「WEN-DO」「CAP」についての説明

2010年07月21日(水) 10時00分
2010年7月21日追記
女の子のための護身術『WEN-DO』というのがあるようです。
「習い事・塾の帰り道・部活が終わって帰るとき・・・不安に思った事はありませんか?
カナダ生まれの護身術‘WEN-DO’では、自分の力で自分を守る方法を学びます。」

中学校から配布されたチラシに載っていました。都合がついたら子どもをつれて行きたいと思います。


2006年07月17日(月) 04:50   
    CAPについての説明 

‘子どもを誘拐や性被害から守るために普段から心掛ける事は何か’、また、もし‘不幸にも性被害を受けてしまった時子どもとどう向き合うのか’、そういう事を教えてくれているのが、CAPの活動です。
 私がCAPのことについて知ったのは、長女が小学生の時に行われたPTA主催の勉強会においてでした。
 その中で印象に残っているのは・・、もし子どもが性被害にあった時は、「だからいつも言ってるじゃないの!」と、子どもを責めたり、怒ってはいけない・・という事です。悪いのは子どもではなく、加害者なのです。子どもには、「あなたはちっとも悪くなかった」「何も心配しなくてよい」という事を、態度と言葉で示し、子どもを安心させてあげる事が、親として大事なことなのだそうです。
 CAPの具体的な教育内容については、公表制限があるらしいので、詳しくはリンク#2を参考になさって下さいね。
 
 私がぜひやってほしいと思うのは、そこで紹介されている本のお子さんへの読み聞かせです。CAPの紹介本http://nobitama.hp.infoseek.co.jp/cap-book.htm
私が持っているのは、『とにかくさけんでにげるんだ・・・わるい人から身をまもる本』です。子どもにわかりやすいように、‘こうゆう事をされそうになったら逃げましょう’という事が書いてあります。また、親が知っておくべきポイントも載っています。
 そして次の文章も載っています。
「性被害は、古くて新しい問題です。誰もが知っているけれど、誰もがあえて語ろうとしなかったテーマです。・・略・・けれどそれは、単純に子どもへの暴力が急増した結果ではなく、いままで固くふたをされ、ふれてはいけないとされてきたものが、ここ数年の世界的な人権意識の高揚により、被害を受けた側からの発言の機会が増えて表面にでてきたからにすぎないと思います。」、と。

 いやなテーマだけれど、ちゃんと向き合っていきましょうね・・。
[お世話になった素材屋さん] アップルパイン様 素材のプチッチ様  にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
http://yaplog.jp/familys_dream/index1_0.rdf