ご主人と 笑顔で 毎日を過ごしましょう 

2006年05月02日(火) 5時47分
  睡眠不足以上に、健全な精神状態をたもてない一番の原因になるのは、ご主人への不満です。

 ご主人と良く話しをしましょう。つらい時はつらいと言い、協力してもらいましょう。  
‘ご主人に不満を感じない生活をする事が’赤ちゃん・子どもを愛情たっぷりに育てるためのひけつです。
 そういう生活をしていれば、子どもが大きくなった時にも、奥様が子どもの前でご主人の悪口を言う事はありません。ご主人を立ててあげられる奥様でいられるし、子どもも父親を尊敬して育ちます。ご主人も子どもも家庭を楽しい場所と感じるでしょう。

  このような家庭では、熟年離婚なんて事は、有り得ないのです。   
 ですから逆に言えば、‘奥様に不満を感じさせないように生活できるご主人が、円満な家庭が作れる’と言えるでしょう。そして、体も心も素直ですこやかな子どもを育てることができるでしょう。

 仕事で疲れているのに・・と思う日は、ご主人も奥様にそう言いましょう。お互いに思いやる事が必要です。家族の誰かが一方的に我慢するようなことがないように、ご主人の話も奥様の話も、そして子どもの話も、皆が聞いてあげられる家庭にしましょう。言いたい事が言える家庭にしましょう。  

PS.子どもが大きくなって来ると、母親はどうがんばっても、子どもになめられる部分が出てくるように思います。そういう時は、やはり父親の出番が必要です。ですから、育児が終了するまでは、母親は、父親の良いイメージをきちんと保つように心掛けましょう。でもこれは、威張っている父親ではなく、人間的にカッコイイ父親と言う意味です。子どもから見て、何か1つ尊敬できる所がある父親像という意味です。子どもにだってそれぞれ理想的な父親像というものがあります。いつまでも尊敬される父親であってほしいですね。

 私の話をすると、生理前になると、どうもイライラするらしいのです。ささいな事にもムカついて、子どもや主人に不機嫌な言葉を言ってしまいます。「なにそんなことでイラついてるの!」と言われ、『しまった』と思います。主人とけんかをするのは、振り返ればいつもこの時期なのです。 

 そんな時は「生理まえだからごめんね」と言います。時には、先に子どもに「今日は疲れてイライラするからうるさくしないでね」「・・手伝ってくれると助かる」や、主人に「悪いんだけど・・してほしいんだけど」とお願いしています。そして、手伝ってもらったら、「ありがとう」の感謝の言葉も言うようにしています。
  「主人も今日は仕事が忙しいから」や「寝不足だから」など言葉にするし、思春期の子どもも「イライラするからいちいち余計なこと言わないで」と言います。それから、時々感謝の言葉も返ってきます。

 家族といえども、言葉にしないと考えていることなんて理解できないし、その日の気分で子どもを怒っていたら、子どもも親に対して不信感を抱いてしまいます。体調を良く保つことが大切ですが、体調が悪い時はきちんと家族に説明し、協力を得る事も大切です。 
 そういう事を経験している子どもは、家族から思いやりの心を学びます。社会に出ても、他人を思いやる事ができると思います。  

 ただし、いくら疲れていても、子どもやご主人がその日のうちに話したい事もあるでしょうし、次の日までに学校に持って行く物などの急用がある時もあるので、その辺は親・妻としてきちんと対応する必要があります。    

 こども未来財団や厚生労働省の調査では、いずれも共働き家庭の母親より、専業主婦の母親の方が、育児に負担を感じているという結果がでています。また共働き家庭の夫の方が、育児家事の活躍度が大きい事も明らかなようです。

 子どもが幼稚園に入るまでは、子どもと母親だけで過ごすことになりがちで、しかも一日中子どもから目が離せないだけに、専業主婦の母親の疲労は大きいと私も思います。目が離せないけど、家事もやらなくてはいけない。もしも「専業主婦だからゆったりできる時間があって良いだろう」と考えているご主人がいらしたら、考えを改めてもらった方が良いですね。多分3日位子どもと一緒に過ごしたら理解できると思いますが、けっこう大変です。子どもの事だけならたいした負担ではないのですが、同時に家事もやらなければならないのが大変なのです。奥様が家事をしている間のお子さんの面倒を見るだけでも、奥様の心理的には助かると思います。

 ご主人が、お仕事で忙しい・疲れているという事は理解できます。でもちょっとした心遣いが、子育てのこの時期、今、必要なのです 日々の思いやりの言葉の積み重ねが大切なのです

2007年09月11日追記
 米倉けいこ氏(敬愛ビジネス学院・心理カウンセラー)コラム・子育てを楽にする方法より
 
「ある20代のお母さんが、ご主人と目が会っていないと気が付かれ、その日から目を見て‘♪いってらっしゃい’‘♪おかえりなさい’を言われました。ご主人は、驚いて三日目に‘おまえどうした?’と聞かれたそうです。奥さんが‘あなたの目を見てないことに気が付いて、もっと話がしたい’と答えると、その晩からご主人が話を聴いてくれる様になったそうです。
 ある40代のお母さんは、反抗期の話をしなくなった中学二年生の娘さんに目を見て‘♪いってらっしゃい’‘♪おかえりなさい’を言われました。学校から帰ってきた娘さんを‘♪おかえりなさい’と迎えると、娘さんは、‘ただいま。お母さん、今日ね’と学校であったことを話し始めたそうです。

人は、目を見て挨拶されると、自分の存在を認めてもらった感じがします。大切に扱ってもらった気がするのです。逆に、人は無視されるのが一番辛いのです。

子どもが大きくなって、子どもの存在を認める働きかけを忘れていませんか?そんなに難しいことではありません。目を見て挨拶すればいいのです。今日から、やってみませんか?目を見て‘♪いってらっしゃい’‘♪おかえりなさい’」


夫婦生活
[お世話になった素材屋さん] アップルパイン様 素材のプチッチ様  にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
最新コメント
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月21日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年06月13日)
アイコン画像佐々木
» ベビーローション (2018年06月11日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月27日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月27日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月13日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月13日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月11日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年04月04日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2018年02月20日)
http://yaplog.jp/familys_dream/index1_0.rdf