価が気にならなくなるのです。

このお母さんは、とてもまじめな方なのだと感じます。子どものためにといろいろ考えず、子どもから‘○○して’と言われたときだけ、やってあげるといいのです。もちろん、喜んでやってあげるのです。

親に手をかけさせようとする子というのは、親にもっと甘えたい子なんですね。もっと手をかけてほしいんです。お母さんは‘手をかけている’と思うかもしれませんが、その子にとって必要な時に、必要な量だけ、手をかけていることが大事なんです。・・・

息子さんがしてほしいことは何なのでしょうか。してほしいことを、お母さんはどうぞ喜んでやってあげてください。満足するまでやってあげてください。そして、それ以外のことはほうっておくのです。

そうすれば、きっと‘心配する必要なんてなかったんだわ’と拍子抜けするほど早く、手をかけさせない子になってしまいますよ。」

けなされたり、怒られることが多いよりは、ほめられて育った方が前向きで精神状態も健全に育つと思います。けれども、ほめ過ぎには注意が必要のようですね。

「調査では、〈1〉規則的な睡眠習慣が取れている〈2〉母親の育児ストレスが少ない〈3〉親子で一緒に本を読んだり買い物をしたりする――ことも、子どもの適応力の発達に結びつくことが示された。」

ともあります。単純にほめるという行為だけでなく、その背景には親子関係における子どもの満足感が満たされた家族が多い上でのデータである可能性が高いのではないか・・・とも思いました。

それから、上記に「買い物」とありますが、食事などの生活必需品を、子どもの食べたい物の希望にそって一緒に買い物することは良いと思います。しかし、いくら子どものしてほしいことをしてあげるとは言っても、欲しい物をすべて買ってあげるのはちょっと違うと思います。買い物は、各家庭におけるルールに従って行った方が良いと思います。

この本にもありますが、幼児にとって必要なのは物ではなく、お母さんやお父さんの一緒にしてくれるという行為、例えば、遊ぶ・食べる・お風呂にはいる・寝るなどの行為のようです。
[お世話になった素材屋さん] アップルパイン様 素材のプチッチ様  にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
http://yaplog.jp/familys_dream/index1_0.rdf